華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Quando, quando, quando もしくはブルースブラザーズ特集#9 (1962. Tony Renis)

  • エルウッドの下宿のホテル、爆破される。(2人は全く気にしない)
  • エルウッド、仕事を辞めることを伝えるために職場に行く。(カットシーン)
  • かつてのバンドメンバーの居場所を探すために、タランティーノ夫人宅へ。
  • 場末のモーテルで演奏していたバンドメンバーとの再会。

…今回は、文字ばっかりです。

==============================

今週のお題「好きなアイス」

センタンの王将モナカです。オトナになってからあちこち引っ越すようになって、日本の他地域では「ガリガリくん」というアイスがずいぶん前から「主流」になっていたらしいことを知るのですが、20世紀の関西地方では確かどこでも売ってなかったはずだと思います。ガリガリくんの袋の少年には何の恨みもないのですが、彼氏の顔を見るとどうもあんまり美味しそうに思えてこないので、いまだに買ったことがありません。何か、汗の味とか坊主頭の舌触りとか、しそうな気がしてきてしまうのです。現在、特集記事に集中しているところなので、いつものように「お題」にちなんだ曲を選ぶわけには行きませんが、一応、つきあっておきたいと思います

==============================

SCENE 105
Location: EXT. BOND HOTEL - DAY
The Pontiac with the Mystery Woman slowly drives by the hotel.Camera: CUT TO
あの謎の女のポンティアックがゆっくりとホテルのそばに来る。


SCENE 106
Location: INT. ELWOOD'S ROOM
Jake and Elwood, still fully-dressed, are asleep Jake on his back on the cot as we last saw him. Elwood curled in a fetal position on the floor.
ジェイクとエルウッド、スーツを着たまま、まだ眠りこけている。ジェイクは先に見たように寝台の上。エルウッドは床の上で胎児の姿勢になっている。


SCENE 107
Location: EXT. BOND HOTEL - DAY - TWO POLICE CARS
one marked, one plain, pull up and park in front of the hotel. Out of the unmarked police car steps BURT MERCER.
ボンドホテルの前に警察の車が二台停まる。一台はパトカーでもう一台は普通車。パトカーでない方からバート・マーサーが降りて来る。


MERCER: This, gentlemen, is the elegant abode of one Elwood Blues.
マーサー:ここが、諸君。エルウッド・ブルースという男のエレガントな隠れ家だ。

OFFICER #2: Thanks for your help, Mr. Mercer. How did you find him so fast?
警官2:ありがとうございました、ミスター・マーサー。どうやってあの男をこんなに早く見つけ出したんですか?

OFFICER #1: Actually I put in some overtime last night. When Mr. Blues' license address checked out to be Wrigley Field, I cross-fed the data we had into the Illinois State Crime Computer.
警官1:実は昨日の夜、残業中にね。ブルース氏の免許証の住所がリグレー球場になっていたことが分かって、我々の持っていたデータをイリノイ州の犯罪コンピュータにかけてみたんだ。

MERCER: And our friend, Mr. Computer, printed out the parole records of one Jake Blues, my little jailbird and the brother of your pinch Elwood. See, Jake gave this address as the place to notify in case of his death. I kind of like the Wrigley Field bit.
マーサー:そしたら私の友人であるミスター・コンピュータが、ジェイク・ブルースの仮釈放記録を印刷してくれた。私のかわいいカゴの鳥であり、いまや窮地に陥った諸君の獲物、エルウッドの兄弟分だよ。見たまえ。ジェイクが死んだ場合の連絡先はここになっている。私は、リグレー球場でも悪くないように思うがね。

OFFICER #1: Yeah, real cute.
警官1:それはまた、気が利いてますね。

The three men enter the building.Camera: CUT TO
三人の男、ビルに入ってゆく。カメラ、切り替わる。


…ここまでのシーンはほとんどカットされていて、実際に使われている台詞は太字で示した部分のみ。

SCENE 108
Location: INT. RED PONTIAC - DAY
Inside the Pontiac, now parked a block away from the hotel, sits the Mystery woman. She is busy assembling some sort of electronic device.Camera: CUT TO
ホテルから1ブロック離れたところに停まっているポンティアックの中に、例の謎の女が座っている。彼女は忙しく何かの電気装置を組み立てている。


SCENE 109
Location: INT. BOND HOTEL - LOBBY - DAY
Mercer knocks on the wall of the plexiglass cage.
マーサー、例の防弾ガラスのケージをノックする。


LLOYD: Yeah?
ロイド:何じゃあ?

Mercer flashes his badge.
マーサー、警察のバッジをちらつかせる。


MERCER: Has my friend arrived? He didn't report yesterday.
マーサー:私の友人はここに着いたかね?昨日は何も言ってこなかったんだ。

LLOYD: I don't want no trouble.
ロイド:面倒事はごめんじゃよ。

OFFICER #1: (leans in) You just tell us where they are and there'll be no trouble.
警官1:(覆いかぶさるように) やつらがどこにいるか言うんだ。そうすれば何も面倒は起こらないよ。

…このシーンはカットされている。

Camera: CUT TO
SCENE 110
Location: INT. RED PONTIAC 赤いポンティアック
The Mystery Woman attaches two wires to a car battery.Camera: CUT TO
謎の女、二本の電線をカーバッテリーにつなぐ。


SCENE 111
Location: INT. CORRIDOR OUTSIDE ELWOOD'S ROOM - DAY
Officers #1 and #2 draw their weapons and stand on either side of Elwood's door. As Mercer steps back ready to kick it in....Camera: CUT TO
警官1と2、武器を持ってエルウッドのドアの両側に立つ。マーサーが一歩下がってドアを蹴ろうとした瞬間…カメラ切り替わる。
…映画ではここでマーサーの「Step back(下がってろ)」という台詞が入る。


SCENE 112
Location: INT. RED PONTIAC - DAY 赤いポンティアック
The Mystery Woman throws a small switch.Camera: CUT TO
謎の女、小さなスイッチを押す。




SCENE 113
Location: EXT. BOND HOTEL - DAY
Explosions blow out the inside supports of the hotel and the building collapses in a pile of rubble, burying the two police cars in debris.Camera: CUT TO
ホテルの内側から爆発が起こり、建物は崩れ落ちる。二台のパトカーは瓦礫の中に埋まる。


SCENE 114
Location: INT. RED PONTIAC - DAY
The Mystery Woman smiles grimly, starts the car, and drives off.
謎の女、残忍に微笑み、車を発車させる。


SCENE 115
Location: EXT. RUINS OF BOND HOTEL - DAY
We pan with the Pontiac and as it passes the hotel, we move in on the rubble.
カメラ、ポンティアックを見送り、再びホテルを写す。瓦礫の中に入ってゆく。


SCENE 115-A
Location: JAKE AND ELWOOD
Through the smoke and dust, we can see several large chunks of concrete and building materials start to move. Jake and Elwood arise out of the destruction and brush themselves off. They survey the damage.
煙とホコリの向こうで、コンクリートの塊とビルの残骸が動き出すのが見える。やがてジェイクとエルウッドが起きあがり、お互いの体を払う。生きていたのだ。


ELWOOD: (checks his watch) It's almost nine o'clock. I gotta get to work.
エルウッド:(時計を見て)もう9時だ。仕事に行かなきゃ。

Camera: CUT TO
SCENE 116
Location: EXT. HAMMOND - DAY
The←?以下、エルウッドが職場に辞表を出しに行くシーンは全てカットされている。


SCENE 117
Location: EXT. MANUFACTURING PLANT - DAY
A recently constructed factory with a high chain-link fence around it. The Bluesmobile drives past.
最近建設された工場。高い鉄条網に覆われている。ブルースモービルがその脇を通りすぎる。


SCENE 118
Location: EXT. PLANT ENTRANCE - DAY
A set of gates. A parking lot inside the fence. There is a sign on the fence: PROPELLANTS PACKAGING CORP. -- EMPLOYEE PARKING ONLY.- Several cars drive through the gates. The Bluesmobile drives through and parks.Camera: CUT TO
ゲートがあり、フェンスの向こうに駐車場がある。看板には「高圧ガス詰め込みコーポレーション、従業員以外駐車禁止」の文字。何台かの車がゲートを抜けてゆき、ブルースモービルもそこに駐車する。


SCENE 119
Location: EXT. PARKING LOT - DAY
Elwood parks the car and turns to Jake
エルウッド、車を止めてジェイクの方を向く。


ELWOOD: Don't go away, Jake.
エルウッド:待っててくれ、ジェイク。

JAKE: (aggravated) Where am I gonna go?
ジェイク:(いらだちながら)どこに行こうってんだ?

Elwood exits the car.Camera: CUT TO
エルウッド、車を降りる。


SCENE 120
Location: INT. PLANT - PUNCH CLOCK - DAY
Elwood lines up with the others at a digital time clock. He takes a card, punches in, replaces his card and moves on. The clock clicks and beeps.
エルウッド、デジタル時計を通じて誰かと会話する。カードを取り出して機械に差し込み、カードを戻すと、動き出す。時計はチクタク言ったりビービー言ったりしている。


SCENE 121
Location: INT. PLANT MIXING ROOM - DAY
Elwood walks past a series-of 15-foot high closed vats and through the door.
15フィート(4.5メートル)もあるタンクがいくつも並ぶ中を抜けて、エルウッド、ドアをくぐる。


SCENE 122
Location: INT. PLANT - ASSEMBLY ROOM - DAY
Thousands of aerosol cans sit on long conveyors and belts. Employees stand at various posts on the lines. The cans are clattering through various stages of production. As Elwood walks through the plant he occasionally lifts a can from the line and covertly slips it into his jacket.
何千ものスプレー缶がベルトコンベアの上を流れている。従業員はベルトの各所に立っている。スプレー缶はいくつもの製造過程を通過してゆく。エルウッド、そこを通りすぎながら、さりげなくひとつの缶を自分のジャケットに入れる。


SCENE 123
Location: INT. PLANT - FINISHING LINE - DAY
A different section of conveyor. It is humming, stationary. A BIG WOMAN in safety goggles sorts through the cans, pulling them off and placing them in boxes.
コンベアの別の所では、大柄な女性がクスクス笑いをしている。彼女は缶を集めて箱詰めする仕事をしている。


SCENE 124
Location: ELWOOD
He approaches the woman, gives her a small wave, picks up a can from in front of her.
エルウッド、その女性に近づき、小さく手招きする。彼女の前から一本の缶を手に取る。


SCENE 125
Location: CLOSEUP - CAN
An 11 oz. can of Gillette Hot Shave.
髭剃り用のシェイブの缶である。


SCENE 126
Location: ELWOOD AND WOMAN
Elwood holds the can of shaving cream above his mouth. The woman shakes her head "no!" Elwood nods "yes" and fills his mouth with shaving cream. He swallows the cream, smiles licks his lips and rubs his stomach with enjoyment. The woman shakes her head resignedly. Elwood continues to walk down the line and quickly lifts two more cans and slips them into his coat pocket. He stops at a door marked SUPERVISOR.Camera: CUT TO
エルウッド、シェービングクリームの缶を口に持ってゆく。女性、「ノー!」と首を振るが、エルウッドは「イエス」と首を振り、自分の口をシェービングクリームで満たして、飲み込み、舌なめずりをして楽しそうに腹をさする。女性、あきらめたように首を振る。エルウッドはラインに沿って歩き続け、缶をもう二本くすねる。「監督室」と書かれたドアの前で止まる。


SCENE 127
Location: INT. SUPERVISOR'S OFFICE
A bulky man in a blue shirt sits at a desk. Two knocks are heard on the door.
青いシャツを着た太った男がデスクに座っている。ノックの音が2回響く。


SUPERVISOR: Come in.
監督:入りなさい。

Elwood enters and approaches the Supervisor's desk.
エルウッド、デスクに近づく。


ELWOOD: Sir....
エルウッド:監督…

SUPERVISOR: What is it?
監督:なんだ?

ELWOOD: I gotta quit.
エルウッド:やめなきゃいけなくなりました。

SUPERVISOR: Why is that, Elwood?
監督:どうしたんだ、エルウッド?

ELWOOD: I'm... I'm going to become a priest.
エルウッド:おれ…聖職者になろうかと思いまして。

SUPERVISOR: Okay...I'll call payroll and get your severance ready...good luck...
監督:オーケー…給与明細と契約解除の書類を持ってくる…グッドラック…

SCENE 128
Location: ELWOOD

ELWOOD: God bless you, sir.
エルウッド:監督、神の恵みのあらんことを。

Camera: CUT TO
SCENE 129
Location: EXT. BLUESMOBILE - PARKING LOT - STATIONARY
Elwood is rummaging through the glove compartment. Beer cans, receipts, scraps of paper, wire, matchbooks, bits of n.d. metal bulge out onto Jake's lap. Jakes sorts through the refuse and locates a Marlboro cigarette box, the seams of- which have been torn and separated to flatten the box into a writing surface. It is covered with crude ink scrawlings.
エルウッド、助手席の小物入れをあさる。ビールの缶にレシート、紙くず、針金、マッチ箱、日付のない金属製のよく分からないもののカケラがジェイクの膝の上にたまってゆく。ジェイク、その中からマルボロの箱を拾い上げる。潰れた箱に、インクで何か書いてある。



JAKE: What's this?
ジェイク:なんだこれ?

ELWOOD: (smiling) It's the last known address of Bones Malone and Blue Lou Marini.
エルウッド:(微笑んで) これがボーンズ・マローンとブルー・ルー・マリーニの、最後に分かってる住所だ。

Jake lights a cigarette.
ジェイク、タバコに火をつける。


JAKE: The Lord works in mysterious ways.
ジェイク:神様のやることは、わからねえもんだな。

Camera: CUT TO
SCENE 130
Location: EXT. FACTORY PARKING LOT - DAY
as the Bluesmobile roars out of the parking lot. For the first time we hear "The Peter Gunn Theme" which will become the Blues Brothers signature tune for the rest of the picture.
ブルースモービル、駐車場を出る。ここで初めて「ピーターガンのテーマ」が流れる。以後、この曲が映画の中でブルースブラザーズの二人の登場の目印になる。
…当初は、そういう予定だったということなのでしょうね。


SCENE 131
Location: EXT. HIGHWAY - DAY
"The Peter Gunn Theme" builds as the Bluesmobile roars towards the skyline of Chicago.
摩天楼の街シカゴに向かってハイウェイを走るブルースモービルのバックに、ピーターガンのテーマ。


Camera: CUT TO
OMITTED: 132 thru 136
SCENE 137
Location: EXT. CICERO TRIPLEX - DAY シセロの三戸建住宅 昼
"The Peter Gunn Theme" comes in hard as the Bluesmobile rumbles unobtrusively down the street and comes to a halt, double parking in front of a late sixties pink triplex. Jake and Elwood get out of the car and hustle Webb/Morgan style up to the front door.Camera: CUT TO
「ピーターガンのテーマ」がハードに鳴り響く中、ブルースモービルが控えめに登場し、二台分の駐車スペースのある60年代後期に建てられた感じの三戸建の前に止まる。ジェイクとエルウッドは車を降り、ジャック・ウェッブとハリー・モーガンよろしく玄関に急ぐ。


カットシーンはここまで。

SCENE 138
Location: EXT. TRIPLEX - WIDE SHOT
Jake and Elwood stand rigidly at either side of the front door, an outer aluminum one graced with painted bullrushes. Jake hammers on the glass with the back of his knuckles. Jake and Elwood wait grimly. The inner door opens. MRS. TARANTINO an elderly, darkly-handsome woman dressed for mourning, peers inquisitively through the glass.
ジェイクとエルウッド、いかめしく玄関のドアの両側に立つ。外側のアルミには牛の絵が描いてある(?)。ジェイク、手の甲でドアのガラスをノックする。二人、厳格な表情を浮かべて待つ。内側のドアが開き、タランティーノ夫人が現れる。年配で影のあるハンサムな女性。興味深げにガラスの向こうからのぞいている。


JAKE: Mrs. Toronto?
ジェイクトロントさんですかな?

MRS. TARANTINO: Tarantino.
タランティーノ夫人タランティーノです。

ELWOOD: (with a hint of Jack Webb) May we come in, ma'am?
エルウッド:(ジャック・モーガンの口調で)上がってもよろしいかな?マダム。

The lady admits them.
タランティーノ夫人、同意する。


SCENE 139
Location: INT. TRIPLEX HALLWAY - DAY
Jerry Vale sings Italian love songs through a phonograph o.s. The hall abounds in modern American porcelain sculpture. Jake reads off the torn-up cigarette pack.
ジェリー・ベールの歌うイタリア語のラブソングが蓄音機から流れている。部屋の中はアメリカ製のモダンな時期製品であふれている。ジェイク、タバコの箱の文字を読む。


JAKE: Mrs ... Taranto... ?
ジェイク:タラント…さん?

MRS. TARANTINO: Tarantino....
タランティーノ夫人タランティーノです…

JAKE: Ma'am, do you have a Mr. Thomas Malone and a Mr. Louis Marini living here?
ジェイク:マダム、トーマス・マローンという男性とルイス・マリーニという男性はこちらにお住まいでしょうか。

MRS. TARANTINO: No. They moved out a long time ago. I don't take any more boarders... not for a long time.
タランティーノ夫人:いいえ、もうずいぶん前に引っ越しました。最近になって下宿屋もやめてしまいましたもので…

Camera: CUT TO
SCENE 140
Location: WOMAN'S P.O.V. 女性の視点
Jake and Elwood in their suits, glasses and hats, with the Bluesmobile in the b.g. outside.
スーツをまとい、サングラスと帽子姿のジェイクとエルウッド。外のガレージにはブルースモービルが停まっている。


JAKE: Did they leave a forwarding address, a phone number...?
ジェイク:二人は引っ越し先の住所や電話番号を残して行きませんでしたか?

ELWOOD: Did they live quietly...
エルウッド:静かに暮らしていたんでしょうか。

MRS. TARANTINO: They were good boys, but they made a lot of racket at night. Are you the police?
タランティーノ夫人:いい子たちでしたよ。夜中にしょっちゅう大騒ぎをしてましたけど。お二人は、警察の方?

ELWOOD: No, ma'am, we're musicians.
エルウッド:いいえマダム。我々は、ミュージシャンです。

"The Peter Gunn Theme" comes up hard.Camera: CUT TO
「ピーターガンのテーマ」ハードに流れ出す。カメラ切り替わる。


SCENE 141
Location: INT. BLUESMOBILE - STATIONARY - IN FRONT OF TRIPLEX - DAY
Elwood has started the car when Mrs. Tarantino comes running up.MRS.
エルウッドが車を動かしたところで、 タランティーノ夫人が追いかけてくる。


TARANTINO: Oh, Mr. Man!
タランティーノ:ああ、もしもし!

ELWOOD: Yes, ma' am?
エルウッド:何でしょうか?マダム。
MRS. TARANTINO: They leave this card. Maybe it help you.
タランティーノ夫人:二人はこのカードを置いて行きました。お役にたつんじゃないでしょうか。

Elwood takes the card.Camera: CUT TO
エルウッド、カードを受け取る。カメラ、切り替わる。


SCENE 142
Location: INSERT ELWOOD'S P.O.V. - CARD - DAY
DISCO POLKA MURPH and THE MAGICTONES PARTIES WEDDINGS Call Murph:(312) KL5-7000Rm. 302"
カードは名刺。「ディスコにポルカ、パーティに結婚式、マーフ&マジックトーンズにご用命ください(電話番号)」


The Peter Gunn Theme" comes in hard.Camera: DISSOLVE TO
ピーターガンのテーマがハードに流れ出す。溶暗。


SCENE 143
Location: EXT. RAMADA INN - NIGHT - WIDE SHOT
A Ramada Inn that is buried under expressway ramps. In the parking lot there is a pole with a sign lit, up on it next to the freeway: WELCOME EXTERMINATORS - DANCING - MURPH AND THE MAGICTONES. The Bluesmobile pulls into the parking lot. Jake and Elwood get out and enter the Ramada Inn.
高速道路の出口の高架下にラマダ・イン(モーテルのチェーン店)が建っている。駐車場のポールには、高速から見えるように以下の文字がライトアップされている。「エクスターミネーターのみなさん、ようこそ!マーフ&マジックトーンズの演奏で、ダンスを!」。ブルースモービル、駐車場に停まり、ジェイクとエルウッド、ラマダ・インに入ってゆく。


SCENE 144
Location: INT. RAMADA INN - COCKTAIL LOUNGE ラマダ・インのカクテルラウンジ
A small Mediterranean-decor lounge -- a tacky place with tacky waitresses. Jake and Elwood enter and sit at a table in the back. The room is sparsely populated. A stage with orange curtains is sat up at the end of the lounge. A five-piece band is playing in front of Fender speakers and amplifiers all covered in orange shag upholstery. The group is playing an up-tempo, percussive version of "Di Mi, Quando, Quando, Quando." The band members all wear ruffled shirts, bow ties, and burgundy tuxes. They are Murphy at the organ, Donald "Duck" Dunn on the bass guitar, Willie Hall on drums, Tom "Bones" Malone on horns and Steve "The Colonel" Cropper on guitar. Murphy is singing the lyrics in Italian. His heart is in the song.
地中海風に飾られた小さなラウンジ。安っぽいウェイトレスのいる安っぽいところ。ジェイクとエルウッド、後ろのテーブルにつく。客の数はまばら。オレンジのカーテンのついたステージでは5人編成のバンドが演奏中。フェンダーのスピーカーとアンプのそれぞれにも、オレンジの布がかぶせてある。5人はアップテンポでパーカッションを効かせた「クァンド・クァンド・クァンド」を演奏している。バンドメンバーは全員フリルのついたスーツに蝶ネクタイ、ワインレッドのタキシードを着ている。オルガンにマーフィー、ベースにドナルド「ダック」ダン、ドラムにウィリー・ホール、トム「ボーンズ」マローン、ギターにスティーブ「ザ・カーネル」クロッパー。マーフィーはイタリア語で歌っている。彼の心は歌の中。


SCENE 145
Location: JAKE AND ELWOO
They exchange pained looks.
ジェイクとエルウッド、悲痛な視線を交わす。



Tony Renis-QUANDO QUANDO QUANDO(1962)

Quando quando quando

Dimmi quando tu verrai
dimmi quando quando quando
l'anno il giorno l'ora in cui
forse tu mi bacerai

いつになったら会えるのですか。
教えてください。
いつ?いつ?いつ?
何年、何日、何時間待てば
私にキスしてくれるのですか。


ogni istante attendero'
fino a quando quando quando
d'improvviso ti vedro'
sorridente accanto a me

いつも私は待っています。
その時、その時、その時まで。
突然あなたが現れて
私のそばでほほえんでくれる
その時まで


se vuoi dirmi di si
devi dirlo perchè
non ha senso per me
la mia vita senza te

あなたさえよければ
「シ (Yes)」と言ってください。
あなたのいない人生は
私にとって何の意味もありません。
それがなぜだか
あなたにはわかるでしょうか。


dimmi quando tu verrai
dimmi quando quando quando
e baciandomi dirai
non ci lasceremo mai

いつになったら会えるのですか。
教えてください。
いつ?いつ?いつ?
私にキスして
「もう離れない」と言ってくれるのは
いつなんですか。


se vuoi dirmi di si
devi dirlo perchè
non ha senso per me
la mia vita senza te

あなたさえよければ
「シ (Yes)」と言ってください。
あなたのいない人生は
私にとって何の意味もありません。
それがなぜだか
あなたにはわかるでしょうか。


dimmi quando tu verrai
dimmi quando quando quando
e baciandomi dirai
non ci lasceremo mai

いつになったら会えるのですか。
教えてください。
いつ?いつ?いつ?
私にキスして
「もう離れない」と言ってくれるのは
いつなんですか。


dimmi quando tu verrai
dimmi quando quando quando

いつになったら会えるのですか。
教えてください。
いつ?いつ?いつ?