華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Message in a Bottle もしくは1000ディナールでエッサッサ(1979. The Police)

f:id:Nagi1995:20170516103259j:image

 この曲のPVは、世界中のあらゆる歌のPVの中で、私が一番好きな映像かもしれない。ただ演奏しているだけなのだけど、こんなに若さと勢いと、不敵な自信と茶目っ気と、親しみやすさと近寄りがたさと、ダサさとカッコよさでいっぱいに満たされた映像は、他にいまだに見たことがない。ドラムのスチュワート・コープランドの、「落ち着きのなさ」が大好きだ。昔のPUFFYの振り付けみたいな単調な動きをずーっと繰り返してるスティングも、何でそれであんなに自信たっぷりの顔ができるのかは謎だが、好きだ。この頃で既に30代半ばなのに、全く年齢を感じさせないアンディ・サマーズは大好きだ。このバンドが「不仲」で解散したという話を聞くたびに、本当にそれは本当のことなのだろうかと思ってしまう。


The Police - Message In A Bottle

Message in a Bottle

Just a castaway
An island lost at sea
Another lonely day
With no one here but me
More loneliness
Than any man could bear
Rescue me before I fall into despair
ぼくは漂流者
海の真ん中に忘れられた小島
いつもと同じ孤独な日
ぼくの他には誰もいない
およそ人間が耐えられる
限界をこえたさびしさ
絶望に呑み込まれてしまう前に
誰かに助けに来てほしい

I'll send an SOS to the world
I'll send an SOS to the world
I hope that someone gets my
I hope that someone gets my
I hope that someone gets my
Message in a bottle
Message in a bottle
世界にSOSを送るんだ
世界にSOSを送るんだ
誰かに受け取ってほしい
誰かに受け取ってほしい
瓶に入れたぼくの手紙を

A year has passed since I wrote my note
But I should have known this right from the start
Only hope can keep me together
Love can mend your life
But love can break your heart
手紙を書いてから1年が過ぎたけど
ぼくは初めから知っておくべきだったんだ
希望だけがぼくの存在をつなぎとめている
愛は人生を満たしてくれるけど
人の心を傷つけることもある

I'll send an SOS to the world
I'll send an SOS to the world
I hope that someone gets my
I hope that someone gets my
I hope that someone gets my
Message in a bottle
Message in a bottle
Oh, message in a bottle
Message in a bottle

世界にSOSを送るんだ…

Walked out this morning
Don't believe what I saw
A hundred billion bottles
Washed up on the shore
Seems I'm not alone at being alone
A hundred billion castways
Looking for a home
今朝、外に出てみて
自分の見たものが信じられなかった
何千億個もの瓶が
浜辺に打ち上げられていた
孤独なのはぼく一人だけじゃなかったみたいだ
何千億人もの漂流者が
自分の居場所を探している

I'll send an SOS to the world
I'll send an SOS to the world
I hope that someone gets my
I hope that someone gets my
I hope that someone gets my
Message in a bottle
Message in a bottle
Message in a bottle
Message in a bottle

Sending out an SOS(24x)
SOSを送るんだ
SOSを送るんだ…(x24)

この曲の歌詞はとてもわかりやすくて中学生にも解読できるような内容なのだけど、私自身が中学生の時にはわからなかった部分がいくつかあった。このブログは、私が中学生の時に生まれて初めて買った洋楽CDの歌詞カードの和訳がデタラメで、それにだまされつづけてきた屈辱をバネにして始めたものだから、誰に読んでほしいかといえば、中学生の人たちに一番読んでほしい。もっとも、2010年代の中学生でこの曲を聞いているような人がどれくらい存在するのかは、私にはわからない。とはいえ、ネットに上げて検索できるような状態にさえしておけば、誰かの役に立てることは、あると思う。それこそある意味で"Message in a bottle"だと、言って言えないこともない。

Just a castaway

単純な歌詞だけど、このjustをどう訳すかはすごく難しいと思う。「ただの漂流者」と訳することもできるし、「まさしく漂流者」と訳することもできる。副詞としてのjustには「なりゆきで/自然発生的に」という意味もあるから、「気がつけば漂流者」と訳してもおかしくない。問題は、英語世界の人たちはその中の「どれかひとつ」の意味でこの歌詞を聞いているのではないらしいということである。かれらにとっては「justはjust」なのであって、他に言い換えができないからここにはこの言葉が使われているわけだ。そうなると、たくさんある可能な解釈の中からあえてひとつだけを選んで日本語に置き換えるのは、歌の意味をねじ曲げることにつながると思う。それで「ぼくは漂流者」と訳した。

Another lonely day

another=別の/もうひとつの だが、「ありふれた」とか「またいつもの〜」といった意味もある。中学生の時に、どう訳せばいいかわからなかったところ。

I should have known this right from the start

should have 過去分詞=〜しておくべきだった。

それとこのrightについて、「自分にはこの権利があることを知っておくべきだった」としている訳詞を見たことがあるが、"right from the start"はその全体で「最初から、もともとの始めから、そもそも」を意味する熟語である。

A hundred billion bottles

billionが10億だから、その100倍で千億なのだけど、あまり具体的に訳さない方がいい気もする。「数えきれないほどの数」というニュアンスの英語表現でしかないのだから、地球の総人口に何十倍するような数字をそのまま翻訳しても、かえってリアリティに欠けてしまうような気がする。だから、Aはついているけれど、あえてボヤかした方がいいと思って、「何千億」にした。自分が中学生の頃にはこうしたことひとつでいちいち混乱したものなので、ちゃんと書いておくことにする。

f:id:Nagi1995:20170516142108j:image

写真は中国のロックスター崔健(ツイ・ジェン)のデビュー30周年コンサートにスチュアート・コープランドが「超級賓客(スペシャルゲスト)」で登場し、"Message in a Bottle"を共演したことを伝えるネット記事なのだけど、「警察楽隊」の「漂流瓶」という紹介の仕方は、何だかうれしくなってしまう。

最後にタイトルの「1000ディナールでエッサッサ」だけど、これは私がこの歌を初めて聞いた時に聞こえた通りの最後のリフレインの歌詞である。だからこの歌を聞くたびに私の脳裏には、いまだにアラビアの風景が浮かぶ。何が「エッサッサ」なのかそれは知らない。ではまたいずれ。