華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Billy Bragg

The Home front もしくは家庭という名の戦線 (1986. Billy Bragg)

The Home front 英語原詞はこちら Father mows the lawn and Mother peels the potatoes Grandma lays the table alone And adjusts a photograph of the unknown soldier In this Holy of Holies, the Home And from the TV an unwatched voice Suggests th…

The Warmest Room もしくはおそらく太陽のあたたかさではない部屋 (1986. Billy Bragg)

刮目の次号を待て! nagi1995.hatenadiary.com The Warmest Room 英語原詞はこちら A rainy afternoon Spent in the warmest room She lay before me and said Yes it's true that I have seen some naked men As she made for the door Leaving me on the f…

The Passion もしくは情熱 (1986. Billy Bragg)

「華氏65度の冬」は、前世紀の終わりに世界にブログというものが生まれてから今までに誰も見たことがなかったタイプの空想絵日記文学作品「ミチコオノ日記」を応援しています。 nagi1995.hatenadiary.com The Passion 英語原詞はこちら The fear of a daughter c…

Wishing The Days Away もしくはダーリンラムネを買ってきて (1986. Billy Bragg)

id:fukaumimixschool さんのブログ「ミチコオノ日記」から、ジャケット画像を頂きました。 nagi1995.hatenadiary.com Wishing The Days Away 英語原詞はこちら On Monday I wished it was Tuesday night So I could wish for the weekend to come On Tuesday I…

Help Save The Youth Of America もしくは友情の歌 (1986. Billy Bragg)

Help Save The Youth Of America 英語原詞はこちら Help save the youth of America Help save them from themselves Help save the sun-tanned surfer boys And the Californian girls 救おう守ろう。 アメリカの若者たちを。 救おう守ろう かれら自身から…

Honey I'm A Big Boy Now もしくは「おっきな男の子」と「オトナの男」って何がどう違うのかかつ本当に違うの今でも分からない (1986. Billy Bragg)

このかん愛読させてもらっている id:fukaumimixschool さんのブログ「ミチコオノ日記」から、今回も画像を使わせて頂いた。私がずっと思い描いてきたこの歌の主人公の青年のイメージに、あまりにもピッタリくる顔をした人だったからである。検索でこのページに…

There Is Power In A Union もしくは権利とただしさの歌 (1986. Billy Bragg)

「権利」ちゅーのんは、「なになにしてもいいこと」とは、違うんです。「なになにするのは人間として正しいことや」ちゅーことが、「権利」なんです。せやから英語では「right」ちゅーんです。「right」ちゅーのんは、「正しいこと」ちゅー意味です。みなさんに「基本的人権…

Levi Stubbs' Tears もしくはリーヴァイ·スタッブスの涙 (1986. Billy Bragg)

Levi Stubbs' Tears 英語原詞はこちら With the money from her accident She bought herself a mobile home So at least she could get some enjoyment Out of being alone No one could say that she was left up on the shelf It's you and me against th…

Ideology もしくは自由の鐘 (1986. Billy Bragg)

このブログではいつも、取りあげる曲のレコードジャケットやそれが収録されているアルバムのジャケットの画像を見出し代わりに使っているのだけれど、同じアーティストの同じアルバムから何曲も翻訳していると、使える写真も底をついてくる。(ヴェルヴェッツ…

Sexuality もしくは性別もしくは性差もしくは性機能もしくは性的特質もしくは性的関心もしくは性的指向もしくは性的能力もしくは性衝動もしくは性欲もしくは性行動もしくは性行為もしくは性的耽溺 (1991. Billy Bragg)

Sexuality 英語原詞はこちら I've had relations with girls from many nations I've made passes at women of all classes And just because you're gay I won't turn you away If you stick around I'm sure that we can find some common ground いろんな…

The Marriage もしくは何て言ったらいいんだ (1986. Billy Bragg)

The Marriage 英語原詞はこちら I understand you needing And wanting is no crime But I can't help feeling That you and your mother are just wasting your time きみにとって必要なんだろうってことは 分かってるよ。 そうしたいと思うのは 別に悪いこ…

Train Train もしくはなぜ2回言う (1986. Billy Bragg)

ビリー・ブラッグの特集を組んでサードアルバムの全訳に挑戦したいということを前回宣言したところ、いつも星を2つつけて行ってくれる複数の読者の方から思いがけなく3つ星をもらえたので、がぜん意を強くしている。ちなみにブログ書きにとってこういう風に「…

Milkman Of Human Kindness もしくは忝のうございますの牛乳屋さん (1983. Billy Bragg)

誰だってみんな 優しい人ばかり だから お早うございますの 帽子屋さん 微笑む時は 誰でも優しい人ばかり だから お早うございますの 帽子屋さん 赤い帽子 紫の帽子 みんなにあげます ひとつずつ ルル…… 笑ってください そして手をつないで =谷山浩子「お早…

A New England もしくは世界の未来とあなたの未来 (1983. Billy Bragg) もしくは (1984. Kirsty MacColl)

男性が自分の歌として作った曲の女性によるカバーを、2回続けて取りあげてきたのだけれど、前々回の記事で herをhisに変えるだけで男の歌が女の歌に変わるのだとすれば、男のやることなすことと女のやることなすことというのは、実は全然違っていないのだろ…

Greetings to the New Brunette もしくは彼氏によろしく (1986. Billy Bragg)

=後日付記= この記事を書いた当初、私はこの歌の意味するところが全く想像できず、形だけの試訳を掲載した上で、「詳しい方がいらっしゃったら教えてください」というメッセージのみを残しておいたのですが、その後半年を経ていろいろと教えて下さる方と出会…