華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Soothe Me もしくはブルースブラザーズ特集#4 (1966. Sam & Dave)

  • 夜。ブルースモービルを走らせながら、これからのことを話し合う2人。

SCENE 60
Location: EXT. ADLAI STEVENSON EXPRESSWAY - NIGHT アドレー・スティーブンソン高速道路。夜。
The camera remains stationary on the expressway. We begin to hear music very faintly. It grows in volume until the Bluesmobile has entered the frame, zooming down the highway.Jake flicks his burning cigarette butt out the window. It hits the pavement and bursts into bright ash.
カメラは高速道路に固定されている。かすかな音楽が聞こえる。ブルースモービルが画面に出てくるにつれて、ボリュームはだんだん大きくなる。ジェイクはタバコの吸殻を燃えたまま窓の外に弾き飛ばす。吸殻は舗装の上で燃えあがり、灰になる。
…アドレー・スティーブンソン高速道路はシカゴ環状線から南西部に伸びる高速道路だとのこと。道路名はかつてのイリノイ州知事の名前に由来している。


SCENE 60-A
Location: EXT. STREET NEAR FREEWAY 高速道路の近くの通り - NIGHT
The Bluesmobile leaves the freeway and winds down the exit ramp, backfiring slightly.Camera: CUT TO
ブルースモービルは高速を降りて、出口に向かう。時々バックファイアを起こしながら。カメラ、切り替わる。


SCENE 61
Location: INT. BLUESMOBILE - STREET - MOVING - NIGHT
An eight-track tape player has been crudely installed where an AM radio used to be. Elwood punches an eight-track into the slot. It is labeled: "The Best of Sam and Dave" -- their hit "Hold On, I'm Comin" blares through the car door speakers.
8トラックテープのプレイヤーが、AMラジオだった場所に雑な感じで取りつけられている。エルウッドがテープをスロットに入れる。ラベルは「ザ・ベスト・オブ・サム&デイヴ」。かれらのヒット曲の「Hold On, I'm Comin」が、カードア・スピーカーから高々と鳴り響く。
…映画では、ここではまだ「Hold On, I'm Comin」は流れません。流れているのは「Soothe Me」です。

8トラック - Wikipedia

JAKE: (intense) We'll get the band back together. We'll get some gigs. We'll make some bread and BANG -- five thousand bucks!
ジェイク:(熱っぽく)バンドの連中を呼び戻さないとな。ちょっとしたギグをやって、食えるだけ稼いで「ドカン!」とやって、それから5千ドルだ。
…BANGは「性交する」という意味のスラングでもあるとのこと。

ELWOOD: Jake, getting the band together might not be that easy.
エルウッド:ジェイク、バンドのメンバーを集めるのは難しいかもしれない。

JAKE: What are you talking about?
ジェイク:どういうことだ?

ELWOOD: They split. They took straight jobs.
エルウッド:バラバラになっちまった。みんな、まともな仕事についてる。

JAKE: So?! You know where they are. You said you were keeping it together.
ジェイク:だから何だ?お前、みんなの居場所は知ってるんだろ?しっかりまとめてあるって言ってたじゃないか。

ELWOOD: Well... I got a few leads ... I got some phone numbers but... I mean... how many of them wrote or visited you, huh?
エルウッド:まあ…手がかりは、いくつかある…電話番号はいくつか知ってる。が…お前に手紙を書いたり面会に来てくれたやつがどれだけいたよ?

JAKE: Well, they aren't the kind of guys who write letters. You were outside! I was inside! You were to keep in touch with the band. I kept askin' ya' if we were gonna play again.
ジェイク:何だよ。あいつらは手紙を書いたりするような柄の連中じゃねえよ。お前、外にいたんだろ?おれは中にいたんだよ!バンドの連中と連絡とりあうのはお前の仕事じゃねえか。また一緒にやれるようによろしく頼むぜってお前に言ってあっただろ?

ELWOOD: What was I gonna do? ... take away your hope? ... take away the thing what kept ya' goin' in there? I bullshitted you, okay?
エルウッド:どうすりゃ良かったんだよ…お前をガッカリさせたくなかったんじゃないか。お前が中に入ってる間の希望をおれに奪えとでも?おれは牛のうんこをやっちまったんだ。それでOKかい?
…bullshit、しょっちゅう出てくる言葉になっていますが、動詞として使われると「だます」「嘘をつく」という意味になっているそうです。

JAKE: You lied to me.
ジェイク:おまえ、ウソついたんだな。

ELWOOD: It wasn’t lies, it was just bullsit.
エルウッド:ウソだとは言ってない。牛のうんこだったと言ってる。


SCENE 62
Location: EXT. INTERSECTION - NEAR GAS STATION - NIGHT ガソリンスタンドのそば。夜。
The Bluesmobile goes through a yellow light as a police car turns on its headlights and rolls out from behind the pumps onto the street after Jake and Elwood.
ブルースモービル、黄色い信号を通り過ぎる。と同時に、ガソリンスタンドの陰からパトカーが現れ、ジェイクとエルウッドの後ろにつく。
…台本にしっかり書いてあるように、2人は「黄色の信号を通り過ぎた」だけです。つまり2人がこのあと警察に追われてものすごいことになるのは、そもそもの始めから「冤罪」だということなのです。


SCENE 63
Location: INT. BLUESMOBILE - MOVING - JAKE AND ELWOOD - NIGHT
"Soothe Me" is playing softly through the tape deck. The police car appears in Elwood's rear-view mirror. It startles him. He glances over and straightens up in the seat.
テープデッキから「スーズ ミー」がやさしく流れている。エルウッドの側のサイドミラーにパトカーの影が見える。エルウッド、姿勢をあらためる。


Sam & Dave - Soothe me

Soothe Me

Soothe me, soothe me,
soothe me, soothe me, soothe me

やさしい気持ちにさせてくれ
やさしい気持ちにさせてくれ


Everybody come on, clap your hands, will you?
Just a minute, I like it like that

みんないいかい、手拍子を頼むよ。
ちょっと待ってくれよ。
こんな風にやるのが好きなんだ。


Soothe me baby, soothe me
Soothe me with your kindness
For you know your powerful loving is
Soothing to me, one more time

やさしい気持ちにさせてくれ
おまえのやさしさで
おまえのパワフルな愛が
おれをやさしい気持ちにしてくれること
おまえにも分かってるだろう


Soothe me baby, soothe me
Soothe me with your kindness
For you know your powerful loving is
Soothing to me, over here

やさしい気持ちにさせてくれ
おまえのやさしさで
おまえのパワフルな愛が
おれをやさしい気持ちにしてくれること
おまえにも分かってるだろう
そうここで


Oh, how I used to rumble
And how I used to roam
Oh, since I met this baby I'm mad
And all I want do is stay at home
Everybody now

ああ 今までどれだけ荒れてたか
どれだけ道に迷ってきたか
ああ ここにいるベイビーと出会ってから
おれはmadさ
家からどこにも出たくない
行くぜみんな


Soothe me baby, soothe me
Soothe me with your kindness
For you know your powerful loving is
Soothing to me, now listen to me

やさしい気持ちにさせてくれ
おまえのやさしさで
おまえのパワフルな愛が
おれをやさしい気持ちにしてくれること
おまえにも分かってるだろう
聞いてくれ


I used to hire a lot of girls
Had them big and small
Since I've met this baby of mine
I don't want no other girl at all

大勢の女の子の気持ちを
カネでつなぎとめようとしてきた
でっかい子もいれば
ちっちゃい子もいたな
このベイビーと出会ってからは
他の子なんかぜんぜん気にならない


Soothe me baby, soothe me
Soothe me with your kindness
For you know your powerful loving is
Soothing to me, oh yeah

やさしい気持ちにさせてくれ
おまえのやさしさで
おまえのパワフルな愛が
おれをやさしい気持ちにしてくれること
おまえにも分かってるだろう


Soothe me, soothe me,
soothe me, soothe me
Soothe me, soothe me,
soothe me, soothe me, soothe me

やさしい気持ちにさせてくれ
やさしい気持ちにさせてくれ


Come on now let's do this again
That's it, come on now put your hands together
Everybody come on now

よーし、もう一回行こう
手拍子、合わせてくれよ
みんな行くぞ


Soothe me, soothe me, soothe me, soothe me, baby
You got to soothe me, you got to pull, yeah
You gotta soothe me, soothe me

やさしい気持ちにさせてくれ
やさしい気持ちにさせてくれ
おれのことを引っ張ってくれ
やさしい気持ちにさせてくれ

=翻訳をめぐって=

  • この曲のように「いい意味」で使われていても、mad は「精神病者」に対する差別語であり、使っていい言葉だとは思いません。
  • put your hands together…直訳は「君たちの手をひとつにあわせろ」。別の解釈もありうるかもしれません。

==============================

サム&デイヴ、愛されてます。ブルースモービルのカーステレオから流れっぱなしなので、次回もサム&デイヴの曲です。まったくどうでもいい話だけど、ブルースブラザーズ特集を始めてから今回に至るまで、ほとんどの曲がSの字で始まっており、例外は一曲しかない。そりゃ、日本語だって「さ」で始まる言葉の方が「ぬ」で始まる言葉より多いということは言えるだろうが、索引を作る時にSの項目ばっかり増えて行くのはあんまり愉快なことではない。もっと、まんべんなく、増えてほしい。ではまたいずれ。つづく。