華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

From a Distance もしくは茄子や胡瓜の花盛り (1987. Nanci Griffith)

カーズは2度と地球へは戻れなかった…。鉱物と生物の中間の生命体となり永遠に宇宙をさ迷うのだ。そして死にたいと思っても死ねないのでーーそのうちカーズは、考えるのをやめた。

ー「ジョジョの奇妙な冒険」第2部よりー


Nanci Griffith - From A Distance (Legendado)

From a Distance

From a distance the world looks blue and green,
And the snow-capped mountains white,
From a distance the ocean meets the stream,
And the eagle takes to flight

遠くから見れば
地球は青と緑色の世界
そして雪をいただいた山々が白く光る
遠くから私は見ている
海と川とが出会い
ワシが空へと飛び立ってゆく



From a distance, there is harmony,
And it echoes through the land.
It's the voice of hope, it's the voice of peace,
It's the voice of every man.

遠くから見れば
そこにはハーモニーがあり
大地にこだましているのがわかる
それは希望の声 平和の声
すべての人々の声



From a distance we all have enough,
And no one is in need.
And there are no guns, no bombs, and no disease,
No hungry mouths to feed.

遠くから見れば
私たちは満ち足りていて
困っている人はいない
そこには銃もなく 爆弾もなく 病気もない
飢えて食べ物を必要としている人もいない



From a distance we are instruments
Marching in a common band.
Playing songs of hope, playing songs of peace.
They're the songs of every man.

遠くから見れば
私たちは楽器で
同じ楽隊の一員として
行進している
希望の歌をかなで 平和の歌をかなで
みんなの歌をかなでている



God is watching us. God is watching us.
God is watching us from a distance.

神はわれらを見そなわす
神はわれらを見そなわす
神はわれらを見そなわす
遠きより



From a distance you look like my friend,
Even though we are at war.
From a distance I just cannot comprehend
What all this fighting is for.

距離をおいて見れば
あなたは私の友人のようだ
私たちは互いに戦争しているというのに
距離をおいて見ると
私はただ わからなくなる
この戦いはいったい
何のためのものなのか



From a distance, there is harmony,
And it echoes through the land.
It's the voice of hope, it's the voice of peace,
It's the voice of every man.

遠くから見れば
困っている人や飢えた人がいても
無視できるレベルになるので
全体として世界は美しく見える
遠くから見れば
傷ついている人や泣いている人がいても
大した問題だと思わなくてすむので
何も考える必要がなくなる



And God is watching us, God is watching us,
God is watching us from a distance.
Oh, God is watching us, God is watching.
God is watching us from a distance

そしてカーズは私たちのことを見ている
カーズは私たちのことを見ている
カーズは私たちのことを見ている
何も考えてないけど

読者各位:今回は途中から真面目に翻訳していません。真面目な翻訳が読みたい方は他の和訳サイトをご覧ください。ただし、この歌を真面目に歌えるような人が真面目な人生を生きているとは、私は個人的には、あまり思えません。ナンシー・グリフィスは、決してキライじゃないのだけどね。せめてベット・ミドラー湾岸戦争の時にこの曲を歌っていなければね。私は、中学生でした。はい。むりやり歌わされた歌のひとつでした。