華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Testimony

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #21

#17〜20 ← Testimony → #22 自分が壊した何台目かのクルマの前で、ゴールドディスクをかざしてポーズをとるリチャード ドミニクさんとの結婚式の数日後、ロビーが母親をトロントに送って帰ってニューヨークに戻ってみると、なぜかみんなの雰囲気がピリピリし…

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #17〜20

#13〜16 ← Testimony → #21 モントリオールの街を歩くロビーの結婚相手のドミニクさん 17章から20章までは、ディランとのワールドツアーを終えてからメンバーが揃ってウッドストックに移住し、「ザ·バンド」としてのデビューアルバム「ミュージック·フロム·ビッ…

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #13 〜16

#8 〜12 ← Testimony → #17 1965年8月28日、1万5千人を収容するニューヨークのテニス場、フォレスト·ヒルズ·スタジアムでのサウンドチェック風景。この時が、ロビーとリヴォンがディランのバックを務めた最初のステージだった。 後にザ·バンドとなるホークス…

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #8〜12.

#7 ← Testimony → #13 リヴォン&ザ·ホークスの集合写真。右からロビー、ガース、リチャード、リヴォン、リック。向かって左の二人は、ロニー·ホーキンスからの独立以降もしばらく行動を共にしていたジェリー·ペンファウンド氏とブルース·ブルーノ氏。 ザ·バ…

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #7.

#6 ← Testimony → #8 ロニー·ホーキンスに煽られながら演奏するロビー。右肘が完全に、後年のスタイルだ。 Many southern rockabilly bands had a fondness for uppers-bennies dexies, black beauties, take your pick. "Diet pills" they called them, bec…

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #6.

#5 ← Testimony → #7 最初のバンド「リズム·コーズ」で演奏するロビー 1950年代は「ロックンロールのビッグバン」の時代だったが、アメリカでは60年代初頭には早くもその火は消えかかっていた。ピアニストのスタンは将来の見通しが立たないことからバンドを抜け…

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #5.

#4 ← Testimony → #6 実の父親の兄弟にあたる2人のおじさんと: 向かって左がモリー·クリーガーマン氏。右がネイティ·クリーガーマン氏。 ロビーが生まれて初めて出会った2人のおじ、モリー·クリーガーマン氏とネイティ·クリーガーマン氏は、どちらもトロント…

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #4.

#3 ← Testimony → #5 「カウボーイの図柄が入った最初のギター」とロビー 第4章の冒頭では、ロニー·ホーキンスがフォークソングのアルバムを作ったエピソードが紹介される。いわゆる「フォーク·ムーブメント」が全米に巻き起こる数年前のことであり、ロニーには「…

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #3.

#2 ← Testimony → #4 「Me with my first ax」というキャプションのついたロビーの写真。英語圏のギター弾きの人は、自分の楽器のことをしばしば「ax (斧)」と呼ぶらしい。何か、韓国の人が自分のクルマのことを「エーマ (愛馬)」と呼んでいるのをテレビで見た時と…

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #2.

#1 ← Testimony → #3 ロビーの母親のドリーさんの若かりし頃の写真。ジミー·ロバートソン氏が自分で彩色したらしい。 「Testimony」の第2章は、アーカンソー州のロニー·ホーキンスのもとで新しい生活を始めたロビー少年に、5週間のカナダツアーに出ることが決…

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #1.

#0 ← Testimony → #2 「トロントにて 両親と」というキャプションの入った写真 (自伝より) Stared out that train window into darkness, till I near went stone blind. 列車の窓から暗闇を見つめていた ほとんど何も見えなくなってしまうまで ※ 「blind」とい…

ロビー·ロバートソン自伝「Testimony」読書ノート #0.

最近始めたSNSを通じて、ザ·バンドのギタリストだったロビー·ロバートソンが2016年に「Testimony」というタイトルの自伝を出していたこと、そしてこの秋にはいよいよその日本語訳が発売されるという話だが、何かの事情でそれが繰り返し延期されているらしいと…