華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Shake Your Tail Feather もしくはブルースブラザーズ特集#15 (1980. Ray Charles)

SCENE 188
Location: EXT. CURL UP AND DYE BEAUTY SALON 一軒のビューティサロン
A little storefront with a brightly lit red
店頭は赤い光で照らされている。


SCENE 189

Location: INT. BEAUTY SALON
It's closed, empty, except for the Mystery Woman who sits in a swivel chair at the counter. She is pouring over some books and pictures.
ビューティサロンは閉まっており、カウンターには例の謎の女が、ひとり回転椅子に腰かけている。彼女の目は、数冊の本と写真に注がれている。


SCENE 190
Location: HER P.O.V. - CLOSEUP - PICTURE
It's a photo of her and Jake in front of an old house. We can see that she has just lacquered the fingernails on her left hand bright red. She puts a heavy book on the table. She opens the book.
広げられているのは、古い家の前で撮られたジェイクと彼女の写真。重たい本のページをめくる彼女の左手の爪は真っ赤に塗られている。




SCENE 191
Location: CLOSEUP - THE BOOK
She opens the flyleaf. U.S. ARMY MATERIAL COMMAND COMBAT ORDINANCE PUBLICATION 400 FLAME THROWER. She carefully opens a bottle of red nail polish and begins to study the book as she paints the fingernails on her right hand.Camera: CUT TO
彼女、見返しのページをめくる。
「米軍コマンド戦闘司令部発行、400式火炎放射器使用法」彼女は注意深く赤いマニキュアの瓶を開け、右手の爪に塗りながら、本を読み始める。


OMITTED: 192 thru 207
SCENE 207-A
Location: EXT. CHICAGO CITY STREET - DAY
"The Peter Gunn Theme" blares as the Bluesmobile cruises down the city street. It is closely followed by a big purple Cadillac. On the side of the Caddy was painted very elaborately "Murph and the Magictones." A large spray-painted "X" crosses out the Murph and the Magictones logo and "The Blues Brothers Band" has been written on both sides and trunk of the car. The Blues Brothers band is crammed into the Caddy - Murphy is driving.Camera: DISSOLVE TO
シカゴ市街の通りを行くブルースモービル。ピーターガンのテーマが鳴り響いている。そのすぐ後ろには、紫色の大きなキャデラックが続いている。キャデラックの側面には凝った文字で「マーフ&マジックトーンズ」と書かれているが、そのロゴが大きなX印で消され、代わりに「ブルースブラザーズ・バンド」の文字が両側面とトランクに大書されている。バンドマンメンバーはマーフィーが運転するキャデラックにぎゅうぎゅう詰めになっている。


SCENE 208
Location: EXT. RAY'S MUSIC EXCHANGE - DAY
The Bluesmobile and Cadillac pull up in front of a big shop. on South State Street. A tremendous sign proclaims: RAY'S MUSIC EXCHANGE - RADIO - TV - APPLIANCES. The entire band gets out of their cars.Camera: CUT TO
ブルースモービルとキャデラック、シカゴのサウス・ステート・ストリートの大きな店の前に止まる。巨大な看板がかかっている。
「レイの音楽交換所。ラジオ、テレビ、家電製品」
バンドメンバー、全員が車を降りる。


SCENE 209
Location: INT. RAY'S MUSIC EXCHANGE
The place is jammed with boxes of merchandise. The walls have all kinds of musical instruments hanging off them from horns to drum kits. Amplifiers are stacked on high. At the back of the store is a counter enclosed in wire mesh. Murphy walks up to an electric organ and begins playing Jimmy Smith riffs. The Colonel takes an electric guitar from a rack and plugs it in. He begins gradually chording Chuck Berry progressions. Willie picks up two sticks and begins fooling around with the drums. Other members check out horns. The band begins to jam. There is a sound of bolts snapping, locks springing free. A large section of the counter's mesh slides up and RAY (Ray Charles) appears.
店内は箱や商品でいっぱい。壁には金管楽器からドラムの部品まで、ありとあらゆる楽器がぶら下がっている。アンプも山積み。店の後方には金網に覆われたカウンターがある。マーフィーはエレクトリック・オルガンに歩み寄り、ジミー・スミスのリフを弾き始める。カーネルエレキギターをラックから外し、シールドをつないでチャック・ベリーのフレーズを弾き始める。ウィリーはスティックを二本つかんで、ドラムをいじくり始める。他のメンバーは金管楽器をチェックしている。(映画ではここで、エルウッドがトースターを見つけてポケットから白パンを取り出し、試している映像も挟まれている)。ボルトの外れる音がして鍵が開き、カウンターの金網の影からレイ(レイ・チャールズ)が出てくる。


RAY: Pardon me... but we do have a strict policy concerning the handling of the instruments... an employee of Ray's Music Exchange must be present. Now, can I help you?
レイ:失礼だが…商品の取り扱いについては厳重な規則があるんだ。触る時には必ず店員のいるところで触ってもらいたい。何を探してるんだね?

Jake and Murphy leave the instruments and walk to the counter.
ジェイクとマーフィー、楽器を置いてカウンターに歩み寄る。




JAKE: Ray, it's me -- Joliet Jake. I once rented column speakers From you for my band, The Blues Brothers.
ジェイク:レイ、おれだよ。ジョリエット・ジェイクだ。いっぺん、スピーカーを1組、借りただろ。うちのバンドのために。ブルース・ブラザーズだよ。

MURPHY: (a big smile) Hey, Ray, it's me, Murphy...of Murph and the Magictones. Remember me? I bought three Fender amps.
マーフィー:(大きく微笑んで)やあレイ、おれだよ。マーフ&マジックトーンズのマーフィーだ。覚えてるかい?フェンダーのアンプを3つ買ったろ?

RAY: We sell a lot of amplifiers.
レイ:アンプはいっぱい売ってるからな。

MURPHY: Not like these. They were beautiful, upholstered in thick orange shag.
マーフィー:そのへんのやつじゃないぜ。オレンジ色の、きれいな布貼りがしてあるやつだ。

RAY: Right, right. I remember. I'll buy them back, three-fifty apiece.
レイ:ああああ、思い出した。あれならひとつ350ドルで引き取るよ。
…字幕では「3ドル50セント」となっているが、いくらギャグでも、ありえない。

MURPHY: (shocked) Three-fifty!? I paid eight hundred apiece not six months ago!
マーフィー:(ショックを受けて)350?半年前にひとつ800ドルで買ったんだぜ。

RAY: (smiling) Oh well, you know depreciation, man.
レイ:(微笑んで)お前さん、価値の下落ってことをご存知かい。



JAKE: Ray, we're here to buy stuff. We need a piano, mikes, the works.
ジェイク:レイ、おれたち機材を買いにここに来たんだ。ピアノとマイクと、他にもいろいろ要る。

Ray disappears from behind his counter. There is the sound of bolts snapping o.s. Ray comes out from behind the mesh cage. A YOUNG BOY of 16 or 17 has entered the shop during this. The boy is slowly reaching for a Fender guitar, his fingers close around the neck softly. He has it off the wall and is on his way out the door when Ray suddenly whips out a .45 automatic and fires three times. The slugs hit an inch away from the boy's head.
レイ、カウンターの後ろに消え、またボルトの音がして、金網の影から出てくる。このあいだに16〜7歳の少年が店に入ってくる。少年はそっとフェンダーのギターに近寄り、ネックをつかむ。それを壁から外そうとした瞬間に、レイは突然45口径のオートマチック拳銃を3発発射する。弾丸は少年の頭から1インチのところをかすめる。


RAY: Just put it back, son.
レイ:それを戻すんだ。兄ちゃん。

The boy, terrified, replaces the guitar.
少年、おびえてギターを戻す。


RAY: Now go on, git!
レイ:さっさと出て行け、git!

…gitは「精神病者」に対する差別語です。ここでは原文をそのまま転載しました。

The boy runs for his life. Ray puts the gun back.
少年、命からがら逃げ出す。レイ、銃をしまう。


RAY: (muttering) Boy that young going bad, it breaks my heart.
レイ:(つぶやく)近頃の若い連中はどんどん悪くなる。胸の痛むことだ。

MURPHY: Tell me about this electric piano, Ray.
マーフィー:このエレピ(エレクトリック・ピアノ)のこと、教えてくれないか。レイ。

RAY: You have a good eye, my man. That's the best in the city of Chicago.
レイ:いい目をしてるじゃないか。そいつはシカゴで一番いいやつだよ。

JAKE: How much?
ジェイク:いくらだ?

RAY: Two thousand bucks, it's yours carry it out. I'll throw the black keys in for free.
レイ:2千ドルだ。持って行くんなら、タダで黒鍵をおまけにつけてやるぜ。
…黒鍵のついてないピアノなんて、あるわけない。ギャグなのだろうか。

JAKE: Two thousand for that chunk of shit... come on, Ray....
ジェイク:このクソの塊が2千ドル?そりゃないぜ、レイ。

Murphy tickles the keyboard. He pumps it.
マーフィー、鍵盤をいじって、押したり引いたりしてみる。


MURPHY: Really, Ray. It's used... there's no action left in this keyboard.
マーフィー:まったくだぜ、レイ。こりゃ中古品だ…すっかり鍵盤の動きが悪くなってるぜ。

Ray politely moves Murphy away from the piano.
レイ、おだやかにマーフィーをピアノからどかす。

RAY: Ex...excuse me...there is nothing wrong with the action in this piano.
レイ:えへん、失礼…このピアノにはどこも悪いところなんてないよ。

Ray sits down and plays his version of the Du-Tones' classic, "Shake A Tail Feather". The band picks up instruments and jam on with Ray, Jake, and Elwood on vocals.
レイ、座って、ドゥ・トーンズの「尻尾の羽を振れ」を自分のバージョンで演奏しはじめる。バンドのメンバーは壁から楽器をとってレイに合わせ、ジェイクとエルウッドもボーカルで参加する。



The Blues Brothers (4/9) Movie CLIP - Shake A Tail Feather (1980) HD




==============================

Shake Your Tail Feather

Well I heard about the fellow you've been dancin' with
All over the neighbourhood
So why didn't you ask me baby?
Didn't you think I could?

おまえが近所のそこらじゅうで
一緒に踊ってるやつのことを聞いたぞ。
どうしておれに声をかけない?
おれが踊れないとでも思ってたのか?


Well I know that the boogaloo is outta sight
But to shake a leisure thing tonight
Would it happen to me and you baby?

ブーガルーってやつもステキだけど
今夜のレジャーはシェイクで行こう。
行けるかな?


I want to show you how to do it right...
Do it right. Uh huh. Do it right. Do it right, do it right, do it right, do it right!
Uhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh !

ちゃんとやるにはどうやるか。
お前に教えてやりたいぜ。
ちゃんとやるんだぞ。
ちゃんとやるんだぞ。
ちゃんとやるんだぞ。
ぁぁああああああ


Twist it! Shake it, shake it, shake it, shake it baby! Here we go loop di loo!
Shake it out baby!
Here we go loop di lie!
Bend over, let me see you shake your tail feather (bis) Come on, let me see you shake your tail feather (bis)
Uhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh!

体をねじれ!
シェイク、シェイク、
シェイク、シェイク、シェイクしろ!
ぐるっと回るぞ。
思いっきりシェイクだbaby
ぐるっと回ってかがんで
尻尾の羽を振るのを見せてくれ。
尻尾の羽を振るのを見せてくれ。
ぁぁああああああ


[Chorus] (again!)
Come on! Come on babe! Come on! Yeah come on babe!
Alright!


Do the twist!
ツイストだ!
Do the fly!
フライ(飛行)だ!
Do the swim!
(Ha! Ha! Ha!)
スイム(水泳)だ!
And do the bird!
(Oh!)
そしてバード(鳥)だ!
Do the duck!
(Ah!)
ダック(アヒル)!
Do the monkey!
(Hey! Hey!)

モンキー(猿)!
Watootsie!
ワトゥーシ!
And the... what about the food?
Do the mashed potato!

次は…食べ物で行こうか?
マッシュポテトをやれ!

What about the boogaloo?
ブーガルーはどうだい?
The Boney Muroney!
ボニー・モロニーだ!
Come on! Let's do the twist!
行くぞ、ツイストだ!
Uhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh!
ぁぁああああああ

Twist it! Shake it, shake it, shake it, shake it baby! (bis)
(Oh!) Twist it! Shake it, shake it, shake it, shake it baby!

==============================

SCENE 212
Location: INT. RAY'S SHOP - DAY
The place becomes packed and the rousing rendition of "Shake A Tail Feather" is in full throttle. The number winds up, ends, and everyone is happy. Jake turns cooly to Ray.
「尻尾の羽を振れ」の演奏が絶頂に達し、みんながハッピーになって、終わる。ジェイク、クールにレイの方を向く。


JAKE: Okay, man. We'll takes these axes.
ジェイク:オッケー。この武器をいただくぜ。

Jake puts his arm around Ray's shoulder.
ジェイク、レイの肩に腕を回す。


RAY: Naturally, and as usual, I gotta take an I.O.U.
レイ:もちろん、いつものように、ツケにしとくぜ。



"The Peter Gun Theme" comes in hard and carries us through...Camera: CUT TO
ピーターガンのテーマ、ハードに鳴り響き、カメラは切り替わって我々を別の世界へ。


==============================

=翻訳をめぐって=

  • この映画の中で一番「いい場面」であるに違いない。原曲は"Shake a Tail Feather"という題名で、ファイブ・ドゥ・トーンズというシカゴのグループが1963年に発表した曲なのだとのこと。アイク&ティナ・ターナーも歌って、ヒットさせている。しかし21世紀に至っても数えきれない人たちにカバーされ続けているのは、やはりこの映画でのレイ・チャールズの演奏があったればこそのことだと思う。
  • 店の外で踊っている人たちは、大人から子どもまでみんな元気いっぱいで幸せそうに見えるが、Wikipediaの記事によるとこのシーンが撮影されたのは真冬のめちゃめちゃ寒い日で、直前まではみんなTシャツ姿で震えていたらしい。そういえばこの映画には「天気のいい場面」がほとんど出てこない。「ブルースブラザーズ2000」には「太陽がいっぱい」みたいなイメージがあるのに対し、「工業都市のどんより雲」がこの原作を特徴づけているような印象が私にはあるのだが、せっかくの陽気なシーンでそんな話をしてもアレなので、別の機会に回したい。
  • boogalooというのは「リズム&ブルース、ソウル、ジャズなどをラテン音楽と融合させた音楽、およびそれに合わせて踊るブレイクダンス。1960年代にニューヨークで流行した」と辞書にはあったが、21世紀になっても街頭で踊ってる人とかにとっては基本中の基本のスタイルであるらしい。言葉で説明するのは難しいけど、下はジェームス・ブラウンが「ブーガルー」の踊り方を教えてくれている動画。


James Brown gives you dancing lessons

  • Would it happen to me and you baby?…直訳は「それはおれとお前に起こるかな?ベイビー」。意訳になっています。
  • Twist it! Shake it!…「ツイストだ、シェイクだ」でもいいのだけど、語義に立ち返るならツイストは「体をよじること」で、シェイクは「体を揺さぶること」です。しかし「リズミカルな往復運動によって内容物をかき混ぜる」というシェイクの概念は、結局シェイクという言葉を使ってしか表現できないものであるのかもしれない。
  • Bend over, let me see you shake your tail feather…歌詞の言葉は「体をかがめて、尻尾の羽を振る様子を見せてください」というミヤビな表現になっているのに、映画の字幕は「頭を下げてケツ見せな」になっている。ど顰蹙である。
  • loop di loo…「飛行機操縦法」を意味する「Loop the loop」が語源となったダンスの名前であるらしく、辞書には「宙返りする」「ターンする」という意味も載っていないのだが、映画の中では別に回転する振り付けは取られていない。下は「loop di loo」を踊る子どもたちの動画だけど、落ち着きのなさそうな子が1人回転してるのを別にすれば、別に誰も回ってない。特徴をつかみにくいダンスである。


Loop Di Loo

  • ツイスト、フライ、スイム、バード…全部振り付けの名前。動画を見てみると、すごく分かりやすいので説明不要だと思う。ただしWatootsie(watusi)だけは、60年代初頭に流行したダンスのスタイルだと辞書にはあったものの、特徴がつかみにくい。The Boney Muroneyも人名なのか曲名なのか、はたまた振り付けの名前なのか、私が調べた限りでは、よく分かりませんでした。
  • 近年ではこの曲は吹奏楽の課題曲にされたりもしているらしい。下の動画は福井県の高校のブラスバンドの演奏だけど、本当に楽しそうだと思う。て言っか途中から全員が吹奏楽部であることを放棄して単にブルースブラザーズのマネをしてみたい少年少女と化しているのが、非常に好ましい。吹奏楽部の連中には「仲間」がたくさんいるから、昔から私はちょっとだけうらやましかったのだな。でもギター一本で勝負するみたいなスタイルを作っていたから、素直にそれを言えなかったのだな。翻訳はようやく、放映時間の上では折り返し地点を過ぎました。続きます。またいずれ。


武生商業高校 「シェイク・ア・テイル・フェザー」第28回全日本高等学校選抜吹奏楽大会