華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

2017-10-25から1日間の記事一覧

Only You もしくはそれはあくまで問題提起であって結論ではないということを肝に銘じなければならないところの歌 (1955. The Platters)

言及した曲については翻訳しなければならないという私の心のルールに従い、この曲も取りあげておくことにしたいと思う。そういうのは色の違うレンガで舗装された歩道を歩く時に「白いレンガだけ踏んで歩かなければ、おれ、死ぬ」と勝手に決めて歩いている子ど…

The Great Pretender もしくは「ふりをする」ことにかけての偉大な人 (1955. The Platters)

前回の曲で「Young Pretender」という歌詞が出てきたのを見た瞬間から、頭の中を回り出して止まらなくなったのがこの曲である。「pretender」=「ふりをする人」。ものすごく「使える」言葉なのに、直接それに対応する日本語が見つからないのは、どうしてなのだろう。…

Honey I'm A Big Boy Now もしくは「おっきな男の子」と「オトナの男」って何がどう違うのかかつ本当に違うの今でも分からない (1986. Billy Bragg)

このかん愛読させてもらっているブログ「ミチコオノ日記」から、今回も画像を使わせて頂いた。私がずっと思い描いてきたこの歌の主人公の青年のイメージに、あまりにもピッタリくる顔をした人だったからである。検索でこのページにたどり着かれた方も含め、衝…