華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Think もしくはブルースブラザーズ特集#14 (1968. Aretha Franklin)

  • マット・マーフィーをバンドに連れ戻すためにソウルフード・カフェにやってきたジェイクとエルウッド。
  • 出て行こうとする夫に対し、ウェイトレス(アレサ・フランクリン)が猛抗議。


SCENE 183
Location: EXT. SOUL FOOD CAFE
A large neon sign flashes "SOUL FOOD CAFE" erratically, The place was obviously once a very snazzy diner and has gone through considerable wear and tear over the years. Handpainted signs on the walls advertise the menu. It's one of those places that looks funky and you can almost taste how good the ribs are when you drive by.
ソウルフード・カフェ」と書いたネオンサインが不規則に点滅している。昔はおしゃれな店だったのだろうが、歳月のせいでボロボロに傷んだレストラン。壁に手書きでメニューが書いてある。とてもファンキーで、ナイスなリブを食べさせてくれるタイプの店だ。


SCENE 184
Location: INT. SOUL FOOD CAFE
The restaurant is manned by one WAITRESS (Aretha Franklin), one Dishwasher (Blue Lou Marini) and the Cook, a big, handsome black man with a powerful build, (MATT "GUITAR" MURPHY) The place is fairly busy with 7 or 8 customers. At the counter sit three women. Matt is in the back cooking, Blue Lou is in the back washing dishes. Jake and Elwood enter, size up the place, and sit at the counter. The Waitress approaches them.
レストランはウェイトレス(アレサ・フランクリン)、皿洗い(ブルー・ルー・マリーニ)、ハンサムでたくましい体格の黒人のコック(マット「ギター」マーフィー)の3人で切り盛りされている。客は7〜8人入っていて、そこそこ忙しそう。カウンターには女性客が3人座っている。マットは裏で料理していて、ブルー・ルーは皿を洗っている。ジェイクとエルウッド、入ってきて席を探し、カウンターに腰かける。ウェイトレスが来る。


WAITRESS: Help you boys?
ウェイトレス:何にするの、ボーイズ?

ELWOOD: Got any white bread?
エルウッド:白パンはありますか。

WAITRESS: Yes.
ウェイトレス:あるわよ。

ELWOOD: I'd like some toasted white bread, please.
エルウッド:白パンのトーストをお願いします。

WAITRESS: You want some butter or jam on that toast, honey?
ウェイトレス:バターかジャムか蜂蜜は?

ELWOOD: No, ma'am, dry.
エルウッド:いいえ、マダム。ドライで。
…これは、ギャグなのだろうか。それとも本当に「ドライで」と言うのだろうか。初めて「ドライで」を聞いた時には、無性におかしかった。

JAKE: You got any fried chicken?
ジェイク:フライドチキンはあるかい。

WAITRESS: Best damned chicken in the state.
ウェイトレスイリノイ州で最高のがあるわよ。

JAKE: Bring me four fried chickens and a Coke.
ジェイク:フライドチキンを4つと、コーラを持ってきてくれ。

WAITRESS: You want chicken wings or chicken legs?
ウェイトレス:手羽にする?モモにする?

JAKE: I want four fried chickens and a coke.
ジェイク:フライドチキンを4つと、コーラだ。

ELWOOD: And some dry white toast, please.
エルウッド:それと、白パンのトーストをドライでお願いします。



The Waitress looks at them as if they're crazy, but shakes her head resigned.
ウェイトレス、2人をcrazyではないかというような目で見るが、頭を振ってあきらめる。
…crazyは「精神病者」に対する差別語です。ここではト書きをそのまま転載しました。


WAITRESS: You want anything to drink, honey?
ウェイトレス:飲み物は?ハニー。

ELWOOD: No, ma'am.
エルウッド:いいえ、マダム。

JAKE: A Coke.
ジェイク:コーラだ。

WAITRESS: And four fried chickens … I know, I know. It'll be up in a minute.
ウェイトレス:それとフライドチキンが4つね。はいはい分かりました。ちょっと待っててね。

She goes back into the kitchen.
彼女、キッチンに戻る。


SCENE 185

Location: INT. KITCHEN



WAITRESS: We got two honkies out there dressed like Hasidic diamond merchants.
ウェイトレス:ハシディック・ダイヤモンドのセールスマンみたいな変な客が、2人来てるよ。

MATT: Say what?
マット:何だって?

WAITRESS: They look like they're from the CIA or something.
ウェイトレス: CIAか何かの人間じゃないかって思った。

We can see on Matt's face that there's a glimmer of recognition in her description of Jake and Elwood.
マットの表情に、ジェイクとエルウッドかもしれないという予感が浮かぶ。


MATT: What'd they want to eat?
マット:何を注文した?

WAITRESS: The tall one wants white bread toast with nothing on it.
ウェイトレス:背の高い方は、何もつけない白パンのトーストを頼んだ。

MATT: (whispers) Elwood....
マット:(つぶやく)エルウッドだ…

WAITRESS: And the other one wants four whole fried chickens and a Coke.
ウェイトレス:それともう1人は、フライドチキンを丸ごと4羽分と、コーラ一杯。

MATT: (aloud) ...and Jake! Shit, the Blues Brothers!
マット:(叫ぶ)そしてジェイクだ!この野郎、ブルースブラザーズだぜ!

Matt rushes out from behind the kitchen stove into the restaurant.
マット、キッチンから駆け出す。


SCENE 186
Location: INT. RESTAURANT
Jake and Elwood stand on seeing Matt and the three clap hands warmly.
ジェイク、エルウッド、マット、暖かく手を叩き合う。




MATT: Jake, Elwood, how you doin'!? How was Joliet?
マット:ジェイク、エルウッド、調子はどうだ?ジョリエット刑務所はどうだった?

JAKE: It's bad. on Thursday nights they serve a wicked pepper steak.
ジェイク:ひどかったよ。木曜日の夜に出されるペッパーステーキが最低でな。

MATT: Can't be as bad as the cabbage rolls at the Terre Haute Federal Pen.
マット:テレホートの連邦刑務所のロールキャベツよりはマシさ。

ELWOOD: Or that oatmeal at the Cook County slammer.
エルウッド:クック郡刑務所のオートミールもひどいよな。

MATT: They're all pretty bad.
マット:ああ、みんな最悪だよ。

JAKE: Matt, Elwood and me, we're putting the band back together. We need you and Blue Lou.
ジェイク:マット。エルウッドとおれはバンドを集め直そうとしてる。お前とブルー・ルーが必要なんだ。

The Waitress has come out from the Kitchen and is watching this scene warily.
ウェイトレス、キッチンから出てきて、注意深く見ている。


MATT: Oh man, don't talk that way around here. My old lady, she'd kill me.
マット:おいおい。ここでそんな風に話すのはやめてくれ。カミさんに殺されちまうよ。

Elwood sees the Waitress.
エルウッド、ウェイトレスを見る。


ELWOOD: Ma'am, you have to understand. This is bigger than any domestic problems you might be experiencing.
エルウッド:マダム、あなたは理解しなくてはならない。このことは家庭の問題より遥かに重大なのです。あなたは、オトナにならなければならない。

WAITRESS: (starting to get pissed) Matt, what the hell's he talking about?
ウェイトレス:(完全にむかついて立っている)マット、この男、なに言ってんの?

MATT: Don't get riled, sugar....
マット:イライラしないでくれよ、シュガー。

WAITRESS: Don't you, 'don't get riled, sugar' me! You're not going back on the road. You're not playing in no two-bit sleazy dives any more. You're living with me now. You're not going to go sliding around with your white hoodlum friends!
ウェイトレス:「イライラしないでくれよ、シュガー」じゃないわよ!あんたに旅暮らしに戻ってもらうわけには行かないわよ。もうあんたには安っぽいイカがわしい店で演奏なんてさせないわよ。あんた、私と一緒に暮らしてるんでしょ。まさかその白人のチンピラのお友達と一緒にこっそり出て行くって言うんじゃないでしょうね!

MATT: But, sugar, this is Jake and Elwood, the Blues Brothers!
マット:でもシュガー、こいつらはジェイクとエルウッドなんだぜ。ブルースブラザーズなんだぜ!

WAITRESS: The Blues Brothers! Shit, they still owe you money!
ウェイトレス:ブルースブラザーズ!シィーット!こいつら、あんたにまだ給料も払ってないじゃない!

JAKE: Ma'am, would it make you feel better if you knew that what we're asking Matt to do here is a holy thing?
ジェイク:マダム、我々がマットに要請していることの神聖さをご理解いただければ、気持ちも落ち着かれるのではないでしょうか?

ELWOOD: You see, we're on a mission from God.
エルウッド:お分かりでしょうか。我々は神の使命を遂行中なのです。

This really pisses the Waitress off.
これがウェイトレスを完全にキレさせる。


WAITRESS: Don't you blaspheme in here! This is my restaurant and this is my man and you two are just gonna walk out that door without your dry white toast and your four chickens and without Matt 'Guitar' Murphy!
Now Matt's starting to get angry.
ウェイトレス:ここでそんな罰当たりなことを言ったら承知しないよ!ここは私のレストランでこの人は私の亭主なの。あんたらは白パンのドライトーストも4羽分のフライドチキンもマット「ギター」マーフィーもなしでそのドアから出て行くの!

MATT: Now you listen to me! I love you, but I'm the man and you are the woman and I'll make the decisions concerning my life.
マット:ちょっと、聞けよ!おれはお前を愛してる。でもおれは男でお前は女で、そしておれは自分の人生に関わることを決めようとしてるんだ。

Now the Waitress is really angry.
今やウェイトレス、激怒している。


WAITRESS: You better think about what you're saying! You better think about the consequences or your actions!
ウェイトレス:自分のいま言ったこと、考えてみたらどうなの⁉︎ そんなことしたらどんなことになるか、考えてみたらどうなの⁉︎

MATT: (exasperated) Oh hush up, woman.
マット:(イライラして)おい、黙れよ、おんな!

With that, Waitress turns on her heels and launches into a spirited rendition of "Think"
これに合わせてウェイトレス、高らかにヒールを鳴らし、猛烈な勢いで "Think"を歌い始める。



Aretha Franklin - Think (feat. The Blues Brothers) - 1080p Full HD

Think

You better think (think)
think about what you're trying to do to me
Yeah, think (think, think),
let your mind go, let yourself be free

よく考えなさいよ(考えなさい!)
あんたが私に何をしようとしてるのか
考えなさいよ(考えなさい!)
心を自由にして。


Let's go back, let's go back,
let's go way on back when
I didn't even know you,
you couldn't be too much more than ten (just a child)
I ain't no psychiatrist,
I ain't no doctor with degree
It don't take too much high IQ's to see what you're doing to me

昔に戻って考えてごらんよ。
私があんたを知りもしなかった頃に戻って。
あんたが10才の子ども同然だった頃に戻って
(子どもの頃!)
私は心理学者でもないし、
博士号も持っていないけど
あんたが私に何をしようとしているかぐらい
IQが高くなくたってわかるわよ。


You better think (think)
think about what you're trying to do to me
Yeah, think (think, think),
let your mind go, let yourself be free

よく考えなさいよ(考えなさい!)
あんたが私に何をしようとしてるのか
考えなさいよ(考えなさい!)
心を自由にして。


Oh freedom (freedom), freedom (freedom), freedom, yeah freedom
Freedom (freedom), freedom (freedom), freedom, ooh freedom

ああ自由(自由)自由(自由)
自由、そうよ、自由!
自由(自由)自由(自由)
自由、そうよ、自由!


Hey, think about it, you, think about it
There ain't nothing you could ask I could answer you but I won't (I won't)
I was gonna change, but I'm not, to keep doing things I don't

ねえ、その自由ってことについて
真剣に考えなよ。
あたしに聞いたってしょうがないでしょ。
答えられるけど教えてあげる気はない。
(教えない!)
私は変わろうとしてたけど
今は違う。
自分のしたいことを続ける。
私は変わらない。


HEY! Think about what you're trying to do to me
Baby!Think! let your mind go, let yourself be free

さあ、考えなさいよ(考えなさい!)
あんたが私に何をしようとしてるのか
ベイビー、考えなさいよ(考えなさい!)
心を自由にして。


People walking around everyday, playing games and takin' scores
And I ain't gonna be the loser my way, ah, be careful you don't lose yours

世の中の人は毎日歩き回って
ゲームをしたり点数を稼いだりしてる。
私は負けたくないの。
あんたも私を失わないよう
せいぜい気をつけなさい。


Think (think)
think about what you're trying to do to me
Yeah, think (think, think),
let your mind go, let yourself be free

よく考えなさいよ(考えなさい!)
あんたが私に何をしようとしてるのか
考えなさいよ(考えなさい!)
心を自由にして。


You need me (need me)
and I need you (don't you know)
Without eachother there ain't nothing people can do

あんたには私が必要で(必要で!)
私もあんたが必要なの。(わかってる?)
お互い一緒にいなきゃ
一人前に何もできないじゃない?


You better think (think)
think about what you're trying to do to me
Yeah, think (think, think),
about right now

よく考えなさいよ(考えなさい!)
あんたが私に何をしようとしてるのか
考えなさいよ(考えなさい!)
心を自由にして。


Oh freedom (freedom), freedom (freedom), freedom, yeah freedom
Freedom (freedom), freedom (freedom), freedom, ooh freedom

ああ自由(自由)自由(自由)
自由、そうよ、自由!
自由(自由)自由(自由)
自由、そうよ、自由!


Hey, think about it, you, think about it
There ain't nothing you could ask I could answer you but I won't (I won't)
I was gonna change, but I'm not, to keep doing things I don't

ねえ、その自由ってことについて
真剣に考えなよ。
あたしに聞いたってしょうがないでしょ。
答えられるけど教えてあげる気はない。
(教えない!)
私は変わろうとしてたけど
今は違う。
自分のしたいことを続ける。
私は変わらない。


You better think (think) think about what you're trying to do to me
Yeah, think (think, think), let your mind go, let

よく考えなさいよ(考えなさい!)
あんたが私に何をしようとしてるのか
考えなさいよ(考えなさい!)
心を自由にして。


You need me (need me)
and I need you (don't you know)
Without eachother there ain't nothing people can do

あんたには私が必要で(必要で!)
私もあんたが必要なの。(わかってる?)
お互い一緒にいなきゃ
一人前に何もできないじゃない?


Yeah yeah, think about me
(What you're trying to do to me)
'Till the fall of the night, think about it baby, right now

私のことを考えて!
(自分が私に何をしようとしてるのかを考えて!)
夜になるまで考えてみなさい、
今すぐ!


(Think about, forgiveness) To keep me
(Think about, forgiveness) Baby
(Think about, forgiveness, think about it)
(Think about, forgiveness) Forgiveness
(Think about, forgiveness) Right now
(Think about, forgiveness, think about it)

(私から許してもらうにはどうすればいいかを考えて)
(寛容さということについて考えて)
私をつなぎとめておくために、ベイビー、寛容さを、今すぐ!


Think about
(Think about, forgiveness) Baby
(Think about, forgiveness)
(Think about, forgiveness, think about it) Think about it
Think about (Think about, forgiveness) Forgiveness
(Think about, forgiveness) Forgiveness
(Think about, forgiveness, think about it)


Don't even breath a flew, 'cause of hey
You had better stop
and think before you think

あんたのせいで息もできやしない。
やめときなさい。
考える前に、考えなさい!



At the proper moment in the song, the Dishwasher reaches under the counter and comes up with a saxophone. He removes his hairnet, revealing long hair. He plays the solo-break. The women at the counter become the Waitress chorus and the soul food diner becomes a Motown spectacular with everyone including Jake and Elwood involved in the Choreography.When she's finished singing, there is silence as the Waitress and Matt stare at one another. Finally, Matt makes his decision. He takes off his apron, puts it on the counter, reaches behind the counter and brings cut a guitar case. Matt turns to Jake and Elwood....
歌の中の適切な箇所で、皿洗いのブルー・ルー・マリーニ、カウンターの下からサックスを取り出す。ヘアネットを外して長髪をあらわにし、ソロ・ブレイクを演奏する。カウンターに座っていた3人の女性はウェイトレスのコーラス隊となり、ソウルフード・レストランは全員を巻き込んでモータウンの様相を呈する。ジェイクとエルウッドも振り付けに引き込まれている。歌が終わると同時にウェイトレスとマットは見つめ合い、しばし沈黙の時間が流れる。最後にマットは決断を下す。彼はエプロンを脱ぎ捨て、カウンターに置き、その裏からギターケースを取り出す。マットと、ジェイクとエルウッドの方を向く。


MATT: C'mon, let's boogie.
マット:行こう。ブギーをやるんだ。

Matt exits, followed quickly by The Blues Brothers. The Dishwasher stands torn. He wants to go with Matt, Jake and Elwood, but feels loyalty to the Waitress. Finally, the Waitress turns to him and says:
マット、出て行く。ブルースブラザーズの2人、あわてて後を追う。皿洗いのブルー・ルーは取り残される。3人について行きたいのだが、ウェイトレスにも忠誠心を感じている。最後にウェイトレスは彼の方を向き、言う。




WAITRESS: (annoyed) Well? Go ahead, dammit ....
ウェイトレス:(イライラしながら)何よ、行きなさいよ。

Joyfully, Blue Lou, still clinging to his sax, runs out of the restaurant. The Waitress looks around at the other diners who quickly look down and pretend to be busy eating. She composes herself and begins to clear some dishes from the counter.
サックスをぶら下げたままのブルー・ルー、喜び勇んでレストランを出て行く。ウェイトレス、ぐるっと周りを見渡す。客はあわてて、食事に忙しいふりをする。彼女は気持ちを落ち着けて、カウンターの皿を片づけ始める。


WAITRESS: Shit!
ウェイトレス:何さ!


=翻訳をめぐって=

アレサ・フランクリンの「Think」はこの映画の中でも最大の魅せ場のひとつなのだけど、「この映画の中でのこの歌の歌詞」をどう解釈すればいいのかというのは、私にとって長年の疑問のひとつだった。歌の真ん中に出てくる「Freedom!」という言葉の連呼で、アレサさんは間違いなく自由というものを「讃えて」いると思う。でも、それは、自分を放ったらかして出て行こうとしている男を「考え直せ」と説得するための場面に、果たして「ふさわしい」歌詞なのだろうか。この歌に歌われている「自由」って、何なのだろうか。

日本語版の字幕にはあの「Freedom!」の部分に「自由に考えて」という翻訳がついているのだけど、たぶん誤訳だと思う。文法的にも聞いたイメージからしても、あの「Freedom」はそんな副詞的意味合いの「自由」ではない。間違いなく自由という「概念」について、アレサさんは歌っているはずなのである。

Wikipediaによればこの歌はアレサ・フランクリンの1968年のヒット曲で、「歌詞は自由をテーマとしており、フェミニストの賛歌としても評価されている」とあった。(英語版の表現は「feminist anthem」)。だとすればこの歌はもともと映画のシチュエーションとは反対に、「夫の横暴さに耐えかねた女性が家を出て行く時に歌う歌」だったのではないかという風にも考えたのだったが、よく読んでみると後段の歌詞は「あんたには私が必要で、私もあんたが必要なの」と言っている。この歌詞は別に映画の撮影に伴って新しく付け加えられた歌詞ではなく、68年間段階からのオリジナルの歌詞である。「あんたには私が必要で、私もあんたが必要」その上で語られる「自由」という言葉なのだ。

自由って、何なのだろう。

他の人はどんな風に解釈しているのだろうと思って調べてみたけれど、この歌の翻訳を試みているサイトは、多くなかった。しかしその中でもこの方の翻訳された歌詞は、映画の文脈に沿って解釈するならこれほどよくできたものはないのではないかと思われ、そのまま転載させてもらいたくなったぐらいだった。文法的にこの方の解釈が成立するのかどうか、私には判断できない部分が多いのだけど、とりわけサビの部分を「思いきって」以下のように翻訳されていることに対しては、私も「これ以外にありえないのではないか」という気持ちになったぐらいである。

Oh freedom (freedom), freedom (freedom), freedom, yeah freedom
Freedom (freedom), freedom (freedom), freedom, ooh freedom

へぇ〜?自由、自由、自由、自由って何さ
自由、自由、そうよ今自由じゃない? 自由

…しかしながら改めて映画のシーンを見てみると、アレサさんの歌い方はやっぱりそこまで「自由」というものをナナメに見ている感じでは、ないと思う。そして「アレサさん自身の自由」がここでは同時に歌われている感じが、私にはする。結局この歌のメッセージは直後の歌詞に出てくる「その自由というものについてよく考えて」というところにあるのではないかと思う。マットは自分を放ったらかしにして出て行こうとしているけれど、自由というのはそういうものではないはずだ、と。「あんたには私が必要で、私もあんたが必要で」その上での自由なのだ、と。それが何を意味するかについては「答えられるけど教えてあげる気はない」あくまで自分で考えろ、という、相手に対しても自分に対しても、とても厳しい内容の歌なのだと思う。

そしてこの歌の中でもうひとつ重要なキーワードとなっているのが、自分で歌詞を見て翻訳してみて初めて気がついたのだが、「Forgiveness」という言葉である。

「Forgiveness」の訳語は「許し」もしくは「寛容さ」。上記のように私はこの言葉が出てくる「Think about forgiveness」という歌詞を、「私から許してもらうにはどうすればいいかを考えて」と「寛容さということについて考えて」という2通りの形で翻訳した。前者なら話の主導権は彼女の側にあることになるし、後者なら彼氏の側にあることになる。どちらで翻訳するのがアレサさんの気持ちに近いのかを、私には判断できなかったからである。もっとも後段では「forgivenessを今すぐ!」みたいな歌詞も出てくるから、文脈的には「寛容さ」で翻訳する方が正確なのかもしれないとは思う。しかし相手に「寛容さ」を求める関係というのは、「対等な関係」ではないと思う。

「寛容さ」というのは社会の右傾化を批判する際などに最近のマスコミがよく使う言葉だが、右傾化は絶対に許せないとした上で、それに対抗する概念として「寛容さ」を持ち出すのはあまりにエラそーな態度なのではないか、と私は常々感じている。相手のことをあらかじめ見下してかかった上で、「イヤだけど受け入れてやろう」みたいな、傲慢な態度が透けて見える。この「寛容さ」が、おそらく英語圏のマスコミでは「forgiveness」という言葉で表現されているのだと思われ、関係としては日本のマスコミがそれを借用しているだけだと思われるのだけど、この歌に関して言うなら、アレサ・フランクリンが相手の男性に対して求めているのは、そんな傲慢な態度だと言えるだろうか。アレサ・フランクリンともあろう人が、そんな男の同情を引こうとでもするかのような卑屈な歌を歌うだろうか。forgiveness。英語圏ではどのようなニュアンスで使われている言葉なのか、私にはその感覚までは分からないけれど、「寛容さ」という訳語はどうもふさわしくないように思われる。「相手を受け入れる気持ち」みたいなニュアンスで解釈した方がいい言葉であるようにも思われるのだが、そこまで大胆に辞書の定義から飛び出せる勇気が私にはなかったので、上記のような訳詞になった。読者の皆さんにも一緒に考えてもらえたら幸いです。

…いずれにせよ、アレサ・フランクリンがここまで言葉をつくして、しかも相手の立場にも敬意を払いながら訴えているにも関わらず、それに対するマットの対応は、ほとんど暴力的とも言えるくらい、ひどいものである。「フェミニズムの賛歌」として公民権運動の時代から多くの人を勇気づけてきたはずの歌が、こういう扱いと言うか仕打ちを受けているのを見ると、ものすごく苦い気持ちになる。この映画の脚本を書いたのは2人とも男性であり、あるいはフェミニストの主張がこんな風に身もフタもなく打ち破られるシーンに観客は「爽快さ」を感じるはずだ、といったようなことを考えたのかもしれない。しかしそれとは裏腹にこのシーンを見た人の半数以上が感じるのは間違いなく「後味の悪さ」だと思うし、その割合は時代が進むにつれてどんどん増えてゆく一方なのではないかと思う。

しかしながらアレサ・フランクリンは決して「負けて」いないし、最後の「シィーット」は今見てもやはり、かっこいい。それがあるから、いまだにこの映画は私の中で「繰り返し見たい映画」であり続けている。

…以上、この映画をめぐってずーっと気になっていたことを、ようやくひとつ、書けました。続きます。