華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

万葉集

万葉集青春ノート 巻第二(相聞)

万葉集青春ノート はじめたきっかけ …上古音とされる音韻での朗読の試み 巻第一 (1〜6) …万葉集に対する複雑な感情についてなど 巻第一 (6〜24) …額田王のこと、三山歌のことなど 巻第一 (25〜44) …柿本人麻呂登場 巻第一 (45〜49) …阿騎野の「かぎろひを観る…

万葉集青春ノート 巻第一 (50〜84)

万葉集巻第一 上古音とされる音韻での朗読の試み 万葉集青春ノート はじめるきっかけ …上古音とされる音韻での朗読の試み 巻第一 (1〜6) …万葉集に対する複雑な感情についてなど 巻第一 (6〜24) …額田王のこと、三山歌のことなど 巻第一 (25〜44) …柿本人麻…

万葉集青春ノート 巻第一 (45〜49)

万葉集巻第一 上古音とされる音韻での朗読の試み 万葉集青春ノート はじめるきっかけ …上古音とされる音韻での朗読の試み 巻第一 (1〜6) …万葉集に対する複雑な感情についてなど 巻第一 (6〜24) …額田王のこと、三山歌のことなど 巻第一 (25〜44) …柿本人麻…

万葉集青春ノート 巻第一 (25〜44)

#2 ← Man'yoshuⅠ → #4 万葉集巻第一 上古音とされる音韻での朗読の試み 奈良県において吉野郡の占める面積は、圧倒的である。県中央部を東西に流れる吉野川の南側は全て「吉野」と呼ばれ、その向こう側はもう「熊野」、すなわち太平洋になる。奈良盆地の子どもた…

万葉集青春ノート 巻第一 (7〜24)

#1 ← Man'yoshuⅠ → #3 万葉集巻第一 上古音とされる音韻での朗読の試み さあ、自分が朗読した「万葉集」の歌の全てに一言ずつコメントを入れて行こうという、勢いで始まったこの試み。「駄作!」とか「しょーもなっ!」とか、最後は本当に一言ずつになってしまう可…