華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Expressway To Your Heart もしくはブルースブラザーズ特集#30 (1967. Soul Survivers)


  • ジェイクとエルウッド、ついにクック郡庁にたどりつく。あとは孤児院の税金を納めるだけ。その2人を何千人もの警察官が、州兵が、消防士が、追いかける。

SCENE 361
Location: INT. BLUESMOBILE - DAY

JAKE: (pointing) That's the place!
ジェイク:(指さして)あそこだ!

Camera: CUT TO
SCENE 362
Location: EXT. COOK COUNTY BUILDING
An imposing neo-classical structure with many stone steps leading up to the columned entrance. The Bluesmobile roars straight up the steps and stops. Jake and Elwood leap out of the car slamming its doors. The car shutters and collapses into many pieces Elwood takes off his hat and puts it over his heart. Jake grabs him by the arm.
クック郡庁。押し付けがましい感じがする、新古典派の建物。数階分上がったところにある入口に向けて、何段もの石段が築かれている。ブルースモービル、それを駆け上って停まる。ジェイクとエルウッド、飛び出してドアを閉める。と、その瞬間にブルースモービルはバラバラに砕け落ちる。エルウッド、思わず帽子を脱いで胸に当てる。ジェイク、その腕をつかむ。




JAKE: Come on!
ジェイク:行くぞ!

As the first of many police cars screech to a halt in front of a building....Camera: CUT TO
パトカーの最初の集団がビルの側に押し寄せて、そこで停まる…


SCENE 363
Location: INT. COOK COUNTY BUILDING - DAY
Jake and Elwood rush in and slam shut the big doors. They run over to the high back wooden benches in the center of the lobby and shove them against the doors. They move candy machines, anything they can, and pile it up against the door.Camera: CUT TO
ジェイクとエルウッド、庁舎の大きなドアを閉めると、ロビーの真ん中の木製のベンチを持ってきてドアをふさぐ。その上にキャンディの自動販売機やら何やら、そこらにあるものをみんな積み上げる。


SCENE 364
Location: EXT. COCK COUNTY BUILDING - DAY
More and more police vehicles pull up and cops begin storming up the front steps.Camera: CUT TO
さらにさらに多くのパトカーが庁舎に押し寄せ、無数の警官が石段を駆けのぼる。


SCENE 365
Location: INT. COOK COUNTY BUILDING LOBBY - DAY
Jake and Elwood run over to the building directory and peruse it slowly.
ジェイクとエルウッド、ビルの案内図の前に立ち、ゆっくりとそれを読む。


ELWOOD: Where's the Office of the Assessor of Sir Cook County?
エルウッド:クック郡の管財人事務所へは、どう行けばいいでしょうか?

OFFICER: Down the hall turn right take the elevator to 1202
係員:ホールの端を右に曲がって、エレベーターで1202号室に行ってください。

ELWOOD: Thank you sir.
エルウッド:ありがとうございます。

They rush to the sole elevator.Camera: CUT TO
2人は一台しかないエレベーターに飛び乗る。


SCENE 366
Location: EXT. COOK COUNTY BUILDING
The police try to push open the front doors as fire engines and ambulances join the many official vehicles parked in front. Crowds are beginning to form.Camera: CUT TO
警官たちは玄関の扉を押しまくっている。消防車と救急車もかけつけて、無数のパトカーの間に停まる。群衆が集まり始める。


SCENE 367
Location: INT. COOK COUNTY BUILDING LOBBY - DAY
The elevator doors open and they rush in and push 12.Camera: CUT TO
エレベーターのドアが開き、ジェイクとエルウッドは飛び乗って12階を押す。


SCENE 368
Location: EXT. COOK COUNTY BUILDING
Firemen have joined the police at the top of the stairs and begin to smash down the front doors with their axes.
階段の上では警官に消防士が加わり、玄関の扉を斧で破壊しはじめる。


SCENE 369
Location: INT. ELEVATORS
Jake and Elwood stand patiently as the muzak plays softly.Camera: CUT TO
ジェイクとエルウッド、単調なBGM( 使われていた曲は「イパネマの娘」) が響くエレベーターの中で辛抱強く待つ。


SCENE 370
Location: EXT. COOK COUNTY BUILDING
Troop trucks pull up and hundreds of heavily armed soldiers stream out the back, rush up the stairs, and join the men smashing down the front doors.Camera: CUT TO
軍用トラックが停まり、何百人もの重武装の兵士達が飛び出して階段を駆け上り、玄関の破壊に合流する。

SCENE 371
Location: INT. ELEVATOR
Jake and Elwood rock on their heels waiting patiently.Camera: CUT TO
ジェイクとエルウッド、カカトを揺らしながら、エレベーターが12階に着くのを辛抱強く待っている。


SCENE 372
Location: INT. LOBBY
The front doors smash oven and the soldier, police and firemen pour into the lobby.Camera: CUT TO
玄関の扉が破られ、警官と兵士と消防士が一斉にロビーになだれ込む。


SQUAD LEADER: Excuse me, did you see two guys cone in here, black suits black hats one carrying a briefcase?
跡部隊のリーダー:失礼します。黒いスーツに黒い帽子をかぶり、1人はブリーフケースを抱えた2人組を見ませんでしたか?

OFFICER: Yeah, I just sent them down there.
係員:ああ、さっきあっちに案内しました。

SQUAD LEADER: Thank you.
跡部隊のリーダー:ありがとう。

The squad races towards the elevator and then up the stairs.
跡部隊、怒涛のようにエレベーターに向かい、(ひとつしかないので) 階段を駆け上る。


SCENE 373
Location: INT. COOK COUNTY BUILDING - 12TH FLOOR
The elevator doors open. Elwood takes a key from his pocket and jams it into the elevator panel. Several sparks spurt as he sorts out the controls. Jake and Elwood then see a door clearly marked STAIRS, which they again start. piling furniture up against.Camera: CUT TO
エレベーターのドアが開く。エルウッド、ポケットから鍵を取り出して、エレベーターパネルの隙間に突っ込む。火花が散って、エレベーターのコントロールが切られる。ジェイクとエルウッド、ドアの向こうに階段があるのに気づき、そこにも応接セットなどを積み上げてバリケードを築く。


SCENE 374
Location: EXT. COOK COUNTY BUILDING
Tanks are now rumbling into position, their cannon turning toward the building. Helicopters hover overhead.Camera: CUT TO
今や、戦車までやって来ている。主砲は郡庁ビルを向いている。空にはヘリコプターがホバリングしている。


SCENE 375
Location: INT. COOK COUNTY BUILDING - 12TH FLOOR
Jake and Elwood run down the hallway to Room 1202. When they get there, there is a piece of paper scotch taped to the door. It reads: BACK IN FIVE MINUTES. Jake and Elwood look at their watches, look at each other, clasp their hands behind their backs, and-wait.Camera: CUT TO
ジェイクとエルウッド、廊下を1202号室に向かって走る。目的の部屋につくと「5分間休憩します」という貼り紙が貼られている。2人は時計を見て、顔を見合わせ、手を後ろに組んで待ち始める。


SCENE 376
Location: INT. STAIRWELL
The hundreds of armed soldiers are pouring up the stairs, followed closely by police, and firemen.Camera: CUT TO
何百人もの武装した兵士達が階段室を駆けのぼる。警官と消防士がその後に続く。


SCENE 377
Location: INT. COOK COUNTY BUILDING - 12TH FLOOR
Jake and Elwood wait, Elwood whistling softly.Camera: CUT TO
ジェイクとエルウッド、待っている。エルウッド、やさしく口笛を吹く。


SCENE 378
Location: INT. STAIRWELL
The soldiers come charging up the stairs screaming, their bayonets ready like Teddy Roosevelt at San Juan.Camera: CUT TO
兵士たちは喊声を挙げながら階段を突進する。米西戦争時のサン・ジュアン砦のセオドア・ルーズベルトよろしく、銃剣をきらめかせている。


SCENE 379
Location: EXT. ROOM 1202
Jake and Elwood stand, Jake inspecting his fingernails.Camera: CUT TO
ジェイクとエルウッド、待っている。ジェイクは爪をいじっている。


SCENE 380
Location: EXT. COOK COUNTY BUILDING - DAY
Fire trucks in position.Camera: CUT TO
郡庁舎前には消防車がスタンバっている。


SCENE 380-A thru 380-F
Location: EXT. CITY ROOFS - VARIOUS - DAY
as SWAT Teams assume positions on the nearby roofs.Camera: CUT TO
郡庁舎の屋上からはSWAT部隊が降りてくる。


SCENE 381
Location: INT. STA
The troops arrive at the 12th Floor landing. They try to open the door and find it locked. They fire upon it with their machine guns and quickly dispose of the obstacles.Camera: CUT TO
兵士たちの部隊は12階に到着。ドアを開けようとしてロックされているのに気づくと、マシンガンを発射。遮蔽物を速やかに取り除ける。


SCENE 382
Location: INT. CORRIDOR AT ROOM 1202
The door opens. A young CLERK munching a sandwich looks at Jake and Elwood.
1202号室のドアが開く。若い係員がサンドイッチを頬張りながらジェイクとエルウッドを見る。


CLERK: Can I help you?
係員:ご用は?


…この係員、若い頃のスティーブン・スピルバーグなのだそうです。

Jake and Elwood push their way in.
ジェイクとエルウッド、押し入る。


SCENE 382-A
Location: INT. ROOM 1202
They pull the Clerk over to the counter.
2人は係員をカウンターの上に座らせる。


JAKE: This is where you pay taxes, right?
ジェイク:ここ、税金を払う場所だよな。そうだよな。

CLERK: (terrified) Right.
係員:(おびえながら) そうです。

JAKE: Okay, pal. This money is for the St. Helen of the Blessed Shroud Orphanage in Calumet City, Illinois.
ジェイク:オーケー、兄ちゃん。このカネはキャルメット・シティの聖ヘレン孤児院の分だ。

Jake pulls the cash out of his pocket and hands it to Elwood. Elwood flips through it incredibly fast.
ジェイク、ポケットから現金を引っ張り出してエルウッドに渡す。エルウッドは信じられない速さでそれをめくって数えてみせる。


ELWOOD: Five thousand bucks. It's all there.
エルウッド:5000ドル。全部ここにある。

Jake takes hold of the money and together the brothers slap it against the counter. In the shot of the money hitting the desk, handcuffs slap on Jake's and Elwood's wrists.
ジェイク、カネを取り上げ、ブルース・ブラザーズの手のひらが並んでカウンターに置かれる。カネを机に叩きつけるのと同時に、ジェイクとエルウッドの手首に手錠がかけられる。




==============================

この最後のシーン、見るたびに昔から不思議な感動をおぼえてきました。無数の人間から銃を突きつけられている2人の姿だけが、私には「本当の人間」の姿に思えたのでした。映画以外で歌われている彼らのナンバーからの最後の選曲は、フィラデルフィア出身のブルーアイド・ソウルグループ、ソウル・サバイバーズの曲のカバーで「Expressway to Your Hrart」。直訳は「君のハートへの高速道路」です。シングル曲として発売されたせいか、ブルースブラザーズの主要なアルバムには収録されていないのですが、私にとってはずーっと昔から、一番好きだった曲でした。


The Blues Brothers - Expressway To Your Heart

Expressway To Your Heart

I've been trying to get to you for a long time
'Cause constantly you've been on my mind
I was thinking 'bout a short cut that I could take
But I found I made a mistake

きみのところへ行きたいと
ずっと前から思ってたんだ。
ぼくの心の中には
ずっと君がいたんだから。
ちょっと近道ができないかなと
ぼくは思った。
でも、失敗したことに気づいた。


I was wrong
It took too long
I got caught in a rush hour
Fellows started to shower
you with love and affection
Now you won't look at my direction

ぼくはまちがっていた。
めちゃめちゃ、かかることになった。
ラッシュアワーにぶつかって
そこらじゅうの男たちが
君に愛や誘惑をふりまきはじめた。
君はもうぼくの方なんか
見てもくれない。


On the expressway to your heart
That expressway that's the best way

きみのハートへの高速道路の上で。
あの高速道路が、一番いい道なんだ。


At five o'clock it's much too crowded
(Too crowded)
Much too crowded (Too crowded)
Much too crowded (Too crowded)
Too crowded for me
Couldn't get through to you baby
Oh, it's too crowded

5時だ。めちゃめちゃ混んでる。
(めちゃめちゃ混んでる)
大渋滞だ。
(大渋滞だ)
混みすぎだよ。
これじゃきみのところへ行けない。
混みすぎなんだよ。


Well they're too many in back of me
And they're all tryin' to get in front of me
I was thinking I saw a road up ahead
But I saw a stoplight instead

ぼくの後ろも長い車の列で
みんなぼくを追い越そうとしてる。
ぼくが見てるのは
目の前の道だと思ってたけど
気がつけば「止まれ」の信号だ。


I was wrong
It took too long
I got caught in a rush hour
Fellows started to shower
you with love and affection
Now you won't look at my direction

ぼくはまちがっていた。
めちゃめちゃ、かかることになった。
ラッシュアワーにぶつかって
そこらじゅうの男たちが
君に愛や誘惑をふりまきはじめた。
君はもうぼくの方なんか
見てもくれない。


On the expressway to your heart
That expressway that's the best way

きみのハートへの高速道路の上で。
あの高速道路が、一番いい道なんだ。


I was wrong
It took too long
I got caught a rush hour
Fellows started to shower
you with love and affection
Now you won't look at my direction

On the expressway to your heart
That expressway that's the best way
That expressway to your heart
That espressway that's the best way


At five o'clock it's too crowded (Too crowded)
Much too crowded (Too crowded)
Much too crowded (Too crowded)
Too crowded
Too crowded for me
Just couldn't get through baby
Oh, oh, oh, much too crowded
Oh, oh, oh, much too crowded


Expressway To Your Heart The Soul Survivors In Stereo by Tom Moulton original rotation StevenB

=翻訳をめぐって=

…白状いたします。ブルースブラザーズの中で一番好きな曲だったにも関わらず、自分で歌詞を見て辞書を引いて翻訳してみた今日のこの日に至るまで、私はこの歌の内容をずっと勘違いしていました。

歌詞カードなんかないのが普通で、あっても誤植だらけだった90年代、私が自分の耳で聞いて理解できた歌詞は「I was wrong / It took too long」という部分と、タイトルになっている「the expressway to your heart」だけでした。なので私はこの歌を

ぼくが悪かった。
それに気づくのに
こんなにも時間がかかってしまった。
もう遅いかもしれないけど
謝りに行きたいと思う。
君のハートにまっすぐ続く
高速道路に飛び乗って!

…みたいな歌だと思っていたのです。けれどもちゃんと歌詞を読んでちゃんと聞いてみたら、この歌は「単なる渋滞の歌」だったのだということが明らかになりました。こういうのを当ブログでは「華氏65度の冬」と読んでおります。ああ、またひとつ青春に決着がついてしまった。

しかもこの主人公、「愛の高速道路」に「乗りそこなってる」みたいなのです。「On the expressway to your heart/ That expressway that's the best way」というフレーズのonをどう解釈するか、考えてみたのですが、「Fellows started to shower」(他の男たちが彼女に愛を振りまきはじめた) その場所が「On the expressway (高速道路の上)」なのであって、だから主人公にとってその高速道路は「That expressway (あの高速道路)」という言葉で表現されることになるのだと思われます。近道しようとしたのがアダになって、5時の渋滞に巻き込まれ、頭上の高速の高架を見ながら「あれが一番いい道だったんだ」と後悔している、そういう歌だったのだと解釈するのが妥当なようです。

最高の場面をかっこいい曲でびしっと決めようと1ヶ月も前から計画しながら、フタを開けてみたらそれが全然かっこいい曲ではなかったという、実に何と言うかこのブログらしい展開になってしまったわけですが、何はともあれ次回は最終回です。かっこよく、決まるはずです。かっこよくならないはずのない歌ですから。というわけで乞うご期待。

Flip, Flop & Fly もしくはブルースブラザーズ特集#29 (1955. Big Joe Turner)


  • ブルースモービル、シカゴ市境を突破。シカゴ市警とイリノイナチスが追跡に加わり、さらに激しいカーチェイスが始まる。

=============================

以下、前回に続き、今回も先に動画を貼りつけておきます。また、台本で当初に構想されていたと思われる台詞や演出と、実際に撮影された映画にはかなりの違いがありますが、今回に関しても一部を除き、訂正はしていません。


The Bluesmobile Does a Backflip - The Blues Brothers (8/9) Movie CLIP (1980) HD

OMITTED: 346 thru 349
SCENE 350 thru 350-F
Location: EXT. CITY STREET - THE BLUESMOBILE - DAY
swerves around a corner and heads for the roadblocks at the Chicago city limits. The Bluesmobile smashes through them without a moment's hesitation. The police at the roadblock jump into their cars and give chase. The Bluesmobile and the police cars roar under the el tracks at speeds of over 100 M.p.h.Camera: CUT TO
コーナーをかわしながら、ブルースモービル、州境のバリケードにためらうことなく突っ込む。バリケードの警官は全員パトカーに飛び乗り、追跡を開始する。ブルースモービルとパトカー、エル(シカゴの高架鉄道) の下を時速100マイル(160km)で走り抜ける。


SCENE 350-G
Location: EXT. CHICAGO RIVER - DAY
Three Chicago Police boats filled with armed men cruise up the river at high speed.
シカゴ川。シカゴ市警のボートが3隻、武装した警官を満載して遡ってゆく。




SCENE 350-H
Location: EXT. BUCKINGHAM FOUNTAIN - DAY
Chicago cop cars criss-cross, sirens wailing in front of the fountain.Camera: CUT TO
シカゴ市警のパトカー、バッキンガムの噴水の前でサイレンを鳴らしている。


SCENE 351
Location: INT. NAZI STATION WAGON - PARKED - THE BLACK SHIRT - DAY
The Brown Shirt sits in front. The four thugs are parked behind in a Nazi sedan. All wear uniforms and armbands and hold Lugers.
ナチスステーションワゴン。黒シャツと茶色のシャツがフロントシートに座っている。後ろのセダンには4人の隊員が乗車。全員制服を着て、腕章をつけ、ルガー(ドイツ製の自動拳銃) で武装している。


ELNOOD: Well this is definitely Lower Wacker drive. If my estimations are correct, we should be very close to the honourable Richard J. Daley Plaza.
エルウッド:この道はきっとワッカー·ドライブの下の道だ。おれの計算が正しいなら、おれたちはあのリチャード·ディレイ·プラザの近くに来てるぞ。

JAKE: That's were they got that Picasso.
ジェイクピカソの絵が飾ってあるとこか?

ELNOOD: Yep.
エルウッド:そだ。

SCENE 351-A
Location: EXT. ALLEY - DAY
The Bluesmobile roars past their alley. The Nazi station wagon and Nazi sedan speed after them.
ブルースモービル、彼らが潜む路地の前を猛然と通過する。ナチスステーションワゴンとセダン、スピードを上げてその後を追う。




SCENE 352
Location: INT. BLUESMOBILE - MOVING - DAY
There is a loud thump from under the hood o.s.
ブルースモービルのカバーから大きな音がする。

ELWOOD: Oh, no....
エルウッド:わっちゃー…

There is a loud metallic clatter o.s.
さらに、金属の壊れる音。


JAKE: What is it?
ジェイク:何だ?

ELWOOD: Con rods, the engine. We've thrown a rod, maybe two.
エルウッド:エンジンのコンロッドがやられた。吹っ飛ばされたらしい。多分2本だ。

SCENE 353
Location: JAKE'S P.O.V. - OIL
starts to spill and jets up from under the hood onto the windshield. The windshield is thick with oil spraying everywhere.
ジェイクの視点。ボンネットからオイルが吹き出し、フロントガラスは飛び散ったオイルで何も見えなくなる。


SCENE 354
Location: EXT. BLUESM0BILE - JAKE - DAY
leans out the window. He wipes away the sheet of oil with his sleeve. The metallic clattering increases.
ジェイク、窓から身を乗り出して、自分の袖でフロントガラスのオイルを拭き取る。金属の破片も飛び出してくる。


Camera: CUT TO
SCENE 355
Location: EXT. CONSTRUCTION SITE - DAY
Large signs read: DANGER - CONSTRUCTION. The Bluesmobile smashes right through them, the Nazis close behind. The Nazi wagonCamera: CUT TO
前方に「この先工事中」の文字。ブルースモービルはその看板を吹っ飛ばして進む。ナチスがその後を追いかける。


SCENE 356
Location: INT. NAZI PINTO - THE BLACK SHIRT.- MOVING - DAY
has a complete crazed look in his eyes.
黒シャツの瞳にはcrazedな光が宿っている。
…crazedは「精神病者」に対する差別表現です。ここでは原文をそのまま転載しました。


BLACK SHIRT: They cannot hope to escape us. We'll prove to the American people just who is destined to lead the Arian race to victory!
黒シャツ:やつらに我々から逃げることはできない。我々はすべてのアメリカ人民に対し、最後の勝利を運命づけられているのはアーリア人種であることを示すのだ!

SCENE 356-A
Location: EXT. RAMP - DAY
The Bluesmobile streaks up a steep ramp. The Nazi's follow close behind.Camera: CUT TO
ブルースモービル、急斜面を猛スピードで駆けのぼる。ナチスがぴったりその後を追う。


SCENE 357
Location: INT. BLUESMOBILE - ELWOOD'S P.O.V. - THE RAMP
Elwood can see that the ramp is still under construction and it comes to an abrupt end.
エルウッド、目の前の道路が工事中で、高架が途中で切れて断崖絶壁になっていることに気づく。


SCENE 358
Location: INT. BLUESMOBILE - ELWOOD
hits the brakes and turns the steering wheel at the same time.Camera: CUT TO
エルウッド、ブレーキを踏み込み、同時にハンドルを急回転させる。


SCENE 359
Location: EXT. BLUESMOBILE
The Bluesmobile literally does a back flip up and over the Nazi station wagon. It now roars down the ramp. Nazis go up and off the ramp.Camera: CUT TO
ブルースモービル、文字通りの後方宙返りを決めて、ナチスステーションワゴンを飛び越す。そして反対方向に斜面を下ってゆく。一方でナチスは斜面を猛スピードで登り続け、高架の切れ目から空中に飛び出す。




SCENE 360
Location: INT. NAZI PINTO - THE NAZIS
look out in complete shock as the car climbs higher and higher in the sky.
ナチスの車の中。彼らは自分の車が空中高く昇ってゆくことに、ショックに満ちた表情を交わし合う。


SCENE 360-A
Location: INT. NAZI PINTO - DAY
When it reaches its highest height, there is a moment's pause before the car begins its descent. The Black Shirt seizes the Brown Shirt by the throat and begins to throttle him in frustration.
車は昇れるだけ昇って一瞬静止し、落下を開始する。黒シャツは茶色シャツの喉笛をつかみ、怒りのあまり思い切り締めつける。
…このシーンは映画では、茶色シャツが黒シャツに「I've always loved you (ずっと前から好きでした)」と愛を告白する場面に変わっている。ナチスや保守的な人間たちが同性愛を敵視していることへの「諷刺」でもあるのだろうが、同性愛者そのものを「笑い者」にしている差別的な演出だという印象の方が強かった


OMITTED: 360-B
SCENE 360-C
Location: EXT. CITY SKYLINE
The Pinto plummets the 3000 feet toward the City of Chicago.
フォード・ピントは3000フィート(914m)下のシカゴの街に向かって、まっすぐに落ちてゆく。




SCENE 360-D
Location: EXT. STREET BELOW RAMP
The Bluesmobile is speeding along when the Nazi Pinto lands directly in front of them. It hits the street and continues to go straight down creating an enormous hole which the Bluesmobile leaps deftly over and the second Nazi car piles into.Camera: CUT TO
ブルースモービルの真正面にナチスのフォードが落下してきて、道に巨大な穴を開けるが、2人はそれを軽く飛び越す。その後にもう1台のナチスの車が追ってきて、まっすぐ穴にはまりこむ。


==============================

「Briefcase Full of Blues」からの翻訳もいよいよ最後の曲。このシーンに重ねてあるのかどうなのか。ロックンロールの"Godfathers"の1人と言われるビッグ・ジョーターナーが50年代に歌い、カナダのDownchild Blues Bandのカバーを通じてブルースブラザーズのレパートリーに加えられた、その名も「Flip Flop & Fly(宙返り飛行)」という曲です。


The Blues Brothers - Flip, Flop & Fly - 12/31/1978 - Winterland (Official)

Flip, Flop & Fly

Well now when I get the blues,
gonna get me a rockin' chair
Well now when I get the blues,
gonna get me a rockin' chair
When the blues overtake me,
gonna rock right away from here

ブルースを聞くといつも
ロッキンチェアーに座ってる気持ちになる。
ブルースを聞くといつも
ロッキンチェアーに座ってる気持ちになる。
ブルースがおれを呑み込むと
遠いところにつれて行かれてしまう。


Now when I get lonesome
I get on the telephone
Now when I get lonesome
I get on the telephone
Well, I call my baby,
tell her I'm on my way back home

さびしい時には
電話をかける。
さびしい時には
電話をかける。
電話をかけて彼女に
おれは戻るところだからって言う。


Well, flip, flop & fly
I don't care if I die
Flip, flop & fly
I don't care if I die
Don't ever leave me,
don't ever say goodbye

クロバット飛行の人生
死んだってかまうもんか。
クロバット飛行の人生
死んだってかまうもんか。
おれから離れないでおくれ。
さよならは言わないでおくれ。


Give me one last kiss;
hold it a long, long time
Give me one last kiss;
hold it a long, long time
Well, hold that kiss
'til I feel it in my head like wine

最後のキスをしておくれ。
ずっとずっと唇を離さないでくれ。
最後のキスをしておくれ。
ずっとずっと唇を離さないでくれ。
ずっとキスしててくれ。
そいつがワインみたいに
おれの頭に回り出すまで。


Here come my baby,
flashin' a new gold tooth
Here come my baby,
flashin' a new gold tooth
She's so small
she can mambo in a pay phone booth

あの子がやってくる。
新しい金歯を光らせて。
あの子がやってくる。
新しい金歯を光らせて。
あの子はとってもちっちゃくて
電話ボックスの中で
マンボが踊れるんだ。


Well, flip, flop & fly
I don't care if I die
Flip, flop & fly
I don't care if I die
Don't ever leave me,
don't ever say goodbye

クロバット飛行の人生
死んだってかまうもんか。
クロバット飛行の人生
死んだってかまうもんか。
おれから離れないでおくれ。
さよならは言わないでおくれ。


Like a Mississippi bullfrog
sittin' on a hollow stump
Like a Mississippi bullfrog
sittin' on a hollow stump
I got so many women
I don't know which way to jump

ミシシッピヒキガエルみたいに
朽木の切り株に座ってる。
ミシシッピヒキガエルみたいに
朽木の切り株に座ってる。
あまりたくさん女がいるもんで
誰のところに行けばいいのかわからない。


Well, flip, flop & fly
I don't care if I die
Flip, flop & fly
I don't care if I die
Don't ever leave me,
don't ever say goodbye

クロバット飛行の人生
死んだってかまうもんか。
クロバット飛行の人生
死んだってかまうもんか。
おれから離れないでおくれ。
さよならは言わないでおくれ。


Big Joe Turner - Flip,Flop And Fly - 1966

B Movie Box Car Blues もしくはブルースブラザーズ特集#28 (1972. Delbert Mcclinton)


SCENE 308
Location: EXT. CULVERT BRIDGE - NIGHT
Elwood and Jake run into the culvert and jump into the Bluesmobile, firing it up.
エルウッドとジェイク、暗渠の中に走り込み、ブルースモービルに飛び込んで、エンジンをかける。


SCENE 309
Location: INT. BLUESMOBILE - NIGHT

ELWOOD: It's two hundred and forty miles to Chicago. We got a full tank of gas, half a pack of cigarettes, it's dark and we're wearing sunglasses.
エルウッド:シカゴまでは106マイル(170km)。ガソリンは満タン。タバコは箱に半分。空は暗い。そして我々はサングラスをかけている。

JAKE: Hit it.
ジェイク:行け。



SCENE 309-A
Location: EXT. CULVERT - NIGHT
The Bluesmobile roars out of the culvert and up onto the road. The Mystery Woman runs after them and shoots at the retreating car.Camera: CUT TO
ブルースモービル、暗渠から飛び出し、道に出る。謎の女、彼らを追いかけ、逃げてゆく車に向かって銃を発射する。


SCENE 310
Location: INT. BALLROOM
The band continues to play "Sweet Home Chicago." The officers hear the o.s. gunfire.
会場ではバンドが"Sweet Home Chicago."の演奏を続けている。警官たちがオフステージからの銃声に気づく。


MERCER: Let's check that out!
マーサー:調べろ!

Camera: CUT TO
SCENE 311
Location: EXT. PALACE PARKING LOT - NIGHT
All of the police and Bob and The Good Ole Boys run out to the parking lot to see the Bluesmobile disappearing down the street. Everyone jumps into their respective vehicles and after much Screeching, backing up, and pulling out, all of the vehicles go off in pursuit of the Bluesmobile.
すべての警官、そしてボブとグッド・オール・ボーイズの全員が駐車場に飛び出し、ブルースモービルが走り去るのをみつける。それぞら各自の車に飛び乗って、タイヤを鳴らしたりバックしたりして、ブルースモービルを追跡するために走り出す。


==============================

以下、前回のカーチェイスシーン同様、文字で読んでも全く面白くないので、先に動画を貼りつけておきます。また、台本で当初に構想されていたと思われる台詞や演出と、実際に撮影された映画にはかなりの違いがありますが、今回に関してはいちいち訂正していません。


The Blues Brothers brilliant Main Chase Sequence part 1 lots of crashes

SCENE 311-A
Location: EXT. ROAD NEAR HOUSE
One of the many police car's back tires suddenly begin to inflate and blow out causing the cop car to roar off in the direction of a model home development, sparks streaming from the rear axles grinding on the street.Camera: CUT TO
多くのパトカーの中の一台の後輪が突然膨れあがってパンクする。パンクしたパトカーは道路脇のモデルルームに突っ込む。後輪の車軸が道路とこすれて火花をあげる。


SCENE 312
Location: INT. MODEL HOME - NIGHT
A family sits watching television in the living room. On the screen is a chase sequence involving police ears. One of the police cars on the television screen swerves and comes straight towards camera. In perfect sync the real police car crashes through the wall of the living room taking out the television and a good deal of the house.Camera: CUT TO
モデルルームの中では家族がリビングルームに座ってテレビを見ている。テレビの中ではパトカーがカーチェイスをしている。一台のパトカーがテレビカメラに向かって進んでくる。それと完全にシンクロする形で本物のパトカーが飛び込んできて、テレビと家の大部分をめちゃめちゃにする。


SCENE 313
Location: INT. CLEAN-CUT OFFICER' S POLICE CAR - MOVING - NIGHT

OFFICER #2: (on the radio) We are in pursuit of a black and white, 1974 Dodge Monaco heading south. Request assistance.
警官2:(無線に向かって) 我々は現在、白と黒のツートンカラーの74年型ダッジモナコを追跡中。南に向かっている。応援たのむ。

Camera: CUT TO
SCENE 314
Location: INT. I.B.I. OFFICE - NIGHT
A sign identifies this ultra modern office as the: ILLINOIS BUREAU OF INVESTIGATION, OFFICE OF INTELLIGENCE, TACTICAL DIVISION. In the office, officers are manning radio control boards and futuristic tracking devices. one of the I.B.I. officers reads from a computer screen into his headset.I.B.I.
イリノイ州捜査局戦術情報室。超近代的なオフィス。職員たちが未来的な機械をいじって、無線を調整している。職員たちのヘッドホンに、コンピュータを通して情報が入る。


OFFICER: Request assistance in pursuit of a black and white, 1974 Dodge Monaco heading south on Interstate 101. Dispatch cars number 12, 21, 17 ....
職員:応援要請だ。白と黒のツートンカラーの74年型ダッジモナコを追跡中。州間高速101号を南に向かっている。要請車両は12号、21号、17号…

Camera: CUT TO
SCENE 315
Location: INT. NAZI HEADQUARTERS - NIGHT
The Black Shirt sits listening to his C.B.C.
アメリカン・ナチスの事務所では、あの黒シャツがその警察無線を盗聴している。


BLACK SHIRT: ... 19, 54, 27, 33, 14, 29, 32, 20, 22 and 23. immediate assistance required. Occupants of vehicle, one Joliet Jake Blues, one Elwood Blues. Considered extremely dangerous. Use of unnecessary violence in the apprehension of the Blues Brothers has been approved.
黒シャツ:19号、54号、27号、33号、14号、29号、32号、20号、22号、そして23号から。1人はジョリエット・ジェイク・ブルース。もう1人はエルウッド・ブルース。非常な危険が予想される。ブルース・ブラザーズの逮捕における必要な暴力の行使は許可されている。

The Black Shirt leans up.
黒シャツ、身を乗り出す。


BLACK SHIRT: Gruppenfeuhrer!
黒シャツ:グルッペンフューラー!

Camera: CUT TO
SCENE 316
Location: EXT. TOLLWAY - NIGHT
Jake and Elwood zoom down the tollway with the cop cars and The Good 'Ole Boys' Winnebago in pursuit.Camera: CUT TO
ジェイクとエルウッド、パトカーとグッド・オール・ボーイズのウィネベーゴを引き連れて、有料道路を走り抜ける。


SCENE 317
Location: INT. WINNEBAGO - NIGHT - TOLLWAY
Tucker is driving.
ウィネベーゴはタッカーが運転している。


BOB: Shit, can't you get this thing to go any faster than this?
ボブ:ちきしょう。あいつらより速くこいつを走らせられないのか?

Camera: CUT TO
SCENE 318
Location: INSERT
Tucker's foot glued to the gas pedal which is glued to the floor.
タッカーがアクセルを踏み込むと、ペダルが床にくっつく。タッカーの足もペダルにくっついている。


SCENE 319
Location: BACK TO SCENE - TOLLWAY

TUCKER: Bob, I've got a little problem....
タッカー:ボブ、ちょっとやばいことになっちまった…

Camera: CUT TO
SCENE 320
Location: EXT. MOTEL - NIGHT
The brown XKE is parked in front of the motel and the Chic Lady leans on the hood. She looks around waiting for her tryst with Elwood.Camera: CUT TO
モーテルの前にはあの茶色のジャガーが停まり、あの粋なレディが車に寄りかかっている。約束通りにやって来ないエルウッドを待ちながら、あたりを見回している。




SCENE 320-A
Location: EXT. TOLLWAY - NIGHT
The Winnebago is passing all of the other cars on the road.
ウィネベーゴ、他の全ての車を追い越して進んでゆく。


SCENE 321
Location: INT. BLUESMOBILE - NIGHT
The speedometer shows 125 m.p.h.. Pan up to Elwood as the Winnebago flies by.
ブルースモービルのスピードメーターは時速125マイル(201km)を示している…カメラがエルウッドの方を向くと、その横をウィネベーゴが追い越してゆく。


SCENE 322
Location: EXT. TOLLWAY - NIGHT
The Good Ole Boys' Winnebago roars onto the off ramp of the tollway.Camera: CUT TO
グッド・オール・ボーイズのウィネベーゴ、有料道路の出口に突っ込む。


SCENE 323
Location: INT. WINNEBAGO - MOVING - NIGHT

BOB: (screaming) What the fuck are you doing!?! Slow this thing down!
ボブ:(絶叫) お前、何やってるんだ!スピードを落とせ!



SCENE 323-A
Location: EXT. INTERSECTION - NIGHT
The Winnebago roars through an intersection causing several near misses.
ウィネベーゴ、ニアミスしながら交差点を突っ切る。

SCENE 323-B
Location: INT. WINNEBAGO - MOVING - NIGHT

BOB: (screaming) Slow down! Stop this damned thing!
ボブ:(絶叫) スピード落とせ!こいつを止めろ!

TUCKER: (resigned) I'd be happy to oblige you if I could, but I can't, so I won't.
タッカー:(あきらめたように) 言う通りにできりゃ俺だって幸せなんだけどね。できないんだ。だから止めない。

OMITTED: 324 thru 324-A
SCENE 324-B
Location: EXT. STREET - NIGHT
The Winnebago slams into the front window of a Rolls Royce dealership, crashing into several gorgeous cars and out the back, crosses an alley, and smashes into the front of a disco smashes out the back of the disco a moment later, demolishes a hamburger stand, continues up an embankment and crashes into a river.Camera: CUT TO
ウィネベーゴ、ロールスロイスのディーラーのショーウィンドウに突っ込んで、何台かのゴージャスな車をめちゃめちゃにし、反対側の道に飛び出して、今度はディスコをめちゃめちゃにする。ハンバーガーショップを破壊し、土手に乗り上げ、最後には川に突っ込む。


SCENE 324-C
Location: INT. CLEAN-CUT OFFICERS' POLICE CAR
Mercer is in the back seat.
小ざっぱりした警官のパトカーでは、マーサーが後部座席に座っている。


MERCER: Boy, that Elwood can drive, can't he?
マーサー:おい、あのエルウッドってやつはなかなか運転ができると思わんか?

OFFICER #1: (grim) Mr. Mercer, I'd advise you to hold your comments to a minimum.
警官1:(厳格に) ミスター・マーサー、コメントは最小限にお願いします。

OMITTED: 325 thru 335
SCENE 336
Location: INT. I.B.I. OFFICE
A large graphic radar screen (animated) shows the dynamics of the chase as it is now unfolding. Chicago is clearly marked on the map. Jake and Elwood's car is a flashing blue blip. The remaining four police cars are flashing red blips.
アニメの巨大なレーダースクリーンが、現在進行中のカーチェイスの様子を映し出す。シカゴの地図が映されており、ジェイクとエルウッドの車は青ランプ、脱落していない4台のパトカーは青ランプで示されている。


I.B.I. OFFICER: (into headset) The suspect vehicle is now approaching the City of Chicago. Take defensive action number 394, repeat three, niner, four.
IBI職員:(ヘッドセットに向かって) 追跡中の車はシカゴ市に迫っている。防衛措置394号をとれ。繰り返す。スリー・ナイン・フォーだ。

Camera: CUT TO
SCENE 337
Location: EXT. CHICAGO CITY LIMITS - OFFICERS - DAWN
are busily erecting road blocks.Camera: CUT TO
夜明けのシカゴ市境界。多数の警官が道にバリケードを築いている。




SCENE 338
Location: EXT. TOLLWAY - HELICOPTER SHOT - DAWN
An aerial view shows us the Bluesmobile roaring down the tollway as more and more police cars join the pursuit at every on ramp.Camera: CUT TO
夜明けの有料道路。ヘリコプターからの空撮。ブルースモービルは猛然と走り抜け、追跡のパトカーは出入口ごとに後から後から増えてゆく。


SCENE 339
Location: INT. BLUESMOBILE - ELWOOD - DAY
looks in his rear view mirror.
エルウッド、リアウィンドウを見る。


SCENE 340
Location: ELWOOD'S P.O.V.
A massive wall of police vehicles occupy all four lanes of the tollway behind him.
後ろの4車線すべてに、追跡の警察車両が巨大な壁をつくっている。


SCENE 341
Location: INT. BLUESMOBILE - DAY

ELWOOD: Jake, I gotta pull over.
エルウッド:ジェイク、降りるぞ。

With that Elwood turns the wheel sharply.Camera: CUT TO
エルウッド、シャープにハンドルを切る。


OMITTED: 342 thru 344
SCENE 344-A
Location: EXT. TOLLWAY
The Bluesmobile glides at a 90 degree angle to the right .Camera: CUT TO
ブルースモービル、右に90度ターン。


SCENE 345
Location: ANOTHER ANGLE
The 50 pursuing police cars repeat Elwood's maneuver. A good many of them are unable to negotiate the embankment and flip over and crash. The clean-cut officers' car swerves to avoid collision with a disabled police car, swerves violently, and zooms back up the embankment, flying into the air....Camera: CUT TO
50台のパトカー、一斉にエルウッドのマネをするが、ほとんどは土手を乗りこなしきれず、ひっくり返ったり衝突したりする。小ざっぱりした警官のパトカーは、動かなくなった他のパトカーとの衝突を避けようとして乱暴にハンドルを切り、土手をかけのぼって空中に飛び出して…




SCENE 345-A
Location: INT. POLICE CAR AIRBORNE
... and into a semi.
…セミトレーラーに突っ込む。


MERCER: Jesus fuck!
マーサー:ジーザス、ファック!

Camera: CUT TO
SCENE 345-B
Location: EXT. TOLLWAY
This is clear across the tollway so that traffic is moving in the opposite direction of the Bluesmobile. The flying police car crashes broadside into a semi.
有料道路の車はブルースモービルと反対方向に走ってゆく。セミトレーラーに突っ込んだパトカーも同様。




SCENE 345-C
Location: INT. SEMI
The clean-cut officers' car now sits 3/4 of the way inside the trailer of the semi which is busy driving in the opposite direction.
小ざっぱりした警官のパトカーは車体の3/4をセミトレーラーにめり込ませ、ブルースモービルの反対方向に運ばれてゆく。


OFFICER #1: (into mike) Suspect has eluded us. You guys catch that mother fucker.
警官2:逃げられたみたいだ。あのマザーファッカーを捕まえてくれ!

==============================

…文字にするだけで疲れてくる。「Briefcase Full of Blues」からのナンバーの紹介も残すところあと2曲となりました。マット・マーフィーとスティーヴ・クロッパーとの「ギターを使った会話」が死ぬほどかっこいい、B Movie Box Car Bluesです。かなり難解な歌詞で、正確な意味を知りたいとずっと思っていたのですが、果たしてどれだけ原詩の風景に迫れましたかどうか。78年のライブ映像でどうぞ。


The Blues Brothers - B Movie Box Car Blues - 12/31/1978 - Winterland (Official)

B Movie Box Car Blues

Caught a ride into South Dakota
With two girls in a light blue Desoto
One's name was Jane, the other was plain
But they both had racing motors
Next I caught a ride with a gamblers wife
Lay down, she had a brand new Rambler
She parked on the other side of town
She layed the Rambler down
She said she could dig if I'd knew her

ライトブルーのデソートに乗った2人の女の子に
サウスダコタまで乗せてもらった。
ひとりの名前はジェーンで
もうひとりは普通。
でも2人ともレース用のエンジンを積んでた。
次に乗せてもらったのは
ギャンブラーのかみさんの車で
覚えといてくれ。
彼女は新品のランブラーに乗ってた。
彼女は町の外れに車をとめた。
彼女はランブラーをとめた。
寝かせた、と言うべきか。
もしあんたと知り合いになれたら
わたし気に入ると思うわと彼女は言った。


Doing my best to get back to you
Ain't nothing I'd rather do
Look for me Sunday, gonna be there honey
Something special just for you
Special just for you

おまえのところに戻るため
できる最大限の努力をしてる。
他のことは何もする気になれない。
日曜になったらおれを探すといい。
きっと見つかるから。
おまえのためだけの特別なものが。
おまえのためだけの特別な。


Made a truck stop, toothpick and water
Got a ride from a fruit pickers daughter
Drove her through the night, let the fruit just right
Said All I could eat for a quarter

トラックを止めて
つまようじと水。
果実収穫労働者の娘と一緒に走った。
夜通し走ってるあいだに
果実はしっかり熟れて
4分の1も食べたら満腹になった。


Next, hopped a train with a hobo woman
Said she's from Texas too
The way that she did, what she did, when she did what she did to me
made me think of you
Hey honey made me think of you

その次はhoboの女と一緒に
ふらっと電車に乗った。
彼女もテキサス生まれだって言ってた。
彼女のやり方、彼女のしたこと、
彼女がおれにそれをやるタイミング、
すべてがおまえに似ていた。
おまえだよ。
思い出させやがって。


Doing my best to get back to you
Ain't nothing I'd rather do
Look for me Sunday, gonna be there honey
Something special just for you
Special just for you

おまえのところに戻るため
できる最大限の努力をしてる。
他のことは何もする気になれない。
日曜になったらおれを探すといい。
きっと見つかるから。
おまえのためだけの特別なものが。
おまえのためだけの特別な。


Delbert & Glen - B Movie Box Car Blues (1972)

=翻訳をめぐって=

  • 原曲を書いたのは、テキサス出身のブルースシンガー、デルバート・マクリントンジョン・レノンにハーモニカのコーチをしたことで有名な人らしいけど、日本語版のWikipediaでは名前も見つけることができなかった。
  • 曲名を直訳すると「B級映画と有蓋貨車のブルース」。もっとも、box carというのは自動車の登場以前から使われていた言葉なのでこうした訳語になるにせよ、自動車以降の時代では、要はオープンカー以外の車はすべて box carだという分類になるらしい。
  • 歌詞の内容は、女性のことをクルマに見立てたよくあるタイプのえろい歌だと思えばまあ間違いないと思う。などと聞いた風なことを書こうとしたところで、しかし「そういうタイプのえろい歌」ってよく考えてみればRCサクセションの「雨あがりの夜空に」一曲しか知らないではないかということに気がついた。それだけの情報で「よくある」などという言葉をカンタンに使えてしまう感覚には、気をつけなければならないと思う。とまれ「そういう曲」でかつ「雨あがりの夜空に」よりも先に歌われていたのがこの曲である。何らかの影響は、与えているのかもしれない。
  • catch a ride with〜:〜の車に乗せてもらう。
  • Desotoは、1960年代まで製造されていた高級車の名前。


  • Ramblerというのも車種名だが、この言葉には「ブラブラしている人」という意味もあるから、主人公本人のことをさしているとも解釈できる。ギャンブラーの連れ合いの彼女はそのランブラーを Lay downした(駐車した/寝かせた)ということで、なかなか手の込んだ歌詞になっているのである。


  • Made a truck stop, toothpick and water…ここは本当に「謎の歌詞」である。toothpick and waterで検索してみても、折った爪楊枝に水をたらして星の形を作る手品の紹介しか出てこない。だったらこの言葉は「Star(星)」と解釈できるのではないかとか、いろいろ考えたのだったが、無謀な想像は慎むのが正しい態度だと思う。デルバート・マクリントンの原曲だと、少なくとも文法的にはもう少しわかりやすい歌詞になっていて、「At a truck stop for toothpick and water(爪楊枝と水を買うためにトラックドライバー用の店に寄った)」である。しかしどうして「爪楊枝と水」なのかは、依然として分からない。
  • Said All I could eat for a quarter…ここも、よく分からない。誤訳の可能性が高い。
  • hobo woman…hoboというのは、「移民の国」であるアメリカの歴史の中でその最初から人口の大きな部分を占めてきた、「決まった住所を持たない労働者」のこと。その人たち自身が「誇りを込めた自称」として使う場合もあるが、他称として使われる場合には完全に見下しを込めた差別的な蔑称としてのニュアンスを持っている。ここでは原詞の言葉をそのまま転載しました。

…残りはあと3回。続きます。

I Don't Know もしくはブルースブラザーズ特集#27 (1952. Willie Mabon)


  • パレスホテルを脱出したジェイクとエルウッドの前に「謎の女」が立ちふさがる。

SCENE 303
Location: INT. CONCRETE TUNNEL
Jake and Elwood are hustling down a long concrete tunnel.
ジェイクとエルウッド、長いコンクリートのトンネルの中を急ぐ。


ELWOOD: I hope this thing leads someplace.
エルウッド:どっかに抜けられりゃいいんだけどな。

JAKE: Elwood, we're gone, man.
ジェイク:エルウッド、もう大丈夫だよ。

Suddenly machine gun fire blasts out. Jake and Elwood hit the ground as bullets chew up the concrete around them.
突然、マシンガンが火を噴く。ジェイクとエルウッド、銃弾がコンクリートをなめつくす中で、地面に伏せる。


Camera: CUT TO
SCENE 304
Location: THE MYSTERY WOMAN
brandishing an AR-15. She stands fifteen feet from Jake and Elwood, blocking their way out.
AR-15マシンガンを振りかざして、ジェイクとエルウッドから15フィート(4.5m)のところに「謎の女」が立ちふさがっている。




Camera: CUT TO
SCENE 305
Location: JAKE AND ELWOOD
on the ground.
ジェイクとエルウッド、地面にへばりついている。


ELWOOD: (to Jake) Who is that girl?
エルウッド:(ジェイクに) 誰だ?あれ。

MYSTERY WOMAN: (voice full of bitterness) Well Jake. You like just fine down there, slithering in the mud like vermin.
謎の女:(憎しみに満ちた声で) ジェイク、はいつくばって、いいざまね。泥の中でのたうち回る害虫みたいよ。

She opens fire, the bullets ripping up the cement all around Jake and Elwood.
彼女、銃を発射。弾丸がジェイクとエルウッドの周りのセメントを削り取る。


JAKE: (to Elwood) No problem.
ジェイク:(エルウッドに) 大丈夫だ。

MYSTERY WOMAN: You won't get away from me this time.
謎の女:今度は、逃げられないわよ。

Jake stands, his hands palms up, outstretched in front of him.
ジェイク、手を上げて立ち上がり、その手を前に差し伸べる。


JAKE: (sweetly) It's good to see you, sweetheart.
ジェイク:(甘い声で) やあ、会えて良かったよ。スイートハート。

MYSTERY WOMAN: (full of hate) You contemptible pig. I remained celibate for you. I stood at the back of a cathedral, waiting in celibacy for you, with 300 friends and relatives in attendance. My uncle hired the best Romanian caterer in th state. To obtain the seven limousines for the wedding party my father used up his last favours with Mad Pete Trollo. So for me, for my mother, my grand mother, my father, my uncle and for the common good, I must now kill you and your brother.
謎の女:(憎悪に満ちて) あんたは卑劣な豚よ。私はあんたのために独身でい続けたわ。教会の大聖堂の裏で、300人の友だちと親戚が詰めかけてる中で、私はあんたを待ち続けたわ。おじさんは州で最高のルーマニア料理店に仕出しを頼んだ。披露宴用の7台のリムジンを手に入れるために、父さんは財産を使い果たした。だから私は自分のために、お母さんのために、おばあちゃんのために、お父さんのために、おじさんのために、そして世の中のために、あんたとあんたの弟分を今、殺さなくちゃいけないの。
…Mad Pete Trollという言葉の意味は、いくら調べても分かりませんでした。

Jake walks slowly forward to the Mystery Woman. She trains the gun right at his gut.
ジェイク、ゆっくりと謎の女に歩み寄る。彼女は彼の腹に銃口を向ける。


SCENE 306
Location: CLOSEUP
Her fingers slowly wrap around the trigger.
彼女の指がゆっくりと引き金にかかる。


SCENE 307
Location: BACK TO SCENE
Jake continues to walk forward until they stand face to face. There is a pregnant pause, the showdown. Jake, stern and forbidding, considers a moment and then makes his move. He falls to his knees screaming and crying.
ジェイク、2人が顔を向き合わせるところまで歩き続ける。最終段階の意味深長な沈黙が流れる。ジェイク、いかめしく厳しい顔でしばらく考え、行動に移る。彼はひざまづいて泣き出し、叫び声をあげる。


JAKE: Oh, please don't kill us! You know I love you, baby! I didn't mean to leave you! It wasn't my fault! Oh please don't kill us! Please! Please, don't kill us!
ジェイク:ああ、お願いだから殺さないでくれ!今でも愛してるんだ!お前から離れるつもりなんてなかった!おれのせいじゃない!頼む!お願いだ!殺さないでください!

The Mystery Woman looks at Jake with complete disgust.
謎の女、完璧な嫌悪感をむき出しにしてジェイクを見る。


MYSTERY WOMAN: You miserable slug. You think you can talk your way out of this now? You betrayed me!
謎の女:あんたって悲劇的なナメクジね。今になってまだそんな口がきけると思ってるの?私を裏切ったくせに!

JAKE: (pleading) No I didn't, honest! I ran out of gas! I had a flat tire!., I didn't have enough money for cab fare! My tux didn't come back from the cleaners! An old friend came in from out of town! Someone stole my car! There was an earthquake! A terrible flood! Locusts! It wasn't my fault! I swear to God!
ジェイク:(懇願する) 裏切ってなんかいない!本当だ!ガス欠になったんだ!タイヤもパンクした…タクシー代も持ってなかった!タキシードはクリーニング屋から戻ってこなかった!古い友だちが遠くから訪ねてきた!誰かが車を盗んだ!地震もあった!洪水も来た!イナゴの大群も押し寄せた!おれのせいじゃない!神に誓います!

Jake looks up at her and for the first time in the movie, takes off his dark glasses, revealing big, soulful, brown eyes. The Mystery Woman begins to soften as Jake looks up at her like a puppy begging for some food. Finally she lowers the gun.
ジェイク、彼女を見上げ、この映画が始まってから初めてサングラスを外し、その大きくソウルフルな茶色の目を見せる。ジェイクが食べ物をねだる仔犬のような表情で彼女を見上げるのを見て、謎の女の態度がやわらぐ。彼女は銃を下げる。




MYSTERY WOMAN: Oh, Jake...Jake ....
謎の女:おお、ジェイク、ジェイク…

Jake, in a flash, is up, his glasses back on, grabs the Mystery Woman in a passionate embrace, giving her a fabulous Clark Gable type kiss. The Mystery Woman is overcome, Jake turns quickly to Elwood.
ジェイク、瞬間的にサングラスを戻し、謎の女を情熱的に抱きしめて、クラーク・ゲーブルのようにキスをする。謎の女の負けだ。ジェイク、ただちにエルウッドの方を振り向く。


JAKE: Let's go.
ジェイク:行くぞ。

He drops the Mystery Woman on her ass and he and Elwood tear out of the concrete tunnel.
ジェイク、謎の女を投げ捨てて尻餅をつかせ、2人は簡単にコンクリートのトンネルから出て行く。


ELWOOD: Take it easy.
エルウッド:怒らないでくださいね。

==============================

…初めて見た時から子ども心にひどいシーンだと思ってきたけれど、いま見直して改めて思う。最低のシーンだ。さっさと歌詞の翻訳に移りたい。と言ってもこのシーンには歌が出てこないので、例によってアルバム「Briefcase Full of Blues」からのナンバーをお届けします。


The Blues Brothers - I Don't Know

I Don't Know

Sick and tired by the way you do
Good time papa gonna poison you
Sprinkle goofer dust all around your bed
Wake up one of these days, find your own self dead
She said you shouldn't say that

おまえのやり方にはうんざりだ。
麻薬の売人に毒殺されちまうぞ。
ベッドの周りはコナだらけ。
そのうち起きたら死んでたってことになるぞ。
「そんな風に言わないで」と彼女は言った。


I said What did I say to make you mad this time baby?
She said Umm...
I don't know
My oh my oh my
She said I don't know but my baby's holding down

おれは言った。
今度は何がお前をmadにしたんだ。
ベイ……ビィ?
彼女は「んー…」
「わかんない」だとさ。
何てこった。「わかんない」だとさ。
でもとりあえず今のところ
彼女は何とか生きている。


The woman I love has got devil in her jaw
Clothes she's wearing made out of the best of cloth
She can take 'em and wash 'em, put 'em upside a wall
She can throw 'em out a window, pick 'em up a little before the fall
Sometimes I think you got your habits on
She said You shouldn't say that

おれの愛する女は
アゴに悪魔を飼ってるんじゃないかと思うくらい
よくしゃべる。
彼女の着る服は最高級の生地でできている。
彼女はそれを着ては洗っては壁に干す。
その服を窓から放り投げて
落ちる直前に拾うのが得意だ。
時々おれは、うまくやるもんだなって思う。
そしたら「そんな風に言わないで」と彼女は言った。


I said What did I say to piss you off this time baby?
She said Umm...
I don't know, my oh my, I don't know
But my baby's holding down

おれは言った。
今度は何をイライラしてるんだ。
ベイ……ビィ?
彼女は「んー…」
「わかんない」だとさ。
何てこった。「わかんない」だとさ。
でもとりあえず今のところ
彼女は何とか生きている。


My momma told me, my momma sat down and cried
She said you're too young to have as many woman as you got
I looked at my mother dear, didn't even crack a smile
Said If woman don't kill me I don't mind dying

母親はおれに言ったもんだ。
座り込んで涙を流して
そんな風に女を取っかえ引っかえするには
あんたはまだ若すぎるって。
おれはまっすぐ母親を見て
にこりともせずに言ったさ。
女に殺されるなら
死んだってかまわないって。


The woman I love, I want to wait for last
The woman I love, I have all class
Thought I warned you baby, a long time ago
Better watch your step or I'm going to have to let you go
She said you shouldn't say that

おれの愛した女。
終わりを待ちたい心境だ。
おれの愛した女。
おれは気品と教養を兼ね備えた男だぜ。
昔々おれは言ったはずだ。
自分のやることに気をつけろって。
さもなきゃおれは行っちまうぜって。
そしたら「そんな風に言わないで」と彼女は言った。


I said Baby
You know when you bend over I see every bit of Christmas
And when you bend back I'm looking right into the new year

おれは言った。ベイ……ビィ?
お前がちょっとでもちゃんとやる様子を見せたら
クリスマスまでは続くだろう。
そしてお前がおれの言うことを聞くなら
年が明けてもおれたちは一緒にいるだろう。


She said Honey, you know I gave up cigarettes for my new year's resolution
But I didn't give up smoking
I said Woman, you going to walk a mile for a Camel
Or are you going to make like Mr Chesterfield and satisfy?

彼女は言った。
「いい?私は新年の誓いでタバコをやめることに決めたのよ。まだやめられてないけど」
おれは言った。
じゃあお前てくてく歩いてキャメルさんのところにでも行ってこいよ。
それともチェスターフィールドさんみたいな男なら満足なのかい?


She said That all depends on what your packing
Regular or kingsize
Then she pulled out my Jim Beam, and to her surprise
It was every bit as hard as my Canadian Club
I said What now you got to say baby?
She said Umm...

彼女は言った。
「タバコにはレギュラーとキングサイズとあるけれど、あんたのはどうなのかしらね。まあ、それ次第ね」
そんでもって彼女はおれのジムビームを開けて
彼女が驚いたことには
それはおれのカナディアンクラブに負けないくらいの強さだった。
おれは言った。「感想は?」
彼女「んー…」


I don't know
My oh my oh my
I don't know
But my baby's holding down

「わかんない」だとさ。
何てこった。「わかんない」だとさ。
でもとりあえず今のところ
彼女は何とか生きている。


Willie Mabon - I DON'T KNOW

=翻訳をめぐって=

  • オリジナルはかなり古くて、ウィリー・マボーンという人が1952年にヒットさせた曲なのだとのこと。レコードジャケットの写真にも書かれているように、ウィリーさんはこの曲のおかげで「Mr. I don't know」と呼ばれていたらしいのだけど、こんな有難くないニックネームがあるだろうか。呼ぶ方も呼ぶ方だが呼ばせる方も呼ばせる方だと思う。
  • Good time papa…辞書にない言葉だったけど、good time manは麻薬の売人という意味なので、たぶん同じである。
  • madは「精神病者」に対する差別表現です。ここでは原文をそのまま転載しました。
  • My oh my oh my…「いやはや」とか「まったく」という意味だと思う。
  • my baby's holding down…hold downには「抑制する」という意味と「職に就いている」「仕事が続いている」という意味がある。ここでは「命が続いている」=「何とか生きている」という訳し方をしたけれど、単に麻薬やタバコをいやいや控えているだけ、という表現かもしれない。
  • The woman I love has got devil in her jaw…直訳は「私の愛する女性はそのアゴに悪魔を持っている」。jawには「お喋り」という意味もあるので上のように訳したけど、正直よく分かりません。
  • The woman I love, I want to wait for last」「The woman I love, I have all class」…正直、全然わかりません。試訳の日本語は意訳と言うより想像訳です。
  • キャメル、チェスターフィールド、いずれもタバコの銘柄。キャメルの場合は「ラクダのところへ」と訳した方が的確かもしれない。
  • ジムビームとカナディアンクラブはウイスキーの名前。このくだりは絶対なにか、えろい話をしているのだが、具体的にどういうことを言ってるのかは全然想像できない。て言っか、それを具体的に想像しようと必死にいろいろ考えている自分の姿というものを客観的に見つめ直してみるとこんなに情けない気持ちになることは他にないのであって、翻訳というのはつくづく難儀な作業だと思う。最低のシーンに最低の歌。何をやってるんだろうという気持ちになってくる。今回の記事に関しては、できれば見なかったことにしてほしいぐらいです。ではまたいずれ。

はじめての方へ(INDEX 現在140曲)

ナギと申します。

海外の歌も日本の歌も大好きなのですが、海外の歌に関しては長年こういう内容だと思い込んでいた歌詞が実は全然ちがった内容だったと言ったような経験が、しょっちゅうあります。

ある時はレコード会社の誤訳のせいだったり、ある時は自分の一知半解に原因があったりするのですが、そういう経験をするたびに思い知らされるのが、自分は今までどれだけ「一人よがりな人生」を送ってきたのだろうかということです。

だからそうした生き方を問い直す意味からも、自分が10代の頃からずっと大好きだったいろいろな歌と、一度あらゆる先入観を捨てて向き合い直してみる必要があるのではないか。と考えたことが、歌詞対訳を始めた理由でした。

そしてそれをブログにしようと思い立ったのは、一人で翻訳した歌詞である限りそれはやっぱり一人よがりな内容にならざるをえないということを、これまたやればやるほど痛感させられずにいられなかったからでした。ですからここで取り上げたひとつひとつの楽曲について、読んでくれるみなさんの力を借りながら「正しいといえる対訳」を完成させていきたいというのが、このブログで私がやりたいことです。

私は自分が書いた文章を読んでくれる人に対しては、一番最初の古い記事から順番に読んでほしいという気持ちを持っているのですが、ブログというのはなぜかそういう仕組みになっていないようで、どう工夫しても古い記事はどんどん、埋もれていきます。これを防ぐためには記事を古い順番で紹介したインデックスを自分で作り、それを常に一番新しい記事としてブログの先頭に掲げ続けるという方法しか、ないみたいです。ですから当面、新しい記事を5つ書くごとにこのインデックスも新しく更新し、古い記事をできるだけ埋もれさせないようにするやり方を取っていきたいと考えています。

それでは、末長いお付き合いをよろしくお願いします。


=============================
翻訳歌詞 各種索引 (7月28日現在)
=============================

=============================

このブログについて

(翻訳記事が3ケタに突入した 2017.7.13.追記)
記事が多くなるにつれ、このブログには独特の専門用語や、翻訳をめぐる各種の「ルール」が、いろいろと増えてきました。いずれも私が「勝手に作ったもの」ではありますが、新しい読者の方には何が何だか分からないことも多いと思います。そういったこのブログのスタイルがどのように作られて行ったかの過程を以下にダイジェストしておきましたので、興味のある方はそちらからお読み下さい。

  • 二人称の訳語の選択基準について。また宗教的な歌詞の翻訳をめぐって:With or Without You (1987. U2)
  • 「自分に都合のいい翻訳」をでっちあげたくなる傾向への戒めとして:神々の詩 (1997.姫神)
  • 内容に対して批判のある歌詞の翻訳をこのブログに掲載することについて: Eve of Destruction (1965. Barry McGuire)
  • 100曲目を迎えて:Sinky-York (1989. Jitterin' Jinn)
  • ブルースブラザーズ特集 開始:Soul Man (1967. Sam & Dave)

=============================
のマークがついているのは、ブログ運営者として歌詞の内容に批判のある楽曲、または好感を持てない楽曲です。
=============================

001〜010

001 The Night They Drove Old Dixie Down もしくは華氏65度の冬 (1969. The Band)
002 Waiting for the sun もしくは自由のスプラッシュ (1970. The Doors)
003 Hateful もしくは憎むべきこと (1979. The Clash)
004 Ruby Tuesday もしくは赤石加代子さん (1967. The Rolling Stones)
005 Strawberry Fields Forever もしくは誰か1人がみんなの見本 (1967. The Beatles)
006 海闊天空 もしくはまた新しい、物語を、生きるよ (1993. Beyond)
007 Мне осталась одна забава もしくはエセーニンとマヤコフスキー (1923. Сергей Есенин)
008 春天里 もしくは願わくは花の下にて春死なむその如月の望月のころ (2009. 汪峰)
009 She もしくはヨシュアの木の下に (1973. Gram Persons)
010 With or Without You もしくはもしくは君なしで (1987. U2)
=============================

011〜020

011 Message in a Bottle もしくは1000ディナールでエッサッサ (1979. The Police)
012 Alasdair Mhic Cholla Ghasda もしくは聖なることば (1989. Capercaillie)
013 Thousands are Sailing もしくは涙にむせぶ人形たち (1988. The Pogues)
014 Greetings to the New Brunette もしくは彼氏によろしく (1986. Billy Bragg)
015 Goodbye Yellow Brick Road もしくはもういちど抱きしめて (1973. Elton John)
016 The Riddle もしくは木枯らしに抱かれて (1984. Nik Kershaw)
017 夢中人 もしくは Dreams (1994.王菲)
018 Nothing Rhymed もしくは間違う権利 (1970. Gilbert O'sullivan)
019 Video Killed the Radio Star もしくはラジオスターの悲劇 (1979. The Buggles)
020 And It Stoned Me もしくは終わった後でよくあるように (1970. Van Morrison)
=============================

021〜030

021 The Unfaithful Servant もしくはおじぎなんかはやめようぜ (1969. The Band)
022 (Sittin' on) The Dock of the Bay もしくはおーてぃすがった、ふぃーりん (1968. Otis Redding)
023 Catfish Blues もしくは私の沼 (1950. Muddy Waters)
024 Voodoo Child (Slight Return) もしくは手刀で山をまっぷたつ (1968. Jimi Hendrix)
025 Top of the World もしくは有頂天 (1973. The Carpenters)
026 神々の詩 もしくは捏造された言語 (1997.姫神)
027 Beyond the Century もしくは人工の言語 (1999. Adiemus)
028 白虎野の娘 もしくは解釈を拒む言語 (2006. 平沢進)
029 何をくよくよ川端柳 もしくは明日の風が吹く (1862. 坂本龍馬)
030 Watching the River Flow もしくは水の流れを見て暮らす (1971. Leon Russell)
=============================

031〜040

031 Save the Last Dance for Me もしくはラストダンスは私に (1960. The Drifters)
032 勧酒 もしくはさよならだけが人生だ (9世紀 于武陵)
033 You Can't Always Get What You Want もしくは「いくら泣いても叫んでも、決して奇跡は起こらない、そんな歌を」 (1968. The Rolling Stones)
034 Eve of Destruction もしくは東の空が燃えてるぜ (1965. Barry McGuire)
035 A World Without Love もしくはあの時ビートルズは危うかったらしいぜ (1964. Peter & Godon)
036 The End of the World もしくは世界の終わり (1962. Skeeter Davis)
037 No Woman, No Cry もしくはすべてはオーライ (1974. Bob Marley and the Wailers)
038 (White Man) In Hammersmith Palais もしくはハマースミス・パレスの白人 (1978. The Clash)
039 Reach Out I'll Be There もしくは君の心がわかるとたやすく誓える男に (1966. Four Tops)
040 紅日 もしくはそれが一番大事 (1992. 李克勤)
=============================

041〜050

041 Whiskey in the Jar もしくは父ちゃんのためならえんやこら (1972. Thin Lizzy)
042 My Irish Molly O もしくはモリーに首ったけ (1978. De Dannan)
043 Ob-La-Di, Ob-La-Da もしくは明るい南の街のモリー(1968. The Beatles)
044 Across the Great Divide もしくは大分水嶺モリー (1969. The Band)
045 Minnie the Moocher もしくはオリオンへの道 (1931. Cab Calloway)
046 東方的威風 もしくはホトトタイマホー (1983. 成龍)
047 Gasoline Alley もしくは帰ろうおいらが生まれたあの油小路へ (1970. Rod Stewart)
048 Don't Let Me Be Misunderstood もしくは悲しき願い (1964. Nina Simone)
049 Those were the Days もしくは悲しき天使 もしくはДорогой длинною (1968.Mary Hopkin)
050 風にハーモニカ もしくは50曲目にあたって (1995. Heatwave)
=============================

051〜060

051 We Are the World もしくはごく限られたその一部 (1985. USA for Africa)
052 Sun City もしくはマイルス・デイヴィスの7分03秒 (1985. Artists United Against Apartheid)
053 Who'll Stop the Rain もしくは Have You Ever Seen the Rain (1970. CCR)
054 King of Pain もしくは傷つき王におれはなる (1983. The Police)
055 Broken Arrow もしくは永遠行きのブラスターで (1967. Buffalo Springfield)
056 Helpless もしくは孤立無援の唄 (1970. Crosby, Stills, Nash & Young)
057 Evangeline もしくは新世紀に聞く歌として (1976. Emmylou Harris)
058 Coyote もしくは自由な自由なフリーウェイの囚人の恋人 (1967. Joni Mitchell)
059 Further On Up The Road もしくは 待つわ (1975. Eric Clapton)
060 Long Black Veil もしくは愛か友情か もしくは愛と友情と (1995. The Chieftains feat. Mick Jagger)
=============================

061〜070

061 It Makes No Difference もしくは同じことさというのと何も変わらないさというのは同じではないと思う (1975. The Band)
062 Who Do You Love もしくは をまへは誰に恋してる (1956. Bo Diddley)
063 Such a Night もしくはドアをノックするのは誰だ? (1973. Dr.John)
064 Down South in New Orleans もしくは夢の中 雲の上 (1976. Bobby Charles)
065 Buckets of Rain もしくはアイデン&ティティ24歳 (1974. Bob Dylan)
066 Hoggy Warty Hogwarts もしくはホグワーツ魔法魔術学校校歌 (1997. J.K.Rowling)
067 Acadian Driftwood もしくはエバーラスティングサマーはイルコンテンツ (1975. The Band)
068 500 miles もしくは810km: 東京〜広島間に相当 (1964. Peter Paul & Mary)
069 Kilkelly もしくは案山子 3300マイル (1988. Moloney, O'Connell & Keane)
070 Somewhere in America もしくは世界の半分だけ離れて (1992. Eric Bogle)
=============================

071〜080

071 2000 Light Years From Home もしくは風ぐるま (1967. The Rolling Stones)
072 2000 Light Years Away もしくはマラカイトって何やねん (1992. Green Day)
073 From a Distance もしくは茄子や胡瓜の花盛り (1987. Nanci Griffith)
074 Starman もしくはマザー2に出てきたあの悪いひと(1972. David Bowie)
075 Satellite of Love もしくは宇宙をめぐる愛と言うか執着と言うか (1972. Lou Reed)
076 Bad もしくはマレットと学ラン (1984. U2)
077 Another Brick in the Wall partⅡ もしくは ひきにくにしてやんよ (1979. Pink Floyd)
078 A Taste of Honey もしくは他人の不幸 (1963. The Beatles)
079 美麗新香港 もしくは しゃんがん にーめんはお (2014. My Little Airport)
080 Know Your Enemy もしくはアメリカンドリームな人たちにはみんな死んでほしいねって昔そういえば宮本浩次が言ってたっけ (1992. Rage Against the Machine)
=============================

081〜090

081 More Than This もしくは第三舞台が始まるよ (1982. Roxy Music)
082 夜雨寄北 もしくはチンウェンクイチーウェイヨウチー (9世紀. 李商隠)
083 Englishman in New York もしくは25歳と364日 (1987. Sting)
084 Seventeen もしくは やさしいから好きなんだ (1977. Sex Pistols)
085 Saturday Night もしくは そとでな (1976. Bay City Rollers)
086 Louisiana mama もしくは誰がカバやねんロックンロールショーのこと (1961. Gene Pitney)
087 Summertime Blues もしくは気がついたようだね 新聞部 (1970. The Who)
088 Gloria
もしくはヴァンモリソンとジムモリソンとニューヨークのクイーンと (1964. Them)
089 Get It On もしくはマークボランの言うことにゃ (1971. T.Rex)
090 Summertime もしくは100曲まであと10曲 (1968. Janis Joplin)
=============================

091〜100

091 Stairway to Heaven もしくはカウントダウン 開始 (1971. Led Zeppelin)
092 Knockin' on Heaven's Door もしくはさよならビリー・ザ・キッド (1991. Guns N' Roses)
093 The Boys of Summer もしくは僕ら今はしゃぎすぎてる夏の子どもさ (1984. Don Henley)
094 Pretty Maids All in a Row もしくはフェイドインで始まりフェイドアウトで終わるのが人生といふものなのでせうね (1976. The Eagles)
095 Yes, the River Knows もしくは「信じてほしい」とジムモリソンが言った (1968. The Doors)
096 London Calling もしくは何処かでオオカミが哭いている (1979. The Clash)
097 London's Burning もしくはキャッホー医者や警察やー (1977. The Clash)
098 Sunday Bloody Sunday もしくは1972年1月30日 (1983. U2) もしくは (1972. John Lennon) もしくは (2004. The Wolfe Tones)
099 This is a Rebel Song もしくは たたかいのうた (1997. Sinéad O'Connor)
100 Sinky-York もしくは100曲目を迎えて (1989. Jitterin' Jinn)
=============================
=============================

101〜120

101 艷光四射 もしくは さんゆーりゅんさい やうつぉんざっきゃむ -生於乱世 有種責任- (2005. 何韻詩)
102 Give Me Up もしくは きみは (1986. Michael Fortunati)
103 Love in Vain もしくは伊藤比呂美さんの翻訳を通じて① (1937. Robert Johnson)
104 Daydream Believer もしくは伊藤比呂美さんの翻訳を通じて② (1967. The Monkees)
105 Piano Man もしくはラプソディ (1973. Billy Joel)
106 Good Times もしくは いつも元気 (1964. Sam Cooke)
107 Turkey In The Straw もしくは あんまりあなたが好きなので (19世紀. American Folk Song)
108 Красный сарафан もしくは赤いサラファン (19世紀. Russian Folk Song)
109 Soul Man もしくはブルースブラザーズ特集 開始 (1967. Sam & Dave)
110 Somebody Loan Me A Dime もしくはブルースブラザーズ特集#0 (1967. Fenton Robinson)
=============================

111〜120

111 She Caught the Katy もしくはブルースブラザーズ特集#1 (1968. Taj Mahal)
112 Shake Your Moneymaker もしくはブルースブラザーズ特集#2 (1961. Elmore James)
113 The Old Landmark もしくはブルースブラザーズ特集#3 (1980. James Brown)
114 Soothe Me もしくはブルースブラザーズ特集#4 (1966. Sam & Dave)
115 Hold On, I'm Coming もしくはブルースブラザーズ特集#5 (1966. Sam & Dave)
116 I Can't Turn You Loose もしくはブルースブラザーズ特集#6 (1965. Otis Redding)
117 Peter Gun Theme もしくはブルースブラザーズ特集#7 (1959. Henry Mancini)
118 Let The Good Times Roll もしくはブルースブラザーズ特集#8 (1946. Louis Jordan)
119 Frederic もしくは幕間 (1979. Patti Smith Group)
120 Time After Time もしくは幕間その2 (1984. Cyndi Lauper)
=============================

121〜130

121 Quando, quando, quando もしくはブルースブラザーズ特集#9 (1962. Tony Renis)
122 Just the Way You Are もしくはブルースブラザーズ特集#10 (1977. Billy Joel)
123 Hey Bartender もしくはブルースブラザーズ特集#11. (1961. Laurel Aitken)
124 Messin' with the Kid もしくはブルースブラザーズ特集#12 (1960. Junior Wells)
125 Boom Boom もしくはブルースブラザーズ特集#13 (1961. John Lee Hooker)
126 Think もしくはブルースブラザーズ特集#14 (1968. Aretha Franklin)
127 Shake Your Tail Feather もしくはブルースブラザーズ特集#15 (1980. Ray Charles)
128 Human Nature もしくは幕間その3 (1983. Michael Jackson)
129 Boogie Chillun もしくはブルースブラザーズ特集#16 (1948. John Lee Hooker)
130 Gimme Some Lovin' もしくはブルースブラザーズ特集#17 (1966. The Spencer Davis Group)
=============================

131〜140

131 Rawhide もしくはブルースブラザーズ特集#18 (1958. Frankie Reine)
132 Stand By Your Man もしくはブルースブラザーズ特集#19 (1968. Tammy Wynette)
133 (I Got Everything I Need) Almost もしくはブルースブラザーズ特集#20 (1974. Downchild Blues Band)
134 Rubber Biscuit もしくはブルースブラザーズ特集#21 (1958. The Chips)
135 I'm Walkin' もしくはブルースブラザーズ特集#22 (1957. Fats Domino)
136 All You Need Is Love もしくは幕間その4 (1967. The Beatles)
137 Ghostbusters もしくは幕間その5 (1984. Ray Parker Jr.)
138 Shotgun Blues もしくはブルースブラザーズ特集#23 (1974. Downchild Blues Band)
139 Groove Me もしくはブルースブラザーズ特集#24 (1970. King Floyd)
140 Everybody Needs Somebody To Love もしくはブルースブラザーズ特集#25 (1964. Solomon Burke)
=============================

Sweet Home Chicago もしくはブルースブラザーズ特集#26 (1936. Robert Johnson)


  • バンドが「スイートホーム・シカゴ」を演奏する中、ブルース・ブラザーズはひそかにステージを抜け出し、孤児院を救うため、シカゴに向かう。

SCENE 300
Location: THE STAGE - IN CONCERT - THE BLUES BROTHERS

JAKE Thank you. That was for Wilson Picket. This is dedicated to the great Magic Sum.
ジェイク:ありがとう、今のはウィルソン・ピケットに捧げる曲でした。次の曲は偉大なマジック・サムに捧げます。

The group launches into their second number, "Sweet Home Chicago."
バンドは二曲目の"Sweet Home Chicago."を演奏しはじめる。




…ト書きは若干説明不足だが、この曲の最中にステージ上のブルースブラザーズと観客席のマーサー(警察責任者)が目を合わせる描写がある。2人はそこで一刻も早くステージを離れなければ逃げられなくなることを悟り、ブギウギを踊りながら一旦ソデに引っ込むのである。


ジョン・キャンディ - Wikipedia

Jake and Elwood dance the boogie-woogie with each other to the delight of the audience. Half way through the sweet Home Chicago Jake and Elwood go off back stage.
ジェイクとエルウッドは観客のためにブギウギを踊りながら、曲の途中でバックステージに抜け出す。


Before he and Jake can get away, the tremendous man puts his arms around both of them.His name is Klenfner.
ジェイクとエルウッドが逃げようとしているところで、2人の肩をつかんだ大柄な人物がいる。彼の名前はクレンフナーである。




JAKE: It looks like the Mafia is out there.
ジェイク:何だ、ここにはマフィアまでいるのか?

KLENFNER: You guys are great! Hot! Insane! I want to record you!
クレンフナー:お前たち、すごいよ!熱いよ!Insaneだよ!おれはお前たちのレコードを作りたい。
…Insaneは「精神病者」に対する差別語です。ここでは原文をそのまま転載しました。

JAKE: Bullshit!
ジェイク:ふざけんな。

KLENFNER: I don't bullshit. I run Clarion Records... the largest recording company on the eastern sea board..
クレンフナー:ふざけてなんかいない。私はクラリオン・レコードの経営者だ。東海岸で一番大きいレコード会社だぞ。

JAKE: So what?
ジェイク:だから何だ?

He pulls an envelope out of his pocket.
クレンフナー、ポケットから封筒を取り出す。


KLENFNER: Here! Here's ten thousand in cash. An advance on your first recording session. Is it a deal?
クレンフナー:どうだ!現金で1万ドルある。これでお前らの最初のレコーディングセッションの前金というわけに行かないか?

JAKE:Yeah, sure it's a deal.
ジェイク:…行く。

Elwood: Yeah, yeah, sure.. sure it's a deal. Ah listen all these cops out here they're sorta waiting for us. We gotta get outta here without nobody seeing us. Do you know a back door outta this place?
エルウッド:行く。行くよ。あー…ところで聞いてくれないか。外に警官がいっぱいいるだろ。おれたちのことを待ってるみたいなんだ。誰にも見られないようにここから出て行かなくちゃ行けないんだけど、あんた、裏口か何か知らないかい?

KLENFNER: Sure. I used to be head bouncer here back in 70s. There's an electrical service trapdoor right behind your drummers riser.
クレンフナー:もちろん。おれは70年代にここの警備員の責任者だったんだ。ステージのドラマーが座ってるところの後ろに、電気工事用の落とし戸があるぜ。

He offers his hand. Jake shakes it and takes the envelope. He opens it and removes half the money, handing it back to Klenfner. The rest he shoves in his pocket.
クレンフナー、手を差し出す。ジェイク、その手を握り、封筒を受け取る。ジェイクはそれを開けて半分をクレンフナーに渡し、残りを自分のポケットに突っ込む。


JAKE: Listen, Do us a favor. Give fourteen hundred to Ray at Ray's Music Exchange in Calumet City. Give the rest the band.
ジェイク:聞いてくれ。頼みがある。キャルメット・シティのレイの楽器店の店主に1400ドル渡してくれ。残りはバンドメンバーにわけてやってくれ。

KLENFNER: You got it.
クレンフナー:了解だ。
…「I got it」:相手の言ったことを理解できた時の「分かりました」で、「You got it」:相手の頼み事や依頼を承諾する時の「了解しました」。私は、知りませんでした。

The band continues "Sweet Home Chicago", Jake doing a blistering vocal and Elwood a spirited harp solo. As The Colonel steps out into the spotlight for a magnificent guitar riff, Jake and Elwood duck behind the drums. Willie gives them a thumbs-up signal and they disappear through the trap door.Camera: CUT TO
バンドは"Sweet Home Chicago"の演奏を続けている。ジェイクは激しいボーカルをとり、エルウッドは霊が乗り移ったようなハーモニカのソロを聞かせる。カーネルがスポットライトの中に進み出て最高のギターソロを鳴らしている中、ジェイクとエルウッドはドラムセットの裏側にかがみこむ。ウィリーが親指をあげてみせ、2人は落とし戸の中に消える。


SCENE 301
Location: REAR OF BALLROOM

OFFICER #2: Something's wrong.
警官2:何かおかしいぞ。

MERCER: Where's Jake?
マーサー:ジェイクはどこだ?

Camera: CUT TO
SCENE 302
Location: TUCKER MC ELROY

TUCKER: Where'd those Blues Brothers go?
タッカーブルース・ブラザーズはどこに行ったんだ?

The band continues its soulful music.(NOTE: The band is playing "Sweet Home Chicago." This version continues over the entire following chase sequence.)Camera: CUT TO
バンドはソウルフルな演奏を続けている。(注:曲は"Sweet Home Chicago"。この曲はこのシーンの間中、流れ続けている)


==============================


Blues Brothers - Sweet Home Chicago

Sweet Home Chicago

Come on
Oh baby don't you wanna go
Come on
Oh baby don't you wanna go
Back to that same old place
Sweet home Chicago

おいで。
お前も行きたくないか。
おいで。
お前も行きたくないか。
昔と何も変わらないふるさと。
なつかしいシカゴへ。


Come on
Baby don't you wanna go
Hidehey
Baby don't you wanna go
Back to that same old place
Oh sweet home Chicago

おいで。
お前も行きたくないか。
なあなあ。
お前も行きたくないか。
昔と何も変わらないふるさと。
なつかしいシカゴへ。


Well, one and one is two
Six and two is eight
Come on baby don't ya make me late
Hidehey
Baby don't you wanna go
Back to that same old place
Sweet home Chicago

えー、いちたすいちはにで
ろくたすにははちだ。
おいでよベイビー。
遅れちまうよ。
なあなあ。
お前も行きたくないか。
昔と何も変わらないふるさと。
なつかしいシカゴへ。


Come on
Baby don't you wanna go
Back to that same old place
Sweet home Chicago


Six and three is nine
Nine and nine is eighteen
Look there brother baby and see what I've seen
Hidehey
Baby don't you wanna go
Back to that same old place
Sweet home Chicago

6+3は9で
9+9は18だ。
あそこを見ろよブラザー
ベイビー。
おれが見たものを見てくれよ。
なあなあ。
お前も行きたくないか。
昔と何も変わらないふるさと。
なつかしいシカゴへ。


Oh come on
Baby don't you wanna go
Come on
Baby don't you wanna go
Back to that same old place
Sweet home Chicago


Sweet Home Chicago

=翻訳をめぐって=

  • 曲紹介でジェイクはこの曲を「マジック・サムに捧げる」と言っているけれど、この曲を最初に録音して世に広めた人は「巨人」ロバート・ジョンソンその人なので、このブログではそちらの名前で取りあげることにした。マジック・サムのバージョンも、めちゃめちゃかっこいい。一番有名なのはエリック・クラプトンのバージョンかもしれないけれど、とにかく数え切れないくらいの人にカバーされている名曲である。


Magic Sam - Sweet Home Chicago (Good Quality)

  • この曲に関するトリビア、と言ったら苦労して調べた人に対して失礼にあたるのかもしれないけれど、興味深い事実を教えてくれるサイトを見つけたので、ブックマークしておきました。

www.tapthepop.net

  • 「地名の謎」もさることながら、この曲に関する一番の謎はどうして何回も「足し算」が出てくるのかというところにあるのではないかと思うのだけど、こちらはいくら調べてもハッキリしたことは分からなかった。考察しているサイトもないことはないけれど、あまりにこじつけ的な解釈だったので、紹介する気にはなれない。
  • Look there brother baby and see what I've seen…映画ではここでエルウッドが観客席のマーサーを見つけ、ジェイクに注意をうながす。そのためのアドリブの歌詞なので、文字だけ読むと少しわかりにくいことになっている。

…残すところはあと5回となりました。続きます。

Everybody Needs Somebody To Love もしくはブルースブラザーズ特集#25 (1964. Solomon Burke)


SCENE 293
Location: EXT. PALACE HOTEL BALLROOM - PARKING LOT - NIGHT
Elwood stops by Tucker's Winnebago and opens the car door. From his briefcase he removes a can that says "Air Grade Marine Epoxy."
エルウッド、タッカーのウィネバーゴのそばで立ち止まり、車のドアを開ける。ブリーフケースから缶を取り出す。ラベルには「エアグレード(会社名?)海洋性エポキシ樹脂」と書いてある。


JAKE: (exasperated) Now what the hell are you doing?
ジェイク:(イライラしながら) 今度は何やってるんだ?

ELWOOD: (spraying the gas pedal of the pickup) This is glue… strong stuff.
エルウッド:(トラックのアクセルペダルにスプレーしながら) こいつは接着剤だ。強力なやつだ。

Jake grabs Elwood by the collar.
ジェイク、エルウッドの襟をつかむ。


JAKE: Will you come on!?!
ジェイク:行く気あるのか!?



SCENE 299
Location: REAR OF BALLROOM

OFFICER #1: Okay,let's take them
警官1:よし。やつらを探すぞ。

Burton Mercer stops them.
バートン・マーサーがそれを止める。


MERCER: Wait a minute. I've never heard these boys sing. Alright?
マーサー:まあ待て。おれはあいつらが歌うのを見たことがない。そうだろ?

OFFICER #2: All right, they're not going anyplace.
警官2:分かりました。どのみちやつらは逃げられませんからね。

MERCER: Alright. Cover all exits. Let's go. Come on hurry up. Move it.
マーサー: その通り。すべてを監視下に置け。行くぞ。いい席に急ごう。

Camera: CUT TO
SCENE 294
Location: INT. PALACE HOTEL BALLROOM - CURTIS' P.O.V. - N
Curtis can see past the applauding crowd to the back of the hall as it fills with police officers.
カーティス、拍手している観衆の後ろが警官でいっぱいになっているのに気づく。


CURTIS: (to crowd) The stars of our revue will be here in just a minute
カーティス:(観衆に) 本日のスターが間もなく到着いたします。

Camera: CUT TO
SCENE 295
Location: EXT. PALACE HOTEL BALLROOM - WALL - NIGHT
Jake is boosting Elwood up through an open frosted wire glass window.
ジェイク、網入りのすりガラスの窓をくぐり抜けようとしているエルウッドを、急かしている。


SCENE 295-A
Location: INT. WOMEN'S WASHROOM - NIGHT
Jake and Elwood drop down into the room, tip their hats politely to the startled women as they make their way quickly out.
ジェイクとエルウッドが飛び降りた場所は女子トイレ。2人は驚いて悲鳴をあげる女性たちの前で丁寧に帽子を払い、飛び出してゆく。


ELNOOD: Excuse us.
エルウッド:失礼します。

JAKE: Good evening ladies.
ジェイク: グッドイブニング、レディース。

…映画ではこの後、席についたマーサーと警官たちの以下のシーンが挟まれる。

MERCER: (to Troopers) Who wants an orange whip? orange whip? orange whip? (to a nearby officer) Three orange whips.
マーサー:(警官たちに) オレンジホイップでいいか?お前も?お前も?オレンジホイップを3つ。
…orange whipとは、ラムベースにオレンジジュースとクリームをあしらったカクテルなのだそうです。

…なぜか人気のあるシーンらしく、こんな柄のTシャツが売られているのをみつけました。

SCENE 296
Location: INT. PALACE HOTEL BALLROOM - CURTIS - NIGHT
is on stage.
ステージにはカーティスが立っている。


SCENE 297
Location: CURTIS' P.O.V.
Jake and Elwood are running toward the stage.
ジェイクとエルウッドがステージに向かって走ってくるのが見える。


CURTIS: (big smiles) And now, ladies and gentlemen, it is the distinct pleasure of the management to present the evening's star attraction. For your listening and dancing participation and enjoyment, tonight on this stage, it will be my privilege to give you one of the world's last living, working rhythm and blues reviews. Here they are, back after their exclusive three-year tour of Europe, Scandinavia and the sub-continent. Won't you please welcome from Calumet City, Illinois, the show-band of Joliet Jake and Elwood Blues, The Blues Brothers.
カーティス:(とびきりの笑顔で) それでは、レディース&ジェントルメン、今宵のスターのアトラクションをマネージメントできることは格別の喜びであります。皆様がたの歌と踊りの楽しみのために、今夜このステージに、世界で最も生き生きしたリズム&ブルースのレヴューを提供できますことは、私の誇りとするところであります。ご紹介しましょう。ヨーロッパ、スカンディナヴィア、インド亜大陸をめぐる3年間のツアーから戻ったばかりの彼ら。どうぞ歓迎してやって下さい。イリノイ州はキャルメット・シティからやって来たショーバンド、ジェイクとエルウッドのブルース・ブラザーズです!



The band goes right into The Blues Brothers entrance music. Jake and Elwood stride right on stage and do their unlock the briefcase bit. Jake ends with his cartwheel.Camera: CUT TO
バンド、ただちにブルースブラザーズの入場曲(I can't turn you on loose)の演奏を始める。ジェイクとエルウッド、大股でステージに上がり、ブリーフケースの手錠を外すいつもの演出を済ませ、ジェイクが派手な側転を決める。(映画では、実際には、宙返り)




SCENE 298
Location: CROWD
A sea of deadpan faces. They are not impressed.Camera: CUT TO
観客席は無表情な顔の海。かれらは全く感動していない。




JAKE: 1, 2, 1, 2, 3 4...

Camera: CUT TO
SCENE 300
Location: THE STAGE - IN CONCERT - THE BLUES BROTHERS
do "Everybody Needs Somebody To Love" to riotous response …they are great. The band is hot. The crowd goes berserk. During the songs we see Jake and Elwood take notice of the number of cops in the hall and the presence of Bob and The Good Ole Boys.
ブルースブラザーズが "Everybody Needs Somebody To Love”の演奏を始めると、たちまちものすごい反応が返ってくる。彼らはすごいのだ。演奏は熱いのだ。観衆はberserkと化す。ジェイクとエルウッドは歌の途中で、ホールのあちこちに警官が配置されており、ボブとグッド・オール・ボーイズも会場に来ていることに気づく。
berserkは「凶暴な戦士」という意味ですが、「精神病者」を差別する言葉として使われることもある単語です。ここでは原文をそのまま転載しました。


==============================

[HD] The Blues Brothers - Everybody Needs Somebody To Love

Everybody Needs Somebody To Love

We're so glad to see so many of you lovely people here tonight, and we would especially like to welcome all the representatives of Illinois' Law Enforcement Community who have chosen to join us here in the Palace Hotel Ballroom at this time. We do sincerely hope you'll all enjoy the show, and please remember people, that no matter who you are, and what you do to live, thrive and survive, there are still some things that make us all the same. You, me, them, everybody, everybody.
(エルウッド)
今晩はここでみなさんのようなラブリーな人たちにお会いできてとてもうれしいです。とりわけ今宵このパレスホテルのダンスホールで私たちと共に過ごすことを選択されたイリノイ州の法律執行機関の方々のご来臨を熱く歓迎申し上げます。みなさんがショーを楽しんでくださることを心より願っておりますと同時に、みなさん。覚えておいてください。あなたが誰でも、どんな仕事をして暮らしていても、景気のいい人も生きるのがやっとの人も、みんなを同じ人間にしてくれるものがこの世にはあります。あなたにも。私にも。あの人たちにも。みんなにです。みんなにです。


Everybody needs somebody
Everybody needs somebody to love (someone to love)
Sweetheart to miss
(sweetheart to miss)
Sugar to kiss
(sugar to kiss)

誰にだって
誰かが必要なんだ。
誰にだって
愛する誰かが必要なんだ。
こいしい彼氏や彼女が。
キスしたい恋人が。


I need you you you
I need you you you
I need you you you
In the morning
I need you you you
When my soul's on fire

おれにはきみが
きみが
きみが必要なんだ。
朝起きたらきみに
きみに
きみにいてほしいんだ。
おれの魂が燃えてる時は
きみに きみに
きみにいてほしいんだ。


Sometimes I feel
I feel a little sad inside
When my baby mistreats me
I never never never have a place to hide
I need you

時々すこしだけ
心の中が悲しくなる。
愛する人に冷たくされたら
おれはどこにもどこにも
どこにも居場所がない。
きみが必要なんだ。


Sometimes I feel
I feel a little sad inside
When my baby mistreats me
I never never never have a place to hide


I need you you you
I need you you you
I need you you you
I need you you you
I need you


You know people when you do find that somebody
Hold that woman, hold that man
Love him, please him, squeeze her, please her,
Hold, squeeze and please that person, give 'em all your love
Signify your feelings with every gentle caress
Because it's so important to have that special somebody
to hold, kiss, miss, squeeze and please

(エルウッド)
いいですかみなさん
その誰かを見つけたら
その彼女をあるいは彼氏を
しっかりと抱きしめること。
彼氏を愛し、彼氏を喜ばせ、
彼女を抱きしめ、彼女を喜ばせてあげましょう。
その人をホールド(抱く)して
スクイーズ(抱きしめる)して
プリーズ(喜ばせる)して
すべての愛をその人に与えてあげましょう。
あなたの気持ちをやさしい愛撫で
形にしてあげましょう。
特別な誰かがいるってことは
本当に大切なことなんですから。
ホールドしてキスして
ミス(恋しく思う)して
スクイーズしてプリーズすることができる
誰かがいるってことは本当に大切なことなんですから。


Everybody needs somebody
Everybody needs somebody to love
Someone to love
Sweetheart to miss
Sugar to kiss
I need you you you
I need you you you
I need you you you...


Solomon Burke - Everybody Needs Somebody To Love

=翻訳をめぐって=

言うことなし。先日ビートルズの「愛こそはすべて」で翻訳リクエストを頂いた東京のmonecoさんには、代わりにこの曲をプレゼントしたいと思います。思うぞんぶん幸せになって下さい。ぷわっぱぷぁぷぁぷぁ!ちなみに私はこの「思うぞんぶん」という言葉を、子どもの頃は「思うぞぶんぶん」だと思っておりました!ぶぶんぶぶんぶん!


Wilson Pickett- Everybody needs someone to Love