華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Reach Out I'll Be There もしくは君の心がわかるとたやすく誓える男に (1966. Four Tops)

f:id:Nagi1995:20170607200054j:image

ジョー・ストラマーにはあんなことを言われてしまったけれど、この歌を私は好きである。そりゃ、年とりゃいろんなこと思うけど。まず、エラそーな歌だと思うし、マッチョな歌だとも思う。人の弱みに付け込んでるような歌でもあると思う。アメリカのとある掲示板で、昔はこの歌が好きだったけど、だんだん娘に説教する父親みたいに思えてきて嫌いになった、というコメントがあったのを読み、何だかすごく正しい仕方で大人になった人の意見というものを聞かされた気がした。そう言われてみると、本当にそういう風にしか聞こえなくなってくる。

しかしやっぱりこの歌を、私は好きなのである。ものすごく不吉なイントロの中で、敵の追手の騎馬武者がパカラッパカラッと迫ってくるような、謎の効果音の醸し出す緊張感がたまらないのである。そして歌が始まる瞬間に、リーヴァイ・スタッブ以外の3人が一斉に「んああああっ!」と叫ぶのが大好きなのである。4人が振り向いて、編笠を脱ぎ捨てるのである。そしてなぜか頭の中では、チャンバラが始まるのである。

最初は、苦戦が続くのである。つばぜり合いに追い込まれたリーヴァイ・スタッブが「ダーリン!」と絶叫するのである。このダーリンは「ダーリンラムネを買ってきて」のダーリンとは訳が違うのである。文字通り命がけの叫びなのである。他の3人もそれぞれ苦戦しながら、スタッブを気づかって叫ぶ。

兄ちゃあーん…兄ちゃあーーん…

そしてほどなく、

「1.2.3.ハッ!

と4人が一斉に心を合わせるのである。もーおこうなったら4人に敵う相手はいないのである。勝利の凱歌をあげながら4人はなおも血刀を引っさげて戦いを求め続け、求め続け、求め続けるもんだから結局こういう曲にはフェイドアウトしかありえないのである。

…そんな風にこの曲のどこが好きなのか分析してみて改めて気づいたのだが、歌詞なんか一回もまともに聞いていなかったのだな。この歳になるまで。私は。

そんな臨場感あふれるモータウンのオリジナルの音源がなぜかyoutubeにはひとつも上がっていなかったので、なぜかフランス語の字幕がついているけど、雰囲気が一番レコードと近かったものを紹介させてもらいます。選ぶのにえらく時間がかかりました。はい。


The Four Tops - (1966) Reach Out I'll Be There (Sous Titres Fr)

Reach Out I'll Be There
手をのばせ 僕はそこにいる

Now if you feel that you can't go on
(can't go on)
Because all of your hope is gone
(all your hope is gone)
And your life is filled with much confusion
(much confusion)
Until happiness is just an illusion
(happiness is just an illusion)
And your world around is crumbling down, darlin'
もし 君がもうダメだと感じているなら
全ての希望をなくして そう感じているなら
そして君の人生が混乱でいっぱいになってしまったなら
幸せまでただの幻想に思えてくるぐらい混乱してしまったなら
そして君の周りの世界が崩れ落ちるのを感じているなら
ダーリン

 

(Reach out)
Come on girl reach on out for me
(Reach out)
Reach out for me
(手をのばせ)
おいで 僕に向かって手を伸ばすんだ
(手をのばせ)
僕に向かって手を伸ばすんだ

 

Hah!
I'll be there with a love that will shelter you
I'll be there with a love that will see you through
覇!
僕はそこにいる 君を包む愛と共に
僕はそこにいる 最後まで君を見守る愛と共に

 

When you feel lost and about to give up
(to give up)
'Cause your best just ain't good enough
(just ain't good enough)
And your feel the world has grown cold
(has grown cold)
And your drifting out all on your own
(drifting out on your own)
And you need a hand to hold, darlin'
君が負けを感じ あきらめかけている時
ベストを尽くしても届かなくて そう感じている時
そして世界がどんどん寒くなっていくのを感じる時
そしてひとりでふらふらとさまよっている時
そして誰かの手を握ることを君が必要としている時

 

(Reach out)
Come on girl reach on out for me
(Reach out)
Reach out for me
(手をのばせ)
おいで 僕に向かって手を伸ばすんだ
(手をのばせ)
僕に向かって手を伸ばすんだ

 

I'll be there to love and comfort you
And I'll be there to cherish and care for you
僕はそこにいる 君を愛し君を癒すために
そして僕はそこにいる 君をいとおしみいつくしむために

 

(I'll be there to always see you through)
(I'll be there to love and comfort you)
僕はそこにいる 君を最後まで見守るために


I can tell the way you hang your head
(hang your head)
You're not in love now, now you're afraid
(you're afraid)
And through your tears you look around
(look around)
But there's no peace of mind to be found
(no peace of mind to be found)
I know what your thinking
You're a loner, no love of your own, but darling
君がなぜうつむくのか僕にはわかる
君は今 愛の中にいない そして恐れている
涙にぬれた目で自分の周りを見ても
心の平和は見つからない
君の考えていることが僕にはわかる
君は孤独が好きだと思ってるんだろう
自分には愛がないと思ってるんだろう
でも ダーリン

 

(Reach out)
Come on girl reach out for me
Reach out, just look over your shoulder
(手をのばせ)
おいで 僕に向かって手を伸ばすんだ
手を伸ばせ 肩越しに振り向くだけでいい

 

I'll be there to give you all the love you need
And I'll be there you can always depend on me
I'll be there
僕はそこにいる 君に必要な愛をすべて捧げるために
そして僕はそこにいる 君はいつでも僕を頼りにしていい
僕はそこにいる

 

=翻訳をめぐって=

  • 1番の最初の ifと2番の最初の whenは、「ダーリン」に至るまでずっとかかり続けている。
  • Reach out : 手を伸ばす/手をさしのべる。最初のコーラスの後で reach on out と言っているのは、たぶん「勢い」か「言い間違い」で、reach on という言葉はどの辞書にもない。
  • drifting out : drift out は「もとあった場所からゆっくりと移動すること」と英英辞典にはあった。
  • loner : 孤独を愛する人/ 一匹狼
  • look over one's shoulder : 肩越しに見る/ 振り返る
  • I'll be there to give you all the love you need…日本人には絶対にこういうことは言えないと思って、半ば日和る形で「捧げる」と訳したのだけど、本人たちは確実に「与える」という気持ちで歌っていると思う。アメリカ的だなあ。


「空と君のあいだに」高橋優 作詞作曲:中島みゆき

…何だか、訳し終えてみると、なぜかこの歌がフォー・トップスへのアンサーソングみたいに思えてきた。本人が歌ってる動画はやはり見つからなかったけど、もし見つかっていたらこの人の動画を見ることはなかったと思うから、ある意味ラッキーだったのかもしれない。いいカバーだと思う。


【谷山浩子】 カントリーガール Country Girl 【M/V】

さらにこの歌の中の「僕」までがフォー・トップスと重なってきて、何だか笑けてきてしまった。自分で歌を翻訳してみると、思いもしなかった別の歌との「つながり」が自分の中に浮かんできて、それが楽しい。ブログを始めて初めて知った感覚である。

ではまたいずれ。