華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

The Old Landmark もしくはブルースブラザーズ特集#3 (1980. James Brown)

SCENE 50
Location: EXT. TRIPLE ROCK CHURCH - DAY トリプルロック教会。日中。
A large, old, white clapboard church with four elaborately backlit pillars at the front entrance. An old, thick, blue neon sign over the top of the pillars reads: "Triple Rock Baptist Church." The Bluesmobile pulls up and parks outside. Jake and Elwood get out of the car and pause in front of the church.
大きくて古い、白い鎧板下見張り(下図参照)の教会。入口ホールには、逆光になるように注意深く設計された(??誤訳かもしれない)4本の支柱。その上には古い太字のネオンサイン。「トリプルロック・バプティスト教会(直訳は「3つの岩のバプティスト派の教会」)と書いてある。ブルースモービルはその前に停まる。ジェイクとエルウッドは車を降りて、教会の前に立ち止まる。


…こういうのが「clapboard」だそうです。

…以下のジェイクとエルウッドの会話は、カットされている。

ELWOOD: Now remember, we have to get that money honestly.
エルウッド:いいか。おれたちは真っ当な方法でカネを手に入れなきゃいけないんだ。

JAKE: That could be a problem.
ジェイク:そいつは難しいことになりそうだな。

ELWOOD: It's like she said, we gotta make that move toward redemption. We gotta go to church.
エルウッド:シスター・メアリーが言っただろう。おれたちは、償いをするために動いてるんだ。教会に行かなきゃ。

JAKE: (mimicking in falsetto) We got to make that move toward redemption. We gotta go to church. (normal voice) Bullshit.
ジェイク:(裏声で真似をする)私たちは償いをするためにうごいているのです。教会に行かなくてはなりません。(普通の声で)牛のうんこだ。
…bullshitは「くだらない」「たわごとだ」といった意味で使われるスラング

Jake and Elwood go up the stairs and into the church.
ジェイクとエルウッド、階段を上り、教会に入る。


SCENE 51
Location: INT. TRIPLE ROCK CHURCH - JAKE AND ELWOOD - DAY
stand against the back wall of the crowded church. Jake mutters under his breath, not at all happy-about being there. The church is filled with black men, women and children. An organ plays softly as the choir files in and up onto the stage. In the the center of the altar is an ornate, elevated, white pulpit with a gooseneck microphone. Behind the pulpit is a bandstand with four black musicians in dark blue jackets playing, respectively, drums, piano, bass, and rhythm guitars. The choir wears yellow robes, the band wear violet robes.
ジェイクとエルウッド、混雑した教会の後ろの壁際に立つ。ジェイク、ため息をつきながらブツブツ言っている。そこにいることが、少しも幸せそうに見えない。教会は黒人の男女、子どもたちで埋め尽くされている。聖歌隊が出てきてステージに上がるのに合わせ、静かにオルガンが鳴り始める。祭壇の中央には、ギラギラに飾られた白い台があり、グースネック(S字型に湾曲した)のマイクが置いてある。台の後ろにはバンドスタンドがあり、ダークブルーのスーツを着た4人の黒人ミュージシャンが演奏している。ドラムスとピアノとベースとリズムギター聖歌隊は黄色いローブをまとい、バンドメンバーは紫のローブをまとっている。


CHOIRMASTER: And now this week's sermon from the Reverend Cleophus James.
聖歌隊:それでは、クレオファス・ジェイムズ牧師による今週の説教です。

SCENE 52
Location: CLEOPHUS JAMES
wearing a royal blue robe with gold trim, steps into the pulpit, rests his hands on the speaker stand and looks around the hall dramatically. Jake and Elwood wait expectantly. (Various congregation members Punctuate the following sermon with "Amen." The organ plays throughout.)
クレオファス・ジェイムズ、金色で飾られたどぎついブルーのローブを着ている。台に上がり、演台に手を置いてドラマティックな雰囲気で聴衆を見回す。ジェイクとエルウッド、何か起こりそうな感じを覚えながら、待っている。(さまざまな聴衆が、説教を「アーメン!」という言葉でさえぎる。その間ずっと、オルガンが流れている)。



SCENE 53
Location: CLOSEUP - CLEOPHUS

CLEOPHUS: Now people, when I woke up this morning, I heard a disturbing sound. I heard this sound in my car and in the streets and it shook me up, people.
クレオファス:みなさん、けさ目覚めた時、私は不吉な響きを耳にしました。その音は車の中で、通りの上でも聞こえ続け、私を震えあがらせました。みなさん!

Several members hum and moan in harmony to the organ.
何人かがオルガンとハモるように、ハミングしたりうなったりする。


CLEOPHUS: What I heard was the jingle jangle of a thousand lost souls. I'm talking about the souls of mortal men and women who departed from this life and were not received into the Kingdom of Heaven.
クレオファス:私が耳にしたのは、さまよえる千もの魂が引きずる鎖のジャラジャラ言う音でした。(「鎖」は意訳で付け加えた言葉です)。死すべく定められた男女の魂、肉体を離れたその魂は、天国の王国に受け入れられることがなかったのです。

SCENE 54
Location: JAKE AND ELWOOD
Elwood's head is bowed reverently. Jake is biting his lower lip, visibly moved by the sermon.
エルウッドは敬虔に頭を下げている。ジェイクは下唇を噛んでいる。明らかに、説教に動かされているのだ。
…映画ではこの段階では、ジェイクは時計を見ています。



CLEOPHUS: Lost, anguished souls roaming unseen over the earth, beyond any hope of salvation, seeking a divine light they'll never find, because it's too late for them to ever see again the light they once chose not to follow
クレオファス:苦悶する迷える魂は、目には見えませんがこの地球をさまよっています。救済へのあらゆる希望を断たれて。聖なる光を探しても、かれらには決して見つけることができません。なぜなら、遅すぎるからです。かれらは生前に、その光を拒んでしまったのです。

SCENE 55
Location: WIDE SHOT - REVEREND CLEOPHUS in the pulpit; His hands grip the sides of the pulpit as he leans out into the congregation.
クレオファス牧師は台を握りしめ、聴衆に向かって身を乗り出す。


CLEOPHUS: And people, every tire one of these poor, lost souls meets another one, there is a jingle-jangle as they pass each other in their tormented wanderings. And this day I have heard a thousand and one jingle-jangles. So wake up, people. Don't be lost when your time comes. Get yourselves ready, 'for the day of the Lord cometh as a thief in the night.' Amen.
クレオファス:そしてみなさん、疲れたその哀れな貧しき魂は、互いに出会います。苦悩の中でさまようかれらが行き違うごとに、ジャラジャラ言う音が響きます。だからみなさん、目覚めるのです。あなたの時が来るのを逃してはなりません。準備しましょう。神がぬすびとのなりをして夜更けに訪れるその日のために。アーメン!

…以上は飽くまで台本。実際にJBが喋る台詞は、以下の通り。(着ている服も、台本とは微妙に違う)。喋る言葉自体が歌詞のようになっており、一行ごとに「イェー!」とか「アーメン!」等々、ものすごい聴衆の歓声があがります。

And now people. And now people.
さてみなさん!さてみなさん!
When I woke up this morning,
けさ目をさまし
I heard a disturbing sound
私は不吉な音を耳にしました!
I said, when I wake up this morning
そう、けさ目をさまし
I heard a disturbing sound.
私は不吉な音を耳にしました!
What I heard
私が聞いたのは!
was the jingle jangle of a thousand lost souls.
さまよえる千もの魂が
引きずる鎖のジャラジャラ言う音!

And I talking about the souls of all the men and women,
すべての男女の魂であります!
departed from this life.
肉体を離れたさまよえる魂!
Wait a minute
ちょっと待て!
the Lord says the souls of us here on earth is secret of divine life,
神は地上に生きるこのわれわれの魂は
生命の聖なる秘密であるとおっしゃったのではなかったか?

they'll not find.
かれらには見つけることができないのです!
Because it's too late.
遅すぎるから!
Too late yeah
遅すぎる。イェー!
too late for them to ever see again
かれらには遅すぎる。
二度と見つけることができない!

the light they once chose not to follow
かれらは生前にその光を拒んだからです!
alright! alright!
オーライ!オーライ!
don't be lost when the time come
その日を逃してはならない!
For the day of the Lord cometh
神が降臨されるその日を!
out of deep in the night
深い夜の中から!
Amen.
アアアアーーーーメェン!
Amen.
アーメン!
Well, Well, Well...
ウェル!ウェル!ウェル…

The organ and band come in-hard as Cleophus and the choir begin a rousing gospel song (to be determined). As more and more people get the spirit and the music becomes hotter and hotter, various members of the congregation leap from their seats and do flips and splits in the best holy roller tradition. The place is really rocking now.Camera: CUT TO
クレオファスと聖歌隊が覚醒を促すゴスペルソング(曲目は未定)を歌い始めるのに合わせ、オルガンとバンドがハードな演奏を始める。人々が乗ってくるのに連れて音楽はますます熱くなる。何人もの聴衆が席を飛び出し、ホーリー・ローラー(熱心な信者)の伝統に従ってフリップ&スピリット(宙返りの技)をする。今や全体が完全にrockしている。カメラ、切り替わる。

…台本段階では「未決定」だったそうですが、実際に映画で歌われたのが、この曲です。


The Blues Brothers "The Old Landmark" feat. James Brown

The Old Landmark

Let us all (All go back)
われわれを(連れ戻したまえ)
To the Old (Old landmark)
あの古き(古き地境へ)
Let us all to the Old (All go back Old Landmark)
われわれをあの古き
(古き地境へ連れ戻したまえ)

Let us stay in the service of the Lord
われわれを神に仕えさせたまえ
Jesus, ohh! (He's my Lord, oh, my Lord)
ジーザス、おお!
(ジーザスは私の神。おお私の神よ)

Let us preach of the Old
われわれに伝道させたまえ。あの古き
At the... (Hey! Hey!)
あの地で…(ヘイヘイ!)
Landmark
地境にて
Praise the Lord, well!
神を讃えよ、そうだ!
Let us preach, at the Old
われわれに伝道させたまえ。あの古き
Preach the Word, all the way
あの言葉を語らせたまえ。どこまでも。
Yeah, preach
イェー、伝道せよ。
Preach the Word, all the way
至る所であの言葉を語れ
Do it, know it, fell it (All people)
行え。知れ。打ち倒せ。
(もろびとよ)

People, people, well (Preach the Word)
もろびとよ、もろびとよ、そうだ
(あの言葉を語れ)

Let us preach, at the Old (Preach the Word, Old Landmark)
伝道させたまえ。あの古き
(あの言葉を語らせたまえ。古き地境にて)

Preach the Word, at the Old (Preach the Word, Old Landmark)
Preach the Word, at the Old (Preach the Word, Old Landmark)
Preach the Word, at the Old (Preach the Word, Old Landmark)
Preach the Word, at the Old (Preach the Word, Old Landmark)


People, now
もろびとよ
Brothers, sisters
兄弟よ、姉妹よ
Yeah, Lord, Yeah, Lord, Yeah, Lord, Yeah, Lord
イェー、神よ、イェー、神よ
Oh, Oh, Oh, Oh, Oh, Oh
Oh, Lord
Oh, Oh, Oh, Oh, Oh, Oh
Oh, child
Let us all, to the Old (All go back, Old Landmark)
Let us all, to the Old (All go back, Old Landmark)
Turnin', yearnin', learnin', burnin'

帰ろう。叫ぼう。学ぼう。燃えあがろう。
Gonna go back, Ahh (Oh, Oh, Oh, Oh, Oh, Oh)
Gonna go back, Ahh (Oh, Oh, Oh, Oh, Oh, Oh)
Gonna go back, Ahh (Oh, Oh, Oh, Oh, Oh, Oh)
Gonna go back, Ahh (Oh, Oh, Oh, Oh, Oh, Oh)
Let us stay in the service of the Lord

われわれを神に仕えさせたまえ

=翻訳をめぐって=

  • 何遍も何遍も書いてきたけれど、私自身は神を信じた経験を一度も持たない人間である。このゴスペルシーンは何度見ても圧倒されるけど、そういう人間が「気軽に」楽しんだり参加したりしていいものだとは、どうしても思えない。「気軽に参加してください」と言ってくれる人はもちろんいるだろうけど、そういう人は間違いなく「私に神を信じさせたい人」なので、私としては丁重にお断り申し上げるしかない。問題はそういう人間がこういう歌を翻訳することがそういう人たちから見て倫理的に許されるかどうかということにあると思うのだけど(どういうことを言ってるのか自分でも半分わからなくなりつつあるのだけど)私自身はそんな風に自分と違う信念や信仰を持って生きている人たちのことを否定の対象にしようとは断じて思っていない。違いを「理解」した上で、同じ地球の上で共に生きてゆく仲間でありたいと思っている。だから、少なくとも、真面目に翻訳することだけは心がけたつもりである。
  • Old landmarkとは旧約聖書箴言22-28「Remove not the ancient landmark,Which thy fathers have set.(あなたの先祖が立てた古い地境を移してはならない。 翻訳は日本聖書協会)」に由来している言葉であるらしい。「地境」というのは極めて分かりにくい日本語だけど、landmarkは「目印になるような山や川、建物」をさす一般名詞。京都なら大文字山、奈良なら若草山、大阪なら通天閣が大体「ランドマーク」に相当するものだと言えるだろう。(別に東寺や興福寺五重塔でも構わないのだけど)。歌全体の意味は、遠い先祖が歩いてきた道のりを忘れることなく、イエスと共に生きよう、といった内容なのだと思われる。




SCENE 56
Location: CLOSEUP OF JAKE
Something seems to have come over Jake. His head is moving rhythmically to the music.
何かがジェイクに降りてきたようだ。音楽に合わせてリズミカルに頭を動かし始める。


ELWOOD: (concerned) Jake, are you all right?
エルウッド:ジェイク、おい、大丈夫か?

The music swells.Camera: CUT TO
音楽、大きくなる。カメラ、切り替わる。


SCENE 57
Location: EXT. TRIPLE ROCK CHURCH - WIDE SHOT - MATTE PAINTING
showing the church and huge Michelangelo-type clouds. The music and shouting grows even more powerful as a ray or light (as if from God) comes from the heavens and bathes the church in a celestial glow.
教会。背景にはミケランジェロ風の雲。音楽と喚声が一段と激しくなる中で、一筋の光が(神が発したかのように)天国から届き、神々しく教会を照らし出す。



SCENE 58
Location: INT. TRIPLE ROCK CHURCH - DAY
The light streams through a small stained-glass window and lands on Jake alone.
その光は小さなステンドグラスを通してジェイク1人に降り注ぐ。


JAKE: (softly, possessed) The band....
ジェイク:(静かに落ち着いて)バンドだ…

Cleophus points from the pulpit across the dancing congregation to Jake.
クレオファス、踊る聴衆越しに台からジェイクを指さす。


…以下、***までの台詞がカットされている。

CLEOPHUS: (shouting) My little lost, white lamb, have you come to join our flock?
クレオファス:(叫ぶ) 私の迷える白い子羊よ、私たちの集会に参加しに来たのか?

SCENE 59
Location: CLOSEUP - JAKE
still glowing.
ジェイク、光り続けている。


JAKE: (softly) The band....
ジェイク:(静かに)バンドだ…

CLEOPHUS: (shouting) Have You got the spirit, brother? Do you possess the spirit, brother? Do you know the spirit, brother?
クレオファス:(叫ぶ) スピリットをつかんだのか、ブラザー?スピリットを持ってるのか、ブラザー?スピリットを知ってるのか、ブラザー?

JAKE: (softly at first, and then shouting) The band... the band ... Jesus H. Christ! THE BAND!
ジェイク:(最初は静かに、そして次には叫び出す)バンド…バンド…ジーザス・H・クライスト!バンドだ!
…イエスにHというミドルネームをつけて呼ぶこの言い方は、スラングというわけでもないらしいが、怒った時や驚いた時などに、アメリカ人によって広く使われている言葉らしい。その上でHというミドルネームの意味は、誰にも分からないらしい。(「ホーリー」とか「ハレルヤ」とか、諸説ある)。あくまで想像だが、ミドルネームをつけて呼ぶとそれだけイエスのことが「親しみやすく」感じられる効果があるのかもしれない。



***
CLEOPHUS: Do you see the light?
クレオファス:光が見えるのか?

JAKE: (shouting back) Yes! Yes! Jesus H. Tap Dancing Christ! I have seen the light!
ジェイク:(叫び返す)イエース!見えます!ジーザス・H・タップ・ダンシング・クライスト!私に光が見えました!


CLEOPHUS: Have you seen the light?
クレオファス:光を見たのか?

JAKE: I have seen the light!
ジェイク:光を見ました!

ELWOOD: What light?
エルウッド:何の光だ?

CLEOPHUS: Praise God!
クレオファス:神を讃えよ!

The gospel song is now in full pitch. The congregation is rocking and rolling and leaping about the room as if some Baptist-martial-arts movie. Jake, shaking and filled with the spirit, leaps in the air doing the most spectacular flips across the floor of the church and back. He grabs Elwood by the shoulders.
ゴスペルソングは今や最高潮。聴衆は部屋中でロックしてロールして飛び跳ねる。教会を舞台にしたマーシャルアーツの映画のようだ。ジェイク、スピリットに満たされて跳びあがり、教会の床で最高に見事な前転とバク転を決める。そしてエルウッドの肩をつかむ。



JAKE: The band, Elwood! The band!
ジェイク:バンドだよ、エルウッド!バンドだ!

ELWOOD: The band?
エルウッド:バンド?

Slowly Elwood begins to get the spirit.
エルウッドもゆっくりと、スピリットをつかみ始める。


ELWOOD: The band?...The band...THE BAND!
エルウッド:バンド?バンドか…バンドだあ!

CLEOPHUS: (shouting down from the pulpit) Praise God!
クレオファス:(台の上から叫ぶ)神を讃えよ!

ELWOOD: (shouting) And God bless the United States of America!
エルウッド:(叫ぶ)神よ、アメリカ合州国に祝福あれ!

Jake and Elwood together now join in with the dancing congregation to bring the now gloriously crazed gospel number to its conclusion.Camera: CUT TO
ジェイクとエルウッド、今や踊る聴衆と完全に一体化し、素晴らしくcrazedなゴスペルナンバーを終える。
…crazedは「精神病者」に対する差別語です。ここでは台本の原文をそのまま転載しました。

==============================

このシーンで初めてブルースブラザーズの2人は、ダンスを見せてくれる。この2人のダンスほど不思議なものを、私は他に知らない。信じられないほど上手いのに、絶対に「カッコよく見えない」のである。カッコよく見せる方が絶対に「簡単」なはずだと思うのだが、踊りの難易度が上がれば上がるほどコミカルに見えてくるのは、わざとやってるのだろうか。それとも自然とそうなってしまう2人なのだろうか。つづく。