華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Hey Bartender もしくはブルースブラザーズ特集#11. (1961. Laurel Aitken)

  • ジェイクとエルウッド、トランペッターのアラン"Mr.ファビュラス"ルービンをバンドに連れ戻すために、彼が支配人を勤めるフランス料理店「シェズ・ポール」に押し入る。

SCENE 150
Location: EXT. SIDEWALK CAFE/RESTAURANT - NIGHT
Reproduction antique gas lights illuminate diners outside an old restored brick house. A reproduction anitique gilt sign hangs above the doorway: CHEZ PAUL Camera: CUT TO
模造のアンティークのガス灯が、レンガ造りの修復された建物を照らし出す。模造のアンティークの金メッキの看板が入口に下がっている。「(フランス語で)ポールの家」


SCENE 151
Location: INT. RESTAURANT - NIGHT レストラン、夜。
Quiet, formal, elegant. The Maitre d' assists in seating a straight, well-to-do Mom, DAD and their children, a boy of eight, and two daughters in their twenties. The Maitre d' is Allan "Mr. Fabulous" Rubin. He gracefully holds a chair for Mom. A look from Mom as he places her chair her betrays a trace of his magnetism to women.
静かでフォーマルでエレガント。支配人、身なりのいい母親と父親、子どもたちを席に案内している。8歳の男の子と、20代の娘が2人。その支配人がアラン「ミスター・ファビュラス」ルービンである。アランはうやうやしく母親に椅子をすすめる。アランを見る母親の視線が、彼の持つ女性に対する魅力を浮き彫りにしている。


AL: Might I say, sir, that you have a lovely family, and although I'm sure the waiters we have assigned to serve you this evening are more than competent, I urge you to summon me if I can be of any assistance, in any capacity, please.
アル:すてきなご家族ですね。ご主人。当方のウェイターは完璧なサービスを心がけておりますが、もしその上でなにかお役に立てることがありましたら、ただちに私をお呼びくださいませ。

DAD: Well, thank you. How about some menus?
父親:うむ、ありがとう。メニューはあるかね?

SCENE 152
Location: WIDE SHOT
Al nods his head sharply. A very gay, young man in crisp, white shirt and apron glides over to the table and begins handing out menus.
アル、きびきびとうなずく。白いシャツとエプロン姿のとても快活な青年がテーブルに飛んできて、メニューを配り始める。


AL: This is Kent. I concur with his selections this evening. We serve an excellent Vichyssoise, not too salty, not too creamy, made with leeks.
アル:彼はケントです。彼の今晩のお薦めに私も同意します。今宵私どもは素晴らしいビシソワーズを用意しております。塩は強すぎず舌触りはなめらかすぎず、薬味にはリーキを使っております。
…leeksは「西洋ニラネギ」とあった。ニラなのかネギなのか、はっきりしてほしい。なお、ここまでのシーンは映画ではカットされている。

Camera: CUT TO
SCENE 153
Location: EXT. RESTAURANT - NIGHT
"The Peter Gunn Theme" comes in hard as the Bluesmobile rumbles up and parks.Camera: CUT TO
ピーターガンのテーマ、ハードに鳴り響き、ブルースモービルがレストランの前に停まる。


SCENE 154
Location: INT. RESTAURANT - NIGHT
Al is at his reservation podium writing in his book, talking on the phone.
アル、予約受付の台に立ち、メモを取りながら電話で話している。


AL: Mainly French cuisine... no, sir ... Mayor Daley no longer dines here ... he's dead, sir.
アル:主にフランス料理です…いいえ…ディレイ市長はもうこちらにはお越しになりません…亡くなられました。はい。

Jake and Elwood enter and lean on Al's podium.
ジェイクとエルウッド、入ってきて、アルの受付台に寄りかかる


AL: ... an excellent wine cellar.
アル:素晴らしいワインセラーもございます。

stunned.
愕然とする。



Alan Rubin - Wikipedia

AL: ... private dining rooms are available... oh no ... I-thought it was supposed to be five years ...didn't you get five years? ... no, sir ... not you...and your name, sir?... Rizzolo ...for eight at eleven-thirty, thank you.
アル:プライベート・ダイニングルームも御利用できます…何てこった。5年じゃなかったのか?…いえ、お客様のことではありません。それで、お客様のお名前は?…リゾロ様…8日の11時半で。かしこまりました。

JAKE: Mr. Fabulous! You look younger than ever, how marvelous it is to see you.
ジェイク:ミスター・ファビュラス!ずいぶん若返ったみたいじゃないか。会えてうれしいぜ。

AL: Wait, you guys can't here come in here.
アル:ちょっと待て。入って来られちゃ困るよ。

JAKE: Nonsense, my dear fellow, my brother and I have come to dine...to celebrate my early release from the service of the state.
ジェイク:ナンセンスだぜ、アル。おれとエルウッドはディナーをとりに来たんだ。イリノイ州政府のサービスで、おれが早く出て来れたことへのお祝いでな。

AL: Wait. Let's talk outside...let's have a cup of coffee outside.
アル:待てよ。外で話そう…外でコーヒーでも飲もう。

JAKE: Why, heavens no! we seek a full meal and all the compliments of the house. Come, Elwood, let us adjourn ourselves to the nearest table and overlook this establishment's board of fare.
ジェイク:何で?とんでもない!おれたちは腹いっぱい食って思いっきりサービスしてもらうんだ。行くぜエルウッド。いちばん近い席に移って、メニューに目を通すとしよう。

The phone rings. Al picks it up.
電話が鳴り、アル、受話器をとる。


AL: Good evening ... CHEZ PAUL ... wait! Hey! (into phone) Ah, sir, would you mind calling back in about five minutes please?
アル:こんばんは。シェズ・ポールでございます…待てよ、おい!(受話器に向かって)申し訳ございません。5分後におかけ直しいたします。



SCENE 155
Location: JAKE AND ELWOOD
as they cruise past Rubin to a table near Mom, Dad, and the family.
ジェイクとエルウッド、ルービンを通りすぎ、先ほどの家族の側のテーブルへ。


SCENE 156
Location: JAKE AND ELWOOD'S TABLE
The family sits in the b.g. Jake and Elwood settle comfortably at the table, tuck their napkins into their shirts. At reception two customers have missed out on their table
家族を背景に、ジェイクとエルウッド、気持ちよくテーブルにつき、ナプキンをシャツの中に突っ込む。2人の客が、予約席を彼らに取られてしまった。


Al: (to the couple who missed out on the table) I'm sure we'll have a table for you in just a few minutes.
アル:(予約席を取られた2人に)大変申し訳ございません。別の席をご用意いたします。

SCENE 157
Location: AL
He is showing two elderly couples to a table.
アルは年配のカップルをテーブルに案内しようとしている。


SCENE 158
Location: JAKE
He inserts his fingers into his mouth and whistles shrilly for a waiter.
ジェイク、指を口に突っ込んで甲高い音で笛を吹き、ウエイターを呼ぶ。


SCENE 159
Location: INT. RESTAURANT - WIDE SHOT
The customers glance in Jake's direction. A Waiter hustles over to the table.
店内の客は一斉にジェイクの方を見る。ウエイターが急いでテーブルに向かう。


SCENE 160
Location: JAKE AND ELWOOD

JAKE: Bring us a bottle of your finest, champagne, five shrimp cocktails and a double order of white toast for my brother.
ジェイク:この店で一番いいシャンパンを持ってきてもらおうか。それにエビの盛り合わせを5つ。きょうだいには白パンのトーストを2枚持ってきてやってくれ。

SCENE 161
Location: AL
He assists in seating one of the elderly ladies. He looks nervously over at Jake and Elwood.Camera: CUT TO
アル、年配の女性が席に着くのをアシストしている。心配そうにジェイクとエルウッドの方を見ながら。


SCENE 162
Location: AL'S P.O.V. - JAKE AND ELWOOD
He sees Jake talking and gesturing to the Waiter.Camera: CUT TO
アルの視点から:ジェイクはウエイターと話したりジェスチャーしたりしている。


SCENE 163
Location: AL
He gasps and hustles over to Jake and Elwood.
アル、ため息をついてジェイクとエルウッドのところに駆け寄る。


i

AL: Excuse me....
アル:失礼いたします…

Camera: CUT TO
SCENE 164

Location: JAKE AND ELWOOD'S TABLE
Mom, Dad, and the family in the b.g.


WAITER: We have a Don Perignon 71 at $120.
ウエイター:71年もののドンペリがございます。一本120ドルになりますが…

JAKE: That'll be fine, pal.
ジェイク:それをもらおう、きみ。

The Waiter leaves. Al leans in to whisper to Jake and Elwood.
ウエイター、立ち去る。アル、かがんでジェイクとエルウッドにささやく。


AL: Hey, c'mon, seriously, you guys, the food here is really expensive... the soup is fucking ten dollars ... c'mon, let's go outside ... I'll buy you a cup of coffee.
アル:おい、マジに聞いてくれ。おまえら、ここの料理はめちゃめちゃ高いんだぞ…スープがファッキン10ダラーズもするんだ。外に出てくれよ。コーヒーおごるからよ。

JAKE: (intense) We're putting the band back together.
ジェイク:(マジで)おれたち、バンドをやり直そうとしてる。

AL: Forget it. No way.
アル:そんなこと、忘れろ。ありえないよ。

ELWOOD: We're on a mission from God.
エルウッド:我々は神の使命で動いているのだ。

The Waiter returns and starts setting down the five shrmp cocktails.
ウエイター、戻ってきて、エビの盛り合わせをセットし始める。


AL: Hold it, hold it...what is this?
アル:ちょっと待て、ちょっと待て、何だこりゃ?

In the b.g. Dad motions for Al.
後ろから例の家族の父親がアルを手招きする。


DAD: Sir ... waiter... sir....
父親:ちょっと、ウエイターくん。

Al walks over to his table.
アル、歩み寄る。


AL: Yes, sir. How are your salads?
アル:はい、お客様。当方のサラダはいかがでしょうか。

DAD: The salads are fine...it's just that ... we.. .we'd like to move to another table... away from these two gentlemen.
父親:サラダはいいのだが…ただ…我々は…別のテーブルに移りたいのだ…あの2人のジェントルマンから離れたところに。
He indicates Jake and Elwood Al looks back at them.
父親、ジェイクとエルウッドの方を指差し、アル、振り向いて2人を見る。




SCENE 165
Location: AL'S P.O.V. - JAKE AND ELWOOD
The Waiter is uncorking the bottle of champagne as Jake tosses a shrimp into Elwood's mouth.
アルの視点:ウエイターがシャンパンのコルクを抜き、ジェイクはエルウッドが開けた口の中にエビを放り込んでいる。


SCENE 166
Location: AL
is very concerned.
アル、困惑する。


AL: Why? Have they been disturbing you?
アル:えー…あのお二人が何かご迷惑を?

DAD: No... it's just that...well frankly, they’re offensive. Smelling. I mean they smell bad.
父親:いや、そうではないが…ざっくり言うと彼らは無礼だ。そして、匂う。イヤな匂いがすると言ってるんだ。

AL: Excuse me, sir, I'll see if I can locate another table for you.
アル:申し訳ございません、お客様。別のテーブルをご用意できるか、見て参ります。

SCENE 167
Location: AL'S P.O.V. - JAKE AND ELWOOD
as they clink their glasses in an elegant toast.
アルの視点:ジェイクとエルウッドはエレガントにグラスを鳴らして乾杯している。


Waiter: Wrong glass, sir.
ウエイター:お客様、グラスが違います。

SCENE 168
Location: INT. RESTAURANT - WIDE SHOT
A group of pin-striped businessmen enter and wait at the reservation podium.
縦縞スーツのビジネスマンのグループが店に入ってきて、受付台に立つ。


He leaves to greet the new customers.
アル、新しい客の方に向かう。


SCENE 169
Location: ANGLE - JAKE AND FAMILY
Jake slides over and growls at Dad through a mouthful of shrimp.
ジェイク、口いっぱいにエビを詰め込んで、例の家族の父親に荒っぽい口調で話しかける。


JAKE: How much for the little boy... the women ... how much for the women?
ジェイク:よお、その男の子、いくらだ?それからその姉ちゃんたち、いくらだ?

DAD: What ... ?
父親:…何と?

JAKE: Your women... I want to buy your women... the boy... your two daughters... sell them to me... sell me your children....
ジェイク:お前の女らだよ…買いたいんだ。その男の子と、2人の娘さんと。売ってくれよ。お前の子どもらをよお。

DAD: Waiter.. sir ... please ... waiter!
父親:ウエイターくん、ウエイターくん!

SCENE 170
Location: JAKE AND ELWOOD
Al returns to their table.


AL: (pleading) Hey, cut it out. The manager is going to ask me to call the cops.
アル:(懇願する)おい、やめてくれよ。ここの経営者、おれに警察呼べって言い出すぞ。

JAKE: Al, would you do that to me?
ジェイク:アル、それをおれに、やるのかよ。

ELWOOD: He just got out ... he's on parole... you can't call the cops on him, man.
エルウッド:ジェイクは出所したばかりだ…仮釈放なんだ…警察なんか呼んだら、許さないぞ。

JAKE: (emphatically) We're putting the band back together.
ジェイク:(断固として)おれたちはバンドをやり直したいんだ。

AL: I said no …absolutely not!
アル:イヤだって言ったろう。絶対ムリだよ!

Jake growls at Dad.
ジェイク、父親にからむ。


JAKE: You! How much for your wife?
ジェイク:よお、お前のカミさん、いくらだ?

AL: I can't! I don't play anymore.
アル:ムリだよ!おれはもう演奏しないよ!

JAKE: We're putting the band back together. We need you. We need your horn.
ジェイク:おれたちはバンドを集め直してるんだ。お前が必要なんだ。お前のラッパが必要なんだ。

AL: I can't. I really can't.
アル:ムリだよ。マジでできねえよ。

ELWOOD: We got everybody else except Matt 'Guitar' Murphy and we're getting him next.
エルウッド:マット「ギター」マーフィー以外のメンバーは全員そろった。次はあいつの所に行くんだ。

AL: Forget it. No way..
アル:忘れろよ。ムリだよ…

Jake lets out an enormous belch. The entire restaurant is now watching with horror. Elwood eats an entire loaf of white bread.
ジェイク、巨大なげっぷをする。レストランの全体が、今や恐怖に包まれている。エルウッドは白パンの塊を口に詰め込んでいる。


JAKE: If you say no, Elwood and I will come here for breakfast, lunch, and dinner every day of the week.
ジェイク:イヤって言うなら、エルウッドとおれは、朝昼晩、毎日ここに来るぞ。

AL: Okay, okay, I'll play ... You got me!
アル:オッケーオッケー、やるよ、おれの負けだよ!

DAD: Sir....sir ....
父親:ウエイターくん、ウエイターくん…

SCENE 171
Location: INT. RESTAURANT - WIDE - JAKE AND ELWOOD
get up and quickly leave the restaurant. Al holds up the bottle of champagne and shakes it...it is empty.
ジェイクとエルウッド、立ち上がり、さっさと店を出て行く。アル、シャンパンの瓶を取り上げて振ってみるが…既に空になっている。


…以下のシーンは、カットされている。

SCENE 172
Location: EXT. SIDEWALK CAFE - STREET - WIDE - NIGHT
A Chicago City Police motorcycle is Parked behind the Bluesmobile. An officer is placing a parking ticket on the windshield, Jake and Elwood come out of the restaurant, to the Bluesmobile.
シカゴ市警のバイクがブルースモービルの後ろに止まり、警官が駐車違反の切符を貼りつけている。ジェイクとエルウッド、レストランから出てきてブルースモービルに向かう。


SCENE 173
Location: ANGLE ON ELWOOD AND COP
Elwood opens the car door, scoops the ticket off the
エルウッド、車のドアを開け、駐車違反の切符をはがす。


ELWOOD: Thank you.. thank you very much, Officer, thank you and good night.
エルウッド:ありがとう。実にありがとう、おまわりさん。ありがとう。そしておやすみ。

"The Peter Gunn Theme" comes in hard as the Bluesmobile makes a radical U-turn into traffic. Three cars have to swerve to avoid hitting the Bluesmobile, Two crash into parked cars, the third demolishes the officer's parked motorcycle.Camera: DISSOLVE TO
ピーターガンのテーマがハードに鳴り響き、ブルースモービル、劇的なUターンをして通りに出て行く。通りかかった3台の車がブルースモービルを避けようとして、2台は駐車中の車にぶつかり、一台は警官のバイクに突っ込む。カメラ、溶暗。


==============================

  • …今回のシーンはあまりにえげつないので、正直言って私はあまり好きではありません。
  • また今回のシーンには、歌が登場しません。(フランス料理店のBGMがかすかに聞こえていて、ヨーゼフ・ランナーというオーストリアの音楽家が作曲したクラシック曲らしいが、さすがにノーカウントだと思います)。以下、こうした回では、1978年に発表されたブルースブラザーズのデビューアルバム「Briefcase Full of Blues(邦題:ブルースは絆)」より、映画の中で取り上げられていない2人のレパートリー曲を順番に翻訳してゆくことにしたいと思います。


Blues Brothers - Hey Bartender

Hey Bartender

I went balling the other night
I started drinking and got real tight
I blew each and all my friends
I felt so good I had to blow it again

こないだの夜
ボーリングに行って
飲み始めて
思い切り酔っ払った。
ぜんぶ飲み干して
ついでに友達もぶっとばした。
とてもステキだった。
またやらなくちゃと思った。


I said Hey bartender
Hey man, looka here
A draw one, draw two, draw three, four glasses of beer

ヘイ、バーテンダー
とおれは言った。
にいちゃん、こっちだよ。
一杯、二杯、三杯
ビールをグラスに四杯
注いでよこしておくれ


Well I saw a chick sitting on the end
I said Baby can't we be friends
You're looking sweet as you can be
Well come on down and drink with me

ステキなひよこちゃん
端っこに座ってたので
友だちになれないかって言った。
あんたの顔
ありえないぐらいステキだ。
こっちに来て
一緒に飲もうよって。


I said Hey bartender
Hey man looka here
Draw one, draw two, draw three, four glasses of beer

ヘイ、バーテンダー
とおれは言った。
にいちゃん、こっちだよ。
一杯、二杯、三杯
ビールをグラスに四杯
注いでよこしておくれ


Well we was having so much fun
I didn't know it was half past one
I turned around to have on more
I looked at the clock and it was half past four

そりゃもう
楽しくやった。
一時半を過ぎても
わからなかった。
もう一杯いこうと
振り向いて
時計を見たら
四時半だった。


Hey bartender
Hey man look a here
A draw one, draw two, draw three, four glasses of beer

ヘイ、バーテンダー
とおれは言った。
にいちゃん、こっちだよ。
一杯、二杯、三杯
ビールをグラスに四杯
注いでよこしておくれ


Well jukebox girl is everything
All the cats began to sing
I heard somebody called and said
Last round for alcohol

ジュークボックスの姉ちゃんは
この世のすべてだ。
ジャズ好きの連中が
声をそろえて歌いはじめた。
だれかがおれに声をかけ
言うのが聞こえた。
アルコールの時間は
おしまいですよって。


I said Hey bartender
Hey bartender
Hey bartender
Hey bartender
Draw one, two, three, four glasses of beer

ヘイ、バーテンダー
とおれは言った。
ヘイ、バーテンダー
ヘイ、バーテンダー
ヘイ、バーテンダー
一杯、二杯、三杯
ビールをグラスに四杯
注いでよこしておくれ


laurel aitken - 'ey bartender

=翻訳をめぐって=

  • 原曲は1955年にフロイド・ディクソンという人によって録音され、1961年に「スカのゴッドファーザー」ことローレル・エイトキンのカバーで有名になった曲。このバンドで初めて取り上げることになった、キューバ人のミュージシャンである。
  • I blew each and all my friends…blow(吹き飛ばす)という動詞の応用範囲は非常に広いので、なかなか意味を確定しにくい。ここではeach(一杯一杯の酒)を「やっつけて」ついでにfriendsを「やっつける」という意味で訳したが、誤訳の可能性は高いと思う。
  • Well I saw a chick sitting on the end…chick(ひよこ)には「素敵な女性」という意味もある。

…ではまたいずれ。続きます。