華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

2017-06-09から1日間の記事一覧

Across the Great Divide もしくは大分水嶺のモリー (1969. The Band)

ここにもモリーである。このブログの第1回目を飾る "Old Dixie Down" が入ったアルバムの最初の曲でありながら、私がずーっと何を歌った曲なのかよく分からずにきた "Across the Great Divide" である。正直言って今でもよくわからない。今から改めて訳そう…

Ob-La-Di, Ob-La-Da もしくは明るい南の街のモリー(1968. The Beatles)

私のつぶらな瞳 何んにも映らない キラキラ輝くガラス そしてしまいに砕け散る ーアンジーの三戸華之助さんが昔うたっていた「オブラディ・オブラダ」の日本語詞。続きを知っている方がいたら教えてください。 モリーという名前には、いったい何があるのだろ…

My Irish Molly O もしくはモリーに首ったけ (1978. De Dannan)

Whiskey in the Jar に出てくるのは悪っるい悪っるいモリーさんだったけど、こちらはステキなステキなモリーさんのことを歌ったアイリッシュ・トラッドである。こちらも古い歌で、アイルランド移民のあいだで歌われていたのが、19世紀半ばにはすでにアメリカ…

Whiskey in the Jar もしくは父ちゃんのためならえんやこら (1972. Thin Lizzy)

今週のお題「家飲み」 自分が出会ってきた世界中の歌をひたすら翻訳しては、出会いの意味を再確認しているこのブログ。「今週のお題」と付き合いはじめて今回で3回目になるのだけれど、なかなかしっくり来る「お題」が回ってこない。今回は「家飲み」をテー…