華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Just the Way You Are もしくはブルースブラザーズ特集#10 (1977. Billy Joel)

  • ジェイクとエルウッド、今でも音楽を続けているかつてのバンドメンバーと再会。「ブルース・ブラザーズ・バンド」再結成のための策略をめぐらす。

SCENE 146
Location: STAGE
The band finishes up the song; the audience applauds politely.
バンド、演奏を終える。まばらな観客、礼儀正しい拍手。


MURPHY: (soothingly) Thank you, thank you. You're marvelous, Marvelous! I'm Murph and these are the Magictones: Duck, The Colonel, Willie and Bones Malone. To those of you who are here With us for the first time, we extend a Very warm welcome. This is the Armada Room of Indiana's newest Ramada Inn here at Exit 128 of the Tollway. There, you know where we are, who we are and who we love to see, you, so please come back anytime after six p.m. weekdays and seven p.m. weekends. From Murph and the Magictones, here's how we feel about you.
マーフィー:(弁解がましく)ありがとうございます。ありがとうございます。みなさん素晴らしい。素晴らしい!私はマーフで、後ろはマジックトーンズです。ダック・ザ・カーネルとウィリー、それにボーンズ・マローン。初めてこちらにお越しの皆さまを、心より熱く歓迎申し上げます。こちらはトールウェイ128番出口下、インディアナ州最新のラマダ・インのアルマダ・ルームでございます。我々が誰でどこにいて誰と会いたがっているか、みなさんご存知でしょうか。それはみなさんです。ですからウイークデーは6時から、週末は7時から、ぜひまたお越しください。マーフとマジックトーンズでした。いかがでしたでしょうか?


Murphy Dunne - Wikipedia
The band breaks into a loud, symphonic rendering of "Just The Way You Are." Murphy sings two verses. The instruments build to a crescendo.
バンド、ビリー・ジョエルの「素顔のままで」を演奏しはじめ、マーフィー、二行ほど歌う。演奏、フェイドアウト


SCENE 147
Location: WIDE SHOT - LOUNGE
The stage lights go out. The audience applauds politely. Cash registers bang into action. The waitresses move in to serve. Jake and Elwood get up and make their way to the stage.
ステージライトが消え、まばらな観衆の礼儀正しい拍手。レジの音がして、ウェイトレスが動き始める。ジェイクとエルウッド、ステージに向かう。


JAKE: Hello, boys.
ジェイク:よお、ボーイズ。

Murphy looks up and sees Jake. He laughs. The other band members don't look very happy to see either Jake or Elwood.
マーフィー、ジェイクの顔を見て、笑う。他のバンドメンバーは、ジェイクとエルウッドを見ても、それほど幸せそうな顔をしていない。


MURPHY: Ho! Ha! Haa! You mad men, I don't believe It. Jake, you monster. Ha! Incredible. Ha! I love you, you maniac! What are you doing out so early? I thought they gave you five years.
マーフィー:ほお!は!はあ!madなやつらだな。信じられないよ。ジェイク。お前は怪物だ。はあー!信じられない。いやー!愛してるぜmaniac. どうやってそんなに早く出てこれたんだい?5年の刑だったと思ったけど。
…madもmaniacも「精神病者」に対する最悪の差別語です。批判を込めて台本の原文をそのまま転載しました。

JAKE: Parole. Good Behavior.
ジェイク:仮釈放だ。素行良好につき。

MURPHY: Ho! Good behavior...you party animal, I Love ya. Amazing! How's your brother? I'm asking you because I know he can't answer that. He never talks ...he's a robot...you never talk, do you, Elwood?
マーフィー:ほお!素行良好!このパーティ大好き人間め。愛してるぜ。すごいじゃないか!お前のきょうだいはどうしてるんだい?何でジェイクに聞くのかと言えば、エルウッドが答えられないことは知ってるからな。ロボットだもん。お前、喋れないんだろ?エルウッド。

ELWOOD: No, I guess not.
エルウッド:うん。喋れないと思う。

MURPHY: Ha! Ho! I say, 'You never talk, do you?', Then he says, 'No!' I love you guys, you're maniacs. I love ya!
マーフィー:はは!「喋れないんだろ」って言ったら「うん」だとよ。愛してるぜお前たち。まったくmaniacな連中だ。愛してるぜ!

The other members of the band eye Jake and Elwood with open hostility.
他のメンバーは、あからさまに敵意を持った目でジェイクとエルウッドを見ている。


ELWOOD: (to band) Nice to see you guys.
エルウッド:(バンドに向かって)久しぶりだな。

Murphy steps on stage, grabs a microphone.
マーフィー、ステージに上がり、マイクを握る。


MURPHY: Ladies and gentlemen... excuse me. Two very dear, very close, very old friends of mine just dropped in. I once had the priviledge of arranging their music and playing in their band. In fact, all of the Magictones were once part of their band. Who here remembers The Blues Brothers!?!
マーフィー:レディース&ジェントルメン…失礼いたします。2人のとてもステキな、とても親しい、とても古い友人が立ち寄ってくれました。かつて私はかれらの曲をアレンジしてやり、そのバンドで演奏してやっていたものです。実際のところ、マジックトーンズはかつて全員そのバンドのメンバーだったのです。誰か「ブルースブラザーズ」のことを覚えてる方はいらっしゃいますか?

There is no response from the audience.
会場からは返事がない。


MURPHY: (undaunted) Jake and Elwood!! Get up here, you maniacs. Come on up here.
マーフィー:(全く気にせず)ジェイク&エルウッド!上がってこいよこのmaniacども。上がってこいったら。

Jake and Elwood mount the stage and stand politely, their hands clasped in front of them.
ジェイクとエルウッド、礼儀正しくステージに上がる。観客の前で握手が交わされる。


SCENE 148
Location: STAGE - WIDE SHOT

MURPHY: Beautiful Thank you. One day you I play a gig with these guys, the next day they're out cultivating their criminal records...that's the kind of maniacs I have for friends. I'll be back with the Magictones for the Armada Room's two-hour Disco Swing Party after this short break...thank you!
マーフィー:ビューティフル、サンキュー!ある日私はこいつらと一緒にギグをして、次の日にこいつらは前科を作りに言ったんですよ…まあ、言ってみればmaniacな友人です。この後ここアルマダルームでは2時間のディスコパーティが開催されます。休憩を挟みまして私とマジックトーンズは戻って参ります。サンキュー!

Murphy switches on a tape recorder which fills the room with muzak.Camera: CUT TO
マーフィー、テープレコーダーのスイッチを押す。あたりさわりのないBGMが部屋を満たす。
…ここまでのシーンは、ほとんどカットされている。実際に使われているのは、太字で示したマーフィーの台詞のみ。なお、映画の中では、「素顔のままで」はこのテープレコーダーから流れるBGMとして使われている。


SCENE 149
Location: INT. RAMADA LOUNGE - MURPHY'S TABLE - NIGHT - JAKE and ELWOOD ラマダ・インのラウンジ
They are sitting at Murphy's table with the rest of the band. Jake and Elwood exchange polite handshakes with the band.
ジェイクとエルウッド、他のバンドのメンバーと一緒にマーフィーのテーブルに座っている。2人はバンドメンバーと礼儀正しい握手を交わす。


JAKE: Hey, Willie ... Bones ... Hi, Duck, Colonel, Steve.
ジェイク:やあウィリー…ボーンズ…よおダック、カーネル、スティーブ。

DUCK: Hello, Jake.
ダック:やあ、ジェイク。

WILLIE: Hey, man. Aren't you out too early I thought they gave you five years.
ウィリー:おいお前、出てくるのが早すぎるんじゃないのか?5年だったと思ったが。

JAKE: Yeah, thanks for all your kind and thoughtful gifts ... the letters, the visits....
ジェイク:ああ、お前らの親切には感謝してるよ。手紙をくれたり面会に来たりしてくれて…

BONES: Hey, come on, man, you know hospitals and prisons bring us down ... you understand.
ボーイズ:おいおい、勘弁してくれよ。病院と刑務所はおれたちを落ち込ませるんだ。分かってるだろう?

MURPHY: Liz, get over here, you slinky dame.
マーフィー:リズ、こっちに来てくれないか。セクシー姉ちゃん。

Liz, the waitress, joins them.
ウェイトレスのリズが輪に加わる。


MURPHY: Beautiful. Bring us a bottle of bar whiskey and seven shot glasses....
マーフィー:ビューティフルだ。バーウイスキーを一本とショットグラスを7つ持って来てくれよ。
…ここまでのシーンは全てカットされている。

WILLIE: So, Jake, you're out. You're free ...you're rehabilitated... what's next? What's happening, whatcha gonna do? You got the money you owe us, motherfucker?
ウィリー:それでジェイク、お前は出てきたわけだ。今じゃもう自由なわけだ。リハビリも済ませたわけだ…それで、次は何だ?どういう感じなんだ?どうするつもりなんだ?お前、おれたちに払わなくちゃいけないカネがあるはずだよな、マザーファッカー?
…この後、太字の台詞以外は全てカットされている。


Willie Hall (drummer) - Wikipedia

JAKE: We're putting the band back together.
ジェイク:おれたちはバンドのメンバーを連れ戻しに来た。

MURPHY: Ha! You monster, how? Forget it. It's not possible.
マーフィー:はっ!この怪物め。どうやって?忘れちまえよ。できない相談だ。

COLONEL: (laughs) Really, man. You still owe us our wages from the last gig.
カーネル:(笑う) そうだとも。お前、最後のギグの給料、おれたちにまだ払ってないんだぜ。


スティーヴ・クロッパー - Wikipedia

JAKE: Come on, you guys, this is different.
ジェイク:聞いてくれお前ら。それは違うんだ。

ELWOOD: This time we're on a mission from God.
エルウッド:今回われわれは神の使命を果たそうとしている。

BONES: Hmmm. Is God arranging for the bread you owe us?
ボーンズ:むむむ?神様がパンをこしらえて、お前らのためにおれたちにツケを払ってくれるって言うのか?


Tom Malone (musician) - Wikipedia

JAKE: All right, so I owe you a few nights wages. So what? I tried to make good on it.
ジェイク:その通り。確かにおれはお前らに何日か分のツケがある。だが、それがどうした?おれは、何とかしようとしたんだ。

WILLIE: Yeah, one time you spent our money on a case of wine for yourself.
ウィリー:ああ、確かにお前はいっぺん、おれたちのカネをワインひとケースと代えてくれたよな。自分だけのために。

DUCK: Okay, okay, ease up. In the first, place, the way I heard it, Jake got locked in jail for sticking up a gas station to pay us.
ダック:オッケーオッケー、落ち着けよ。そもそも、おれが聞いたところでは、ジェイクがガソリンスタンドに押し込もうとして刑務所送りにされたのは、おれたちの給料のためだったって話じゃないか。


ドナルド・ダック・ダン - Wikipedia

COLONEL: He did?
カーネル:まじか?

BONES: What?
ボーンズ:なんだって?

ELWOOD: Look let s just get something straight here. The reason he got locked in the slammer in the first place was for sticking up a gas station to cover you guys.
エルウッド:はっきりさせておこう。ジェイクがガソリンスタンドに押し入ろうとして刑務所送りになったのは、そもそも諸君に埋め合わせをするためだったんだ。
…映画ではここでダックの「You're kidding!」という台詞が入る。台本と役柄が全く違う。

ELWOOD: He pulled that job to pay for the bands room service tab from that Chiwanous gig in Pols city.
エルウッド:ジェイクがあれをやったのは、ポルス・シティのチワノーズ(フロリダ州の地名?)のギグの時のバンドのルームサービス代を払うためだったんだぞ。

COLONEL: You did!?
カーネル:そうだったのか?


JAKE That's right, so I don't wanna hear anymore of this small change shit.
ジェイク:その通りだ。だが、小さなことはもう水に流そう。

…映画ではこの後、エルウッドの「We're putting the band back together.(おれたちはバンドのメンバーを集め直そうとしてる」という台詞が入る。

DUCK: Now, I believe he did! I believe he did. So just ease up on poor old Jake.
ダック:ああ、ジェイクはそうしたんだ。おれは信じるよ。だからみんな、ジェイクにそんな顔するのはやめてやれよ。

JAKE: Thanks, Duck. You guys like it here? Oh! This is a class place! Murph and the Magictones. You were the backbone, the nerve center of a great rhythm and blues bard. You can make it live and breathe and jump again.
ジェイク:ありがとよ。ダック。お前ら、こんなところでやりたいか?ああ!実際ここは大したところだよ。マーフ&マジックトーンズ。お前らはかつては偉大なリズム&ブルースの吟遊詩人の背骨であり中枢神経だったやつらじゃないか。もう一度、命を取り戻し、呼吸し、飛び跳ねたいとは思わないのか?

ELWOOD: We were wicked. Wicked.
エルウッド:我々はワルかった。スゴかった。

JAKE: Listen, pal. Who here at this table can honestly say that they have ever played as fine as they did with us or have it feel as good as it did when you were a Blues Brother? "Murph and the Magictones." Look at yourselves in those candy-ass monkey suits! I thought I had it bad in Joliet.
ジェイク:聞けよキョーダイ。このテーブルを囲む連中の中で、お前らがブルースブラザーの一員だった時ぐらいイカした演奏を、最高に気持ちいい演奏を今でもやれてるって心から言えるやつ、いるか?「マーフとマジックトーンズ」だ?腰抜けタキシードなんか着やがって。ジョリエット刑務所で着てたやつよりひどいぜ。

WILLIE: At least we got a change in clothes, sucker. You're wearing the same shit you had on three years ago.
ウィリー:少なくともおれたちは着替えたぜ、能なしジェイク。お前は三年前と同じ服を着てるじゃないか。

The band laughs.
バンド、笑う。


DUCK: He ain't lying, though, we had a band powerful enough to turn goat piss Into gasoline.
ダック:ジェイクの言うことにも一理ある。あの頃はおれたち、ヤギにガソリンの中へ小便させるぐらいパワフルな演奏をしてたもんだ。

BONES: But we'll never get that sound again, not without another horn. We'll never get Mr. Fabulous!
ボーンズ:けど、おれたちにもうあのサウンドは出せないよ。ホーンが無けりゃ。ミスター・ファビュラスは帰ってこないんだ。

JAKE: Yeah! Where is he?
ジェイク:それだよ。あいつ、どこにいるんだ?


WILLIE: Forget it. Mr. Fabulous is the top maitre d' at the Chez Paul. He's drawing six bills a week.
ウィリー:忘れた方がいい。ミスター・ファビュラスはシェズ・ポール・レストランの支配人をやってるんだ。週に600ドルも稼いでるんだぜ。


COLONEL: And Matt Murphy up and got married
カーネル:マット・マーフィーは結婚しちまったしな。


JAKE: Where is Matt "Guitar" Murphy?
ジェイク:マット「ギター」マーフィーはどこにいるんだ?


BONES: Dig it. He opened up a soul food restaurant with his old lady on Maxwell Street, and he took Blue Lou with him.
ボーンズ:聞いてくれよ。あいつはマックスウェル・ストリートに、かみさんと一緒にソウルフードのレストランを開いたんだ。ブルー・ルーもあいつが連れてった。

JAKE: Don't worry about Matt and Mr. Fabulous.
ジェイク:マットとミスター・ファビュラスのことは心配するな。

WILLIE: You'll never get Matt and Mr. Fabulous out of them high paying gigs.
ウィリー:マットとミスター・ファビュラスを連れ戻すのはムリだぜ。払いのいい仕事から引き剥がすなんて。

ELWOOD: The Lord will show us a way.
エルウッド:主が導いてくださる。

JAKE: (slowly smiles) God and I have an understanding.
ジェイク:神様とおれには、ちゃんと分かってる。

ELWOOD: We are on a mission from God.
エルウッド:我々は神の使命を果たそうとしているのだ。

"The Peter Gunn Theme" comes in strong.Camera: CUT TO
ピーターガンのテーマ、力強く鳴り響く。カメラ切り替わる。



Billy Joel - Just the Way You Are

Just the Way You Are

Don't go changing to try and please me
You never let me down before
Don't imagine you're too familiar
And I don't see you anymore

きみには変わってほしくない。
ぼくをよろこばせようなんて
考えなくていい。
なれなれしすぎるんじゃないかとか
もう会えなくなるんじゃないかとか
そんなことは考えないでほしい。


I wouldn't leave you in times of trouble
We never could have come this far
I took the good times; I'll take the bad times
I'll take you just the way you are

どんなに苦しいときだって
きみのそばを離れたりはしない。
こんなに長いこと
一緒にやってこれたんじゃないか。
楽しいことはもちろんだけど
楽しくないことも受け入れる。
そのままのきみを
ぼくは受け入れたいと思う。


Don't go trying some new fashion
Don't change the color of your hair
You always have my unspoken passion
Although I might not seem to care

流行りの格好をしようとか
髪の色を変えようとか
してほしくないんだ。
口には出さないけど
ぼくはいつもきみに熱くなってる。
何も気にしてないみたいに
見えるかもしれないけど。


I don't want clever conversation
I never want to work that hard
I just want someone that I can talk to
I want you just the way you are

気の利いた会話なんて
別にしたいとも思わないし
いちいち気を使うのはいやなんだ。
ぼくはただ
話し相手がほしいだけで
きみにはただ
きみらしくしていてほしい。


I need to know that you will always be
The same old someone that I knew
What will it take till you believe in me
The way that I believe in you?

きみはこれからも
ぼくが昔から知ってる
だれかのままでいてくれるかな。
それが知りたい。
ぼくがきみを信じているように
きみがぼくを
信じてくれるようになるためには
どうしたらいいんだろうね。


I said I love you and that's forever
And this I promise from the heart
I could not love you any better
I love you just the way you are

いつまでも愛してる
とぼくは言ったんだ。
心からの約束だよ。
そのままのきみを
ぼくは愛している。
それがぼくにできる
最高の愛し方なんだ。