華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Boogie Chillun もしくはブルースブラザーズ特集#16 (1948. John Lee Hooker)

  • ジェイクとエルウッド、興行師に電話するために車を降りたところを、「謎の女」に火炎放射器で襲撃される。
  • 最初のライブがなかなか決まらないことを、バンドメンバーに正直に言えないジェイク、苦しまぎれに、通りすがりのロードハウスで演奏することを画策する。



SCENE 213
Location: EXT. EXPRESSWAY - NIGHT
The Bluesmobile zooms down the road with the Cadillac right, behind it. The Cadillac is now driven by the Colonel. Murphy, Bones, and Mr. Fabulous are in the Bluesmobile.Camera: CUT TO
夜のハイウェイ。ブルースモービル、キャデラックを後ろに従えて走って行く。キャデラックは今ではカーネルが運転しており、マーフィーとボーンズ、ファビュラスはブルースモービルに乗っている。


SCENE 214
Location: INT. BLUESMOBILE - MOVING - EXPRESSWAY - NIGHT

JAKE: (to Elwood) So I said I'd get us some instruments and amps and I did, didn't I?
ジェイク:言ったろ?おれはバンドのために楽器とアンプを手に入れてみせるって。それでおれ、やったろ?

ELWOOD: Yap!
エルウッド:ああ!

AL: Oh, Jake? I have one question -- where's our first gig?
アル:ところでジェイク?質問なんだが…最初のギグはどこでやるんだ?

MURPHY: Yeah! We're aching to swing. What spot have you lined up tonight, Jake?
マーフィー:そうだよ!おれたち、スイングしたくてウズウズしてるんだ。今夜のラインナップはどこなんだ?ジェイク。

BLUE LOU: Yeah, is it a big room... a bar... a dance?
ブルー・ルー:うん。でかい小屋かい?バーかい?それともダンスホールかい?

MURPHY: We want to groove.
マーフィー:グルーヴしてえなあ!

BONES: Yeah!
ボーンズ:ヤー!

JAKE: Look we got a gig. Just relax. All right? Elwood, pull over. I've gotta make a phone call.
ジェイク:ギグは決めてある。リラックスするこった。いいか?エルウッド、止めてくれ。ちょっと、電話をかけてこなくちゃ。

SCENE 214-A
Location: EXT. EXPRESSWAY - HOWARD JOHNSON'S - NIGHT
The Bluesmobile and the Cadillac pull off the road into the parking lot of a Howard Johnson.
ブルースモービルとキャデラック、ハワード・ジョンソン(アメリカのレストランチェーン)の駐車場に停まる。


JAKE: You guys get yourself a bite to eat. I've got to make a phone call.
ジェイク:お前ら、メシでも食っててくれ。おれは電話しなくちゃいけないとこがあるから。

AL: Now, does this phone call concern our first gig, Jake?
アル:それっておれたちの最初のギグに関係ある電話なのか?ジェイク。

JAKE: Have I ever lied to you?
ジェイク:おれがお前らにウソついたこと、あるか?

Mr. Fabulous doesn't even bother to answer that one. He and the rest of the band go in the restaurant leaving Jake and Elwood by the cars.
ファビュラスはその答えを別に気にしてもいない。彼とバンドのメンバーはレストランに入り、車にジェイクとエルウッドが残される。


ELWOOD: What are we gonna do, Jake? We don't got no gig.
エルウッド:どうするんだ?ジェイク。ギグなんて決まってないぜ。

JAKE: How much money you got?
ジェイク:お前、いくら持ってる?

Elwood reaches into his pocket and comes out with one coin.
エルウッド、ポケットに手をやり、コインを一枚取り出す。


ELWOOD: I got a quarter Jake.
エルウッド:25セントだ。ジェイク。

JAKE: Well that's enough for a phone call. Come on.
ジェイク:ああ、電話一回にはそれで充分だ。ついて来いよ。

Jake and Elwood walk over to the phone booth. It is behind the Ho-Jo kitchen door, next to the propane tank. Jake opens the door and Elwood tries to join him in the booth. There is a moment of awkwardness but the two manage to squeeze in together.
ジェイクとエルウッド、電話ボックスに歩いて行くハワード・ジョンソンの玄関の裏側。隣には巨大なプロパンガスのタンクがある。ジェイクがドアを開けるとエルウッドも一緒に入ろうとする。一瞬、気まずい感じが漂うが、結局、2人ともぎゅうぎゅう詰めになってブースに入る。


SCENE 215
Location: INT. PHONE BOOTH
Elwood and Jake stand pressed together in the phone booth, Jake's face in Elwood's chest.
エルウッドとジェイク、押し合いながら電話ボックスの中。ジェイクの顔はエルウッドの肩の上にある。


JAKE: What are you doing, Elwood?
ジェイク:お前、何やってるんだ?エルウッド。

ELWOOD: You said we were gonna make a call.
エルウッド:おれたち、電話をかけるって言ったじゃないか。

JAKE: I said I was gonna make a call.
ジェイク:おれが電話をかけるって言ったんだ。

ELWOOD: Who you gonna call, Jake?
エルウッド:誰に電話するんだ?ジェイク。

JAKE: Remember Maury Sline?
ジェイク:モーリー・スラインを覚えてるか?

ELWOOD: Sline? Oh yeah, the booking agent. What about him?
エルウッド:スライン?ああ、あのブッキングエージェント(出演契約交渉担当者)か。あいつがどうした?

JAKE: He got us some good showcases in the old days. He got us the Morgan Park, the Tick-Tock and I got him laid. He owes me.
ジェイク:昔、あいつにいい仕事をとってもらったことがあるんだ。モーガン・パーク(シカゴの南にある街)のチクタク(ライブハウスの名前だと思う)で、おれはあいつにlaidさせてやった。(laidはこれまたスラングで「麻薬もしくはセックスで気持ちのいい状態」をさす形容詞であるという。何か、訳していても疲れるばかりで全然気持ちよくならない)あいつには貸しがあるんだ。

Just then the red Pontiac Grand Prix screeches to a stop 30 feet from the phone booth. The Mystery Woman jumps out of the front seat carrying a U.S. Army Flame Thrower. She releases a 30-foot stream of fire at the phone booth. The flame engulfs the propane tanks causing a tremendous explosion which dislodges the phone booth and sends it hurtling intact across the parking lot. The rear of the Ho-Jo burns. The Mystery Woman retreats behind a stream of flame, jumps into the Pontiac and drives off.
まさにその時、あの赤いポンティアック・グランド・プリックスが電話ボックスから30フィート(9メートル)のところにタイヤを鳴らして急停車。フロントシートからあの謎の女が、米軍の火炎放射器を抱えて飛び出す。彼女は電話ボックスに向けて30フィートの火柱を放つ。炎はプロパンガスのタンクを包み込んで巨大な爆発を起こし、電話ボックスを無傷の状態でハワード・ジョンソンの駐車場の反対側にまで吹き飛ばす。謎の女は炎の後ろに後退し、ポンティアックに飛び乗って走り去る。




SCENE 216
Location: PHONE BOOTH
on the other side of the parking lot on its side, scorched and twisted.
電話ボックス、駐車場の反対側で、焼け焦げてグニャグニャになっている。


SCENE 217
Location: JAKE AND ELWOOD
They are crammed inside the mangled phone booth.
ジェイクとエルウッド、めちゃめちゃになった電話ボックスに押し込まれたまま。


ELWOOD: Hey, Jake. there’s gotta be at least seven dollars worth of change here.
エルウッド:(壊れた電話機から散らばった小銭を集めて)見ろよジェイク、7ドル分はあるぜ。

==============================

Camera: DISSOLVE TO
SCENE 218
Location: INT. AMERICAN NAZI PARTY HEADQUARTERS - NIGHT アメリカン・ナチス本部
We find ourselves in an extremely tacky, fake-wood paneled office. There is a Formica desk, a plastic chair, and a portrait of George Lincoln Rockwell in civillian dress. The Black Shirt sits behind the desk and Brown Shirt, now in civilian dress, stands in front off the desk.
極めて悪趣味な、模造の板張りのオフィス。フォーマイカ(耐熱性合成樹脂)の机に、プラスチックの椅子。平服を着たジョージ・リンカーン・ロックウェル(アメリカン・ナチス創始者。1918〜1967)の肖像画。黒シャツが机の後ろに座り、今は平服を着た茶色シャツの男がその前に立っている。




BLACK SHIRT: What did you find out?
黒シャツ:何が分かった?

BROWN SHIRT: Okay. I called a friend at the Motor Vehicle Department. That license plate is like a rash all over the computer. The car belongs to a known traffic menace.
茶色シャツ:はい。陸運局の友人に問い合わせたところ、あの免許証は至る所でコンピュータに引っかかったそうです。あの車は有名な危険運転者の所有でした。

BLACK SHIRT: What's his name?
黒シャツ:やつの名前は?

BROWN SHIRT: His name is Elwood Blues. He's got a record a mile long and he's Catholic.
茶色シャツ:エルウッド・ブルースです。やつの違反記録は印刷すると1マイルの長さ。カトリックです。

BLACK SHIRT: Did you get his address?
黒シャツ:住所は分かったか?

BROWN SHIRT: Of course. 1060 North Addison.
茶色シャツ:もちろんです。北アディソン1060番地でした。

BLACK SHIRT: Let's go.
黒シャツ:行くぞ。

Camera: CUT TO
SCENE 219
Location: EXT. WRIGLEY FIELD - NIGHT
The Nazis new fake-wood paneled station wagon pulls up at the gate where the sign reads WRIGLEY FIELD. The Brown Shirt is driving, the Black Shirt sits in the front, and four thugs sit in the back.Camera: CUT TO
木目調に塗ったナチスステーションワゴン、「リグレー球場」の大きな看板の前に停まる。ドライバーは茶色シャツ。サイドシートに黒シャツ。後部座席にさらに4人。


SCENE 220

Location: INT. NAZI STATION WAGON - NIGHT



BLACK SHIRT: Anyone with that kind of record is gonna make a mistake. I want all party members in the tri-state district to monitor the city, county and state police on their C.B.'s. Mr. Blues is gonna fuck up and when he does, he better pray the police get there before we do.
黒シャツ:ああいう違反記録の持ち主は、いずれ必ずまた間違いを起こす。近隣三洲のすべての隊員に、市警、郡警、州警察の無線をチェックさせろ。ブルース氏はいずれ見つかる。せいぜい我々が行く前に、警察に救いを求めるがいいだろう。

Camera: CUT TO
カメラ、切り替わる


==============================

SCENE 221
Location: EXT. HIGHWAY - NIGHT
The Bluesmobile and the Cadillac continue down the road. Jake, for the first time, is a little worried. He is in the front seat and Mr. Fabulous and Murphy are still in the back. The other band members follow in the car behind.
ブルースモービルとキャデラック、走り続けている。ここにきてジェイク、初めて少し不安な表情を浮かべている。彼は助手席。ファビュラスとマーフィーは引き続き後部座席に座っている。他のメンバーは後続車。


SCENE 222
Location: INT. CADILLAC - MOVING - NIGHT
Colonel is driving. Duck sits in front.
キャデラックはカーネルが運転している。助手席にはダック。


COLONEL: What are they doing? Are we just going to ride around in this boat all night?
カーネル:あいつら、何やってるんだろう。おれたち、一晩中このボートに乗ってなきゃいけないんだろうか。

DUCK: Jake swore we were heading down to play some place in the south.
ダック:ジェイクは南に演奏する場所があるって言ってたぜ。

BLUE LOU: Yeah, like where, man? Some place, like Florida?
ルー:どの辺だい?フロリダとか?
…ちなみにシカゴからフロリダ州まではおよそ2000キロ離れている。

Willie lounges in the back seat.
ウィリー、後部座席で笑う。


WILLIE:Lies... lies... lies... The man is slipping us the hose... I say we give The Blues Brothers... one hour... that's all... just one hour.
ウィリー:ウソだ、ウソだよ…あいつはおれたちをペテンにかけようとしてるんだ…ま、おれはブルースブラザーズにあと一時間だけくれてやるよ。一時間。それだけだ。

SCENE 223
Location: INT. BLUESMOBILE - MOVING - NIGHT

MR. FABULOUS: All right, Jake. We've been in this car for four hours now. Where the hell is this place?
ファビュラス:大丈夫か?ジェイク。おれたちもう4時間も車に乗ってるぜ。場所はどこなんだ?

JAKE: (worried, scanning the horizon) I told you it'd take a little while to get there.
ジェイク(困って地平線に目をやりながら)しばらくかかるって言ったろ。

MURPHY: Yeah, what's the name of this place, Jake?
マーフィー:何て場所なんだ?

JAKE: (worried) The name, uh... why uh...
ジェイク:(困って)名前は…何で?…

Jake looks up.
ジェイク、見上げる。




SCENE 224
Location: JAKE'S P.O.V. - EXT. BOB'S COUNTRY BUNKER - NIGHT
On the side of the road is a long, wide, one-story cinder block road house. A neon sign with a rocking cowboy hat flashes: BOB'S COUNTRY BUNKER. The parking lot is empty except for two pickups and a semi. At the entrance to the parking lot is a big marquee with plastic supermarket-type letters that read: TONIGHT ONLY - THE GOOD OLE BOYS.
道の脇に、広い一階建てのコンクリート造りのロードハウス(ドライブイン的なもの)がある。カウボーイハットのネオンサインには「ボブのカントリーバンカー」と書かれている。(「バンカー」には「燃料貯蔵庫」という意味の他に「超保守派の政治家連合」という意味もある)。駐車場には軽トラ2台とセミトレーラー一台が停まっているだけ。入口にはスーパーの広告のような書体で「今夜限り。グッド・オール・ボーイズ」と書かれた大きな看板が出ている。(直訳は「古きよき少年たち」)


SCENE 225
Location: INT. BLUESMOBILE
JAKE: (excitedly) Bob's Country Bunker! Here we are!
ジェイク:(興奮して) ボブのカントリーバンカー!ここだよ!

ELWOOD: (under his breath) Bob's Country Bunker?
エルウッド:(小声で)ボブのカントリーバンカー?

==============================

John Lee Hooker Boogie Chillen original 1948 version

Boogie Chillun

Well, my mama, she didn't 'low me just to stay out all night long, oh Lord
Well, my mama didn't 'low me just to stay out all night long
I didn't care what she didn't 'low--I would boogie-woogie anyhow

おれのママなんだけど
おれが一晩中出歩いて遊ぶことを
許してくれねえんだ。
ああかみさま
けどおれは別に
ママが許さなくても
気にしない。
何とかしてブギウギするさ。


When I first came to town, people, I was walkin' down Hastings Street
Everybody was talkin' about the Henry Swing Club
I decided I drop in there that night
When I got there, I say, "Yes, people"
They was really havin' a ball
Yes, I know
Boogie Chillen'

初めて街にやって来た時
いいかい
おれはヘイスティングス・ストリートを歩いてた。みんながヘンリー・スイング・クラブのことを話してた。
その夜はそこへ行ってみようと決めた。
そこへ行ったら
「そうですみなさん!」てなもんだ。
楽しかったの何の。
そうさ。
ゾクッとするようなブギーってやつだ。


One night I was layin' down
I heard mama and papa talkin'
I heard papa tell mama let that boy boogie-woogie
It's in him and it got to come out
And I felt so good
Went on boogiein' just the same

昔ある夜おれが寝てたら
ママとパパが話してるのが聞こえた。
あの子にブギウギさせてやれって
パパがママに言うのが聞こえた。
パパはそう思ってたんだ。
それは本当になった。
おれは相変わらずブギーし続けて
とてもいい気持ちになった。

=翻訳をめぐって=

  • 今回のシーンを通じて、ブルースモービルのカーラジオから流れ続けているのがこの曲。非常にシンプルな歌なのだけど、ギターの響きはとても1940年代の曲とはおもえないぐらい迫力がある。そもそもよく考えてみると、1940年代のエレキギターの音をそれと知って聞くのは私にとって初めての経験であるかもしれず、チャック・ベリーより10年も前からアメリカにはこんな音を出せるミュージシャンがいたのだと思うと、興奮さえおぼえてくる。
  • boogieという言葉についてはStarman の時にやりました。have a ballという表現についてはSaturday Night の時にやっています。
  • chillunもしくはchillen'という言葉は辞書にはのっていないけど、chillな状態にさせる=ゾクゾクさせる、といった意味の口語表現だと考えるのが妥当だと思われる。
  • Hastings Street…1950年代のデトロイトで黒人文化の中心地となっていたストリートの名前、であると資料にはあった。ヘンリー・スイング・クラブもおそらく実在の、名前からしてジャズのライブハウスだったのだろうと思う。

…ではまたいずれ。次回はようやく、ジェイク出所以降のブルースブラザーズバンドの初ライブです。