華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

2017-07-19から1日間の記事一覧

Piano Man もしくはラプソディ (1973. Billy Joel)

スーツケースひとつで ぼくの部屋に ころがりこんで 来てもいいんだぜ Baby ギターケースひとつのぼくのとこで 明日から始めるのさ たった二人の勇気があれば ダイジョブ ダイジョブ きっとうまくやれるさ バンドマン 歌ってよ バンドマン 今夜もまた ふたり…

Daydream Believer もしくは伊藤比呂美さんの翻訳を通じて② (1967. The Monkees)

ラジオで「雨あがりの夜空に」を聞いたのが始めなのだ。<バッテリーはビンビンだぜ>とか、<ブットばそうぜ>とか、なんと直截な表現の、なんとよい音なのだろうと思った。すごいやらしー歌を聞いたと友人にいったら、RCサクセションだと教えられた。 えーと…

Love in Vain もしくは伊藤比呂美さんの翻訳を通じて① (1937. Robert Johnson)

唐突ですが、若いころ、あたしは太宰治に夢中でした。人間失格をトカトントンで晩年しちゃってました。 ー伊藤比呂美「ラヴソング」2004年ー 伊藤比呂美さんの「ラヴソング」という本を読んでいる。10代の頃にRCサクセションの「プリーズ」というアルバムに…