華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Gimme Some Lovin' もしくはブルースブラザーズ特集#17 (1966. The Spencer Davis Group)



  • ジェイク、ブルースブラザーズバンドを別名のバンドと偽って、カントリー&ウエスタン専門のロードハウスでのライブを敢行する。が。

SCENE 225-A
Location: EXT. BOB'S COUNTRY BUNKER - NIGHT
The Bluesmobile and the Cadillac pull into the parking lot. The band members all get out and stretch.
ブルースモービルとキャデラック、駐車場に停まる。バンドメンバーは全員降りてきて、体を伸ばす。


MR. FABULOUS: Jake, the sign says, 'Tonight- only, the Good Ole Boys.'
ファビュラス:ジェイク、看板には「今夜限り。グッド・オール・ボーイズ」って書いてあるぜ。

JAKE: Must be a mistake. It's supposed to read, 'Tonight only, The Blues Brothers triumphant return.'You guys start unloading the stuff. Come on, Elwood.
ジェイク:何かの間違いだよ。「今夜限り。ブルース・ブラザーズの凱旋コンサート」が正解だ。機材を降ろしといてくれ。行くぞエルウッド。

SCENE 226
Location: INT. BOB'S - NIGHT
A long, dark space with black cinder-block walls and a bar in the front at which sit three men drinking beer. Other than the three patrons, the place is empty. Jake and Elwood go to the bar. CLAIRE, the owner's wife, approaches them.
長い造りの暗い店内。壁はコンクリート。端の方にバーがあり、男が3人座ってビールを飲んでいる。その3人の常連を除けば、店はがらんとしている。ジェイクとエルウッド、バーに入る。オーナーの連れ合いのクレアがやってくる。




SCENE 227
Location: BAR

CLAIRE: Now, what would you boys like? You thirsty or hungry? Are you just driving through? You want to see our supper menus? Like a beer or something hard? We make the state's best pepper steak.
クレア:ボーイズ、何にする?のど渇いてる?おなか空いてる?ドライブの途中?食事のメニュー見る?ビールか、もっと強いのにする?ペッパーステーキは州で最高のがあるわよ。

JAKE: Well, ma'am, we'll probably end up sucking down a few beers later. We're going to be here all night. We're the band.
ジェイク:ああ、マダム。ビールは後で頂くことになると思う。今夜は一晩中ここにいるぜ。おれたちはバンドなんだ。

CLAIRE: You are? That's nice. I'll go get Bob.
クレア:あなたたちが?ステキ。ボブを呼んでくるわ。

Elwood stops her.
エルウッド、呼び止める。


ELWOOD: What kind of music do you usually have here?
エルウッド:ここではいつも、どういう音楽をやってるんですか。

CLAIRE: Oh, we have both kinds… country and western.
クレア:ここは2種類だけよ。カントリーとウエスタン。

Claire goes off to get Bob.
クレア、ボブを呼びに行く。


ELWOOD: Jake, are you sure this is the place?
エルウッド:ジェイク、ここで大丈夫なのか?

JAKE: Yeah, yeah. Sure, sure this is the place.
ジェイク:オッケーオッケー大丈夫大丈夫。ここで間違いない。

A tall husky man in a cowboy shirt approaches Jake and Elwood. He is big and a little scary. This is BOB, Claire's husband and the owner of the place.
カウボーイシャツを着た長身でハスキーボイスの男性が、ジェイクとエルウッドに歩み寄る。大柄で、強面な印象。クレアの夫で店のオーナーの、ボブである。




BOB: You the Good Ole Boys?
ボブ:お前らがグッド・オール・ボーイズか?

JAKE: That's us. The rest of the band's out in the parking lot getting our stuff together.
ジェイク:おれたちだ。他のメンバーは駐車場で機材を降ろしてる。

Elwood looks at Jake amazed. He's about to speak, but Jake gives him a shot in the ribs with his elbow.
エルウッド、驚いてジェイクを見る。何か言おうとするが、ジェイクは肘でその脇腹をつつく。


BOB: (shaking Jake's hand) Well, it's nice to have you here. I'm Bob and this is my place.
ボブ:(ジェイクの手を握る)来てくれてうれしいよ。おれがボブ。ここはおれの店だ。

JAKE: It's a beautiful place, Bob.
ジェイク:いい場所だな、ボブ。

BOB: I guess you boys wanna get your steel guitars and everything set up on the stage don't ya. Claire get over there and turn those stage lights on and get these boys going up there.
ボブスチールギターとかそういうのをいろいろ、ステージにセットするんだろ?クレアにステージライトをつけさせるから、バンドの連中を入れてやるといい。

Camera: CUT TO
SCENE 228
Location: INT. BOB'S DRINKING ROOM - NIGHT
Spotlights illuminate a stage at the rear of a sparse expansive beverage room filled with tables and booths. The stage consists of a slight elevated platform, with a wire cage in front of it and bales of hay on either side. The band members walk towards the stage exchanging worried looks.
スポットライトがステージを照らし出す。テーブルと仕切りでいっぱいの広い部屋の隅。ステージはわずかに高い舞台で、前面には金網が張ってあり、両側には干し草の塊が積んである。バンドメンバー、ステージに歩み寄り、不安な表情を交わし合う。


BLUE LOU: Chicken wire?
ルー:なんで金網が?

Camera: CUT TO
SCENE 229
Location: STAGE
From wall to wall across the apron there is a seven-foot-high fence of double chicken wire, held up by black 4' x 8's. At the base of the stage there is a bin on the floor. The band members group around.
舞台には両脇の壁から壁まで、2メートル強の高さで二重の金網が張ってあり、4x8フィートの黒い鉄板で補強されている。ステージ前の床には大きなゴミ箱がある。バンドメンバー、周りに集まる。


MATT: What's the chicken wire for?
マット:何のために金網が張ってあるんだろう。

DUCK: Damn sure ain't for chickens.
ダック:ニワトリ用じゃねえよな。

JAKE: Hey, Bob, just for tonight, how about losin' the cage?
ジェイク:なあボブ、今夜だけこの金網を外してもらうわけに行かないか?

BOB: I really couldn't do that, boys. You see, that's all part of the fun here at the Country Bunker.
ボブ:できねえな。ボーイズ。それもこのカントリーバンカーのお楽しみのひとつなんだ。

He laughs.
ボブ、笑う。


BOB: Hell, later on tonight, you'll be real glad that wire's there.
ボブ:まあ、夜になれば、お前らもそこに金網があって良かったと思うだろうよ。

Jake turns to the band.
ジェイク、バンドの方を向く。


JAKE: Okay, let's set up for a sound check.
ジェイク:オッケー、サウンドチェックを始めよう。

The band members disperse. Bob stops Bones.
バンドメンバー、散る。ボブ、ボーンズに歩み寄る。


BOB: I guess I'll give this to you. You're the tall one.
ボブ:お前に渡しときゃいいだろう。お前さん、一番背が高いからな。

He hands Bones a piece of paper.
ボブ、ボーンズに紙片を渡す。


BONES: Okay. What is it?
ボーンズ:ああ、何だこれ?

BOB: It's the list of songs you're gonna play tonight.
ボブ:お前さんたちが今夜演奏する曲のリストだよ。

BONES: Hmmm...
ボブ:むむむ…



Camera: DISSOLVE TO
OMITTED: 230
SCENE 231
Location: INT. BOB'S COUNTRY BUNKER - PATRONS - NIGHT
in peaked "name" hats, work boots, and vests cram the place. There are two man for every woman and the women all have names like Lucille.
ネーム(メーカー名?)の帽子、ワークブーツ、ベストで身を固めた常連客が、席を埋めている。すべての女性に2人の男がくっついており、女性はみんなルシールとかそういう名前がついてそうなイメージ。


Camera: CUT TO
SCENE 232
Location: STAGE - THEE BAND
is set up. Bones and Elwood confer.
ステージではバンドのセットアップが終わり、ボーンズとエルウッドが何か話し合っている。


ELWOOD: (reading list) I don't think we know any of the songs on this list.
エルウッド:(リストを読みながら)おれたちこんな曲、ぜんぜん知らないぜ。

JAKE: That list doesn't mean anything. They're just requests. we'll. do our regular set. Let's start with "Gimme Some Lovin'."
ジェイク:そんなリスト、関係ねえよ。単なるリクエストだろ。いつものをやろう。"Gimme Some Lovin'"で行くぞ。

MURPHY: "Gimme Some Lovin'"... one... two... three....
マーフィー: "Gimme Some Lovin'." ワン、ツー、スリー…

The band starts the Stones' "Gimme Some Lovin'."
バンド、ストーンズの"Gimme Some Lovin'."を演奏しはじめる。


ELWOOD: (into microphone) Good evening, ladies and gentlemen. We're sure glad to be here in Kokomo tonight. We're The Good Ole Blues Brothers Band... Boys from Chicago. We hope you enjoy our show. I'm Elwood. This is my brother Jake.
エルウッド:(マイクに向かって)グッドイブニング、レディース&ジェントルメン。ここインディアナ州ココモの地で演奏させてもらえて、今夜はとても光栄です。私たちはグッド・オール・ブルース・ブラザーズ・バンド…シカゴから来ました。私たちのショーを楽しんでください。私はエルウッド。こちらは私のブラザーのジェイクです。

Jake starts the vocal.Camera: CUT TO
ジェイク、歌い始める。カメラ、切り替わる。



Blues Brothers - Gimme some lovin'

SCENE 233
Location: BAR - CLAIRE AND BOB
are pushing drinks. Bob looks up.
クレアとボブ、飲み物を注いでいる。ボブ、見上げる。


BOB: (disturbed) That's not a Hank Williams number.
ボブ:(当惑して)ハンク・ウィリアムスのナンバーじゃねえじゃねえか。

Camera: CUT TO
SCENE 234
Location: BOOTH
Four mean, weathered-looking patrons exchange looks. Two of them are sitting with, their backs to the stage, They twist around to look at the band.
4人の意地の悪そうな革スタイルの常連客が、目配せしあう。うち2人はステージに背を向けて座っている。それが振り向いてステージを見る


PATRON: Eeeeeyushit whut're those damn freak pecker heads playin'?
常連客:おぉおめぇら、なぁにそんなふざけたキツツキ頭の曲を演奏してやがるんだ?

Camera: CUT TO
SCENE 235
Location: BAR - BOB
leans over and hits a switch.
ボブ、何かのスイッチを押す。

SCENE 236
Location: STAGE - THE LIGHTS
on stage go out. The band stops playing. The audience begins hurling bottles, cans, and ashtrays at the stage. They bounce off the chicken wire into the big bin on the floor.
ステージのライトが消えて、バンドは演奏をストップする。観客はビンや缶や灰皿をステージに向かって次々と投げ始める。それが金網に跳ね返り、ステージ下の大きなゴミ箱にたまってゆく。


==============================


Spencer Davis Group - Gimme Some Lovin'

Gimme Some Lovin'

Well my temperature's rising
and my feet on the floor
Twenty people rockin'
and there wanna go more
Let me in baby,
I don't know what you've got
but you'd better take it easy,
this place is hot

体温が上がるぜ。
ダンスフロアの上。
20人がロックンロールしてて
もっとやりたがってる。
何がそんなにいいのか分からないけど
落ち着いた方がいいぜ。
ここはあんまり暑いから。
とはいえ


So glad we made it
So glad we made it
You gotta

うまくいってうれしいぜ。
うまくやれてうれしいぜ。
だから


Gimme some lovin'
(Gimme some lovin')
Gimme some lovin'
(Gimme gimme some lovin')
Gimme some lovin'
Everyday

愛をおくれよ
(愛してくれよ)
愛をおくれよ
(愛してくれよ)
毎日毎日


Well I feel so good,
everything is sellin' high
You'd better take it ease
cause the place is on fire
It's been a hard day and
I don't know what to do
Wait a minute baby
and it happened to you
And I'm
So glad we made it
So glad we made it
You gotta

気分最高だぜ。
何でもかんでも受けまくり。
気楽にやれよ。
そこはもう燃えちゃってるから。
大変な1日だったもんで
どうしていいか分からない。
ちょっと待ってくれベイビー。
そいつはきみに起こったことなんだ。
そんでもっておれは
うまくいってうれしいぜ。
うまくやれてうれしいぜ。
だから


Gimme some lovin'
(Gimme some lovin')
Gimme some lovin'
(Gimme gimme some lovin')
Gimme some lovin'
Everyday

愛をおくれよ
(愛してくれよ)
愛をおくれよ
(愛してくれよ)
毎日毎日


Well I feel so good,
everybody's getting high
Better take it easy
'cos the place is on fire
Been a hard day
and nothing went too good
Now I'm gonna relax honey,
everybody should
So glad we made it
So glad we made it
You gotta

気分いいったらないぜ。
みんなどんどんハイになる。
落ち着いた方がいいよ。
火事になっても困るから。
ひどい1日で
何も大してうまく行かなかった。
おれはリラックスするよハニー。
みんなきっと
うまくいってうれしいに決まってる。
うまくやれてうれしいに決まってる。
だから


Gimme some lovin'
(Gimme some lovin')
Gimme some lovin'
(Gimme gimme some lovin')
Gimme some lovin'
Everyday

愛をおくれよ
(愛してくれよ)
愛をおくれよ
(愛してくれよ)
毎日毎日


Blues Brothers - Gimme Some Lovin

=翻訳をめぐって=

  • この曲はブルースブラザーズのレパートリーの中では一二を争うぐらいかっこいい曲なのだが、映画の中ではそれがブーイングで中断される曲として使われてしまうとは何とモッタイないと言うかゼイタクと言うか。CDでちゃんと聞いたことのない人は絶対に人生を損していると思う。
  • 私はこの歌を実に「アメリカ的」な歌だと感じてきたのだけど、実はイギリスのバンドであるスペンサー・デイヴィス・グループがビートルズの時代に発表していた曲だったのだということを、今回調べてみて初めて知った。また「オトナ好みのシブい曲」だというイメージも持っていたのだけど、この歌を書いて歌っていた頃のスティーブ・ウィンウッドはわずか17歳だったのだということを知って2度おどろいた。さらにこの曲に絶対欠かせないと思っていたホーンセクションは当初は彼の弾くオルガンだったりまでしていたわけで、つくづく私はこの曲について何も知らなかったのだなと思う。動画は一見の価値ありだが、字幕はどうやらフィンランド語らしい。
  • この歌に出てくるyouは、試訳の中では特定の恋人を思わせるような訳語を当ててあるけど、二人称複数、つまり聞いている人全員をさしている可能性もある。英語だと「同じ歌詞で両方の意味に聞こえる」わけだが、日本語でそれを正確に写し取ろうとすれば「違う訳詞を2つ作る」しかない。
  • You gotta=あなたは〜すべきだ。意訳になっています。詳しい訳し方はI Can't Turn You Looseを参照されたし。
  • make it=うまくやる。
  • Wait a minute baby/ and it happened to you…意味が取りにくかった箇所。「それはあなたの問題でしょう」的な意味である可能性もあるかもしれない。

…私の中でGimme Some Lovin'といえは鈴木祥子さんの「海辺とラジオ」という曲だったのだけど、動画は見つからなかったので、代わりに「イケナイコトカイ」を貼っておきます。「スナップショッツ」というアルバム、よかったなあ。ではまたいずれ。


イケナイコトカイ 鈴木祥子