華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

The Beatles

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band もしくはドクターペッパーの夢 (1967. The Beatles) ※

何だか最近ビートルズの曲ばかり翻訳しているので、いいかげんビートルズから離れたい気もするのだが、「American Pie」に出てくる歌で特集を組むと決めてしまった以上は、最後までやるしかない。むしろこんな機会でもなければいつ取りあげればいいか分からな…

Helter Skelter もしくはハートのジャックが有罪であることの証拠の歌 (1968. The Beatles)

「American Pie」の4番の歌詞がビートルズのこの曲の名前で始まるのは、1969年の夏にカリフォルニアでこの曲に触発されたとされる連続殺人事件が発生し、それが「音楽が平和に受け容れられていたひとつの時代の終焉」=「音楽の死んだ日」を象徴する出来事として語…

Let It Be もしくはカンカンカンカン晩餐館 (1969. The Beatles)

Now we'd like to do "Hark The Angels Come"という、この曲を紹介するためのジョンの台詞を前回取り上げてしまったもので、結局「Let It Be」まで取り上げないことには収まりがつかなくなってしまった。こんな有名曲をめぐって、歌の背景や何かについて私ごと…

Dig It もしくはこのブログでやってること (1969. The Beatles)

「Dig A Pony」の次には別の曲を予定していたのだけど、同じアルバム「Let It Be」の中に収められている「Dig A Pony」と「Dig It」には私の中でずっと「兄弟曲」みたいなイメージがあるので、「Dig A Pony」を取り上げた以上は「Dig It」も取り上げておかなければ何となく…

Dig A Pony もしくは あれをなにする歌 (1969. The Beatles)

3回前に"With a Little help from my friends"をやった時に一緒にとりあげたついでと言っては語弊があるのだけれど、"Dig A Pony"に関してもこの際、訳しておこうと思う。ずっと前から「ちゃんと」訳してみたいと思っていた曲では、あったのだ。 先日"All Y…

With A Little Help From My Friendsもしくは いん·めもりぃ·おゔ·じょん·べるーし (1969. Joe Cocker)

どうしてリンゴの、と言うかビートルズの曲として紹介しないんだと思われる方がいるかもしれないが、それはブルースブラザーズ特集を終えるにあたって私なりのやり方でジョン・ベルーシを追悼したいという気持ちがあるからである。ジョン・ベルーシという人…

All You Need Is Love もしくは幕間その4 (1967. The Beatles)

ブルースブラザーズ特集は、ジェイクとエルウッドの2人がやっと決まったコンサートの会場に向かう途中でガス欠という緊迫した場面を迎えているわけですが(完全に自業自得という気もするわけですが)ここでまた幕間を挟ませて頂きたいと思います。 IDコール…

A Taste of Honey もしくは他人の不幸 (1963. The Beatles)

今週のお題「テスト」にちなんで、このさい「テースト・オブ・ハニー」も訳しておくことにしよう。このブログも「いっちょまえ」になろうと思ったら、まだ先は長いけど、いずれ最低ビートルズの曲ぐらいはコンプリートしておかなければ、世の人の役に立てる…

Ob-La-Di, Ob-La-Da もしくは明るい南の街のモリー(1968. The Beatles)

私のつぶらな瞳 何んにも映らない キラキラ輝くガラス そしてしまいに砕け散る ーアンジーの三戸華之助さんが昔うたっていた「オブラディ・オブラダ」の日本語詞。続きを知っている方がいたら教えてください。 モリーという名前には、いったい何があるのだろ…

Strawberry Fields Forever もしくは誰か1人がみんなの見本 (1967. The Beatles)

「ビートルズが入ってくるまでは、うちら船木一夫しか聞くもんあれへんかってん。それがラジオでビートルズが流れた次の日ぃから、クラスがいっぺんにビートルズ派と船木一夫派にブワァーッて分かれてん」…小さい頃から母親に、子守唄のように聞かされた物語…