華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

I'm Walkin' もしくはブルースブラザーズ特集#22 (1957. Fats Domino)

  • ジェイクとエルウッド、そしてカーティスと子どもたち、その日の夜に決まったコンサートのために、全力で宣伝活動を開始。
  • この映画の中で、唯一太陽の光があふれているシーンです。

SCENE 256
Location: EXT. ELEMENTARY SCHOOL PLAYGROUND - DAY 小学校の運動場。昼間。
In the middle of the asphalt playground is a tall pole atop which is a large horn, an an air-raid siren… a relic of the early fifties. Several members of the band walk through the playing youngsters with block and tackle towards the air-raid siren.Camera: CUT TO
アスファルトの運動場の真ん中に、大きな拡声器のついたポールが立っている。空襲警報用のサイレンだ。50年代の遺物である。何人かのバンドメンバーが、遊ぶ子どもたちの間を縫って近づき、それにタックルする。
…映画ではこのシーンは途中でカットされ、次のシーンに移る演出がなされている。


SCENE 257
Location: EXT. LAKE WAZAPAMANI - THE BLUESM0BILE - DAY
with the air-raid siren mounted on top rolls down a main street. Blaring from the car.
ワザパマニ湖のほとり。空襲警報サイレンを取りつけたブルースモービルがメインストリートに出てくる。車から大きな音が響きわたる。




ELWOOD: Tonight only from Chicago the famous Blues Brothers Rhythm, and Blues Show and Revue… tonight at the Palace Hotel Ballroom. For your dancing pleasure that's the Blues Brothers Band at ten o'clock tonight… From Chicago, the famous Blues Brothers Rhythm and Blues Show and Revue
エルウッド:今夜限りのショーとレヴュー!シカゴからやって来た有名なブルースブラザーズ、出し物はリズム&ブルースです。パレスホテルのダンスホールで今夜10時から。ブルースブラザーズバンドで踊りましょう。シカゴからやって来た有名なブルースブラザーズのショーとレヴュー…

Camera: CUT TO
SCENE 257-A
Location: EXT. ORPHANAGE - MORNING
A Cook County Marshall is supervising the movement and seizure of various pieces of school furniture. A group of twenty young boys comes running down the steps. They are cheering, clapping, and jumping.Curtis pulls up in his 1962 black, flatbed Cadillac flower transporter. He gets out of the car and approaches the hoard of boys.
朝の孤児院。クック郡の執行官が、学校の備品の差し押さえを監督している。20人ぐらいの子どもたちが出てきて、手を叩いたり飛び跳ねたりして大騒ぎしている。カーティス、62年型の黒の平型キャデラックの霊柩車を止めて、子どもたちに歩み寄る。


CURTIS: Hey ... hey ... hold it...what's going down here? Where you all going?
カーティス:待て、待て…いったい何があったんだ?おまえたち、どこに行くんだ?

BOY: We're splittin', man. They're taking away our desks. We don't have to go to school any more!
少年:ぼくたち、遊びに行くんだ。あの人たち、ぼくらの机を持ってっちゃったから、ぼくらはもう学校に行かなくていいんだって!

The hoard cheers.
子どもたち、歓声をあげる。


CURTIS: So that's it. You've all just given up. Fine, bye-bye, boys. Old Curtis'll come visit you at the State Home in Galenal. Is that what you want?
カーティス:そうかい。それでいいわけだ。いいよ。バイバイ。カーティスおじさんは、これからはお前たちに会うのに州の施設に面会に行かなきゃならないわけだ。お前たち、それでいいのかい?

The hoard ripples.
子どもたち、ハッとする。


BOY: Uh-uh no...we don't want that.
少年:う。うう…ぼくら、それはイヤだ。
…シーン257-Aのここまでの台詞は、カットされている。

CURTIS: Listen, you boys heard me talkin' about Jake and Elwood. Well they used to live here just like you and I used to sing to them, like with you. Tonight Jake and Elwood are gonna sing and play to raise money to help you children. Your lazy butts are in this too, so get up on that wagon. We're gonna get people to see the Blues Brothers tonight. We're going north to out the word in the streets!!
カーティス:聞くんだ、ボーイズ。ジェイクとエルウッドの話をしたことがあるだろう。お前たちと同じようにここに住んでて、お前たちにと同じようにわしはあいつらに歌ってやったもんだ。今夜、ジェイクとエルウッドはお前ら子どもたちのために、歌ってお金を稼ごうとしてる。だから一緒にあの車に乗るんだ。みんなに今夜、ブルースブラザーズを見にきてくれるようにお願いするんだ。宣伝しながら北へ行くぞ!



As the kids all clamber aboard the Cadillac we....Camera: DISSOLVE TO
子どもたちがキャデラックに乗り込み、カメラ、溶暗


SCENE 257-B
Location: EXT. LAKE WAZAPAMINI - HIGH NOON ワザパマニ湖畔。昼。
The flower wagon cruises down the main street of a prosperous summer vacation town. Curtis' herd jumps off one by one at key intersections.Camera: CUT TO
花で飾ったカーティスの車が、夏休みで賑わうメインストリートを行く。交差点にさしかかるたびに、車から子どもたちが飛び降りる。


SCENE 257-C
Location: EXT. STREET
A YOUNG BOY offers handbills to elderly shoppers.
小さな少年が、年かさの店員にビラを手渡す。


YOUNG BOY: Check it out. Check it out. Tonight only from Chicago. The Blues Brothers Rhythm and Blues Revue. One night only. The fabulous Blues Brothers.
少年(たち):寄ってらっしゃい見てらっしゃい、今宵限りのシカゴから。ブルースブラザーズのリズム&ブルースレヴューだよ。今夜だけ。伝説のブルースブラザーズだよ。

Five large, blonde JOCKS stop.
5人の大柄なナンパ師が立ち止まる。


JOCK: Hey, chief, let's see that.
ナンパ師:よお、見せてくれよ。

The Jock peruses the handbill.
ナンパ師、ビラを受け取る。


JOCK: Blues Brother Rhythm and Blues Revue. Genuine Dance Music. Palace Hotel Ballroom. Hey, this is tonight and it's only a two buck cover charge.
ナンパ師:ブルースブラザーズのリズム&ブルースレヴュー。本物のダンスミュージック。パレスホテルのダンスホール。おい、今夜でたった2ドルだってさ。
…このナンパ師のシーンはカットされ、代わりにジェイクとエルウッドによる以下の宣伝が挟まれている。



ELNOOD: Blues Brothers show band and review. You, on the motorcycle!... You two girls tell your friends.
エルウッド:ブルースブラザーズのショーとレヴュー!バイクのあなた!お2人のお嬢さん!ぜひお友だちに伝えてあげてください。

JAKE: (to Elwood) Free parking.
ジェイク:(エルウッドに) 駐車場は無料。

ELWOOD: Free parking. 2 dollar cover charge only folks. That's a lot of entertainment.
エルウッド:駐車場は無料です。カバーチャージはたったの2ドルです皆さん。楽しみがいっぱい!

JAKE: (to Elwood) For two dollars.
ジェイク:(エルウッドに) たったの2ドルで。

ELWOOD: For two dollars.
エルウッド:たったの2ドルで!

Camera: CUT TO
OMITTED: 258
SCENE 259
Location: INT. SOUL FOOD CAFE - DAY
one of the Little Boys is talking to the Waitress.
ソウルフード・カフェ。子どもたちの1人が、アレサ・フランクリンのウェイトレスに話しかけている。

LITTLE BOY #2: So please put this up in your window, lady. It's real important.
子ども2:このビラをお店の窓に貼らせてください。とても大切なことなんです。

The Waitress looks at the handbill and shakes her head. After a moment's consideration, she goes to the front of the restaurant and places it prominently in the window.Camera: CUT TO
ウェイトレス、ビラを見て首を振るが、しばらく考えて店の前に行き、ウィンドウの一番目立つ場所にビラを貼る。


SCENE 260
Location: INT. RAY'S MUSIC EXCHANGE - RAY - DAY
is taping a Blues Brothers poster to the front window off his store. He steps back to admire himself.
レイの楽器店。レイ・チャールズがウィンドウにブルースブラザーズのビラを貼りつけ、一歩下がって満足そうに微笑む。
…映画ではこのポスターが逆さになっている。レイが「視覚障害者」であることを「ネタ」にしたギャグだが、こういうのって、良くないと思う。


Camera: CUT TO
SCENE 261
Location: INT. MEN'S BATHROOM
At a long line of urinals we find Tucker McElroy and The Good Ole Boys taking a leak. Tucker is reading the graffiti on the wall as he pees.
男性用トイレ。ずらっと並んだ小便器の前で、タッカー・マッケロイとグッド・オール・ボーイズが用を足している。タッカー、目の前の壁のポスターを見る。




SCENE 262
Location: TUCKER'S P.O.V.
Next to the scrawled Blues Brothers ad on the bathroom wall is a crude caricature of Jake and Elwood. Tucker regards the drawing carefully.Camera: CUT TO
ブルースブラザーズの文字のそばに描かれた2人の似顔絵を、タッカー、注意深く見つめる。


OMITTED: 263
SCENE 264
Location: EXT. PALACE HOTEL BALLROOM - DUSK
The purple Caddy pulls into the parking lot.Camera: CUT TO
パレスホテルのダンスホール、夕暮れ。紫のキャデラックが駐車場に停まる。


SCENE 265
Location: INT. PALACE HOTEL BALLROOM
The big, beautiful ballroom is empty. The band members and Curtis stand on the stage looking out at the cavernous auditorium.
巨大な美しいダンスホールは、空っぽ。バンドメンバーとカーティス、ステージに立って、大洞窟のような観客席を眺める。


MURPHY: Ha! Ho! Classic! What a room. This place is gonna swing tonight.
マーフィー:はあ!ほお!クラシックじゃないか。今夜ここ全体がスイングするんだ。

MR. FABULOUS: It's a barn. We'll never fill it.
ファビュラス:ちょっとした小屋だな。とてもいっぱいにできやしないよ。

Willie enters with part of his drum kit.
ウィリー、ドラムセットの中に入る。

WILLIE: Hey! Where's Jake and Elwood?
ウィリー:おい、ジェイクとエルウッドはどこだ?

BONES: They went out to do some more advertising.
ボーンズ:もっと宣伝が必要だって、出て行ったよ。

CURTIS: We'd better fill this hall. A lot of young children are depending on it.
カーティス:何としても満員にしなきゃな。子どもたちの運命がかかってる。

BONES: Young children? Why? What do you mean?
ボーンズ:子どもたち?どういうことだ?

CURTIS: Jake and Elwood are donating the band's share of the door money to pay the taxes on the St. Helen's Orphanage in Calumet City.
カーティス:ジェイクとエルウッドは、入場料の取り分を、カルメットシティの聖ヘレン孤児院が払う税金のために寄付しようとしてるんだ。

THE BAND: What!!??!!
バンドメンバー:何だってえ!?
…このシーンは、映画ではカットされている。

Camera: CUT TO
SCENE 266
Location: EXT. BLUESMOBILE - DAY
The air raid siren is still on the roof. They are rolling through a quiet northern community.
ブルースモービル、空襲警報機を屋根に載せたまま、静かな北部の街へ。


SCENE 267
Location: INT. BLUESMOBILE - DAY

ELWOOD: ...Tonight only ... dance ... drink and enjoy some rhythm and blues music Wazapamani ... tonight. Thank you.
エルウッド:今夜限り…踊って飲んで、リズム&ブルースで楽しみましょう。ワザパマニ湖畔で今夜…ありがとうございます…

Elwood drops the mike. Jake is checking a road atlas.
エルウッド、マイクを置く。ジェイクは道路地図をチェックしている。


ELWOOD: How we doin'?
エルウッド:どんな感じだ?

JAKE: Well ... we've covered a fifteen county radius.
ジェイク:うん…郡を15は回ったな。

ELWOOD: Good, let's get to the gig.
エルウッド:グッドだ。じゃあ、ギグに向かおう。

He stomps the gas. The Bluesmobile sputters. Elwood pumps the accelerator. The Bluesmobile coughs.
エルウッド、アクセルを踏む。ブルースモービル、パタパタ言う。エルウッド、さらにアクセルを踏む。ブルースモービル、咳をするような音を立てる。


JAKE: What is it?.
ジェイク:何だ?

ELWOOD: We're out of gas.
エルウッド:ガス欠だ…

==============================

…このシーンを通じて流れているのが、今回とりあげるファッツ・ドミノのこの曲です。ちなみに動画は、イタリア語の吹き替えみたいです。


Fats Domino - I'm Walkin! (Blues Brothers in Campagna Pubblicitaria!)

I'm Walkin'

I'm walkin', yes indeed and I'm talkin'
About you and me, I'm hopin'
That you'll come back to me, yeah-yeah
I'm lonely as I can be, I'm waitin'
For your company, I'm hopin'
That you'll come back to me

おれは歩いてる。
そうさ、そしておれが話してるのは
おれとお前のこと。
お前に戻ってきてほしいんだ。
いぇーいぇー。
おれはこの上なくさびしい。
お前がそばに来てくれるのを待っている。
お前に戻って来てほしいんだ。


What you gonna do when the well runs dry?
You gonna run away and hide
I'm gonna run right by your side
For you pretty baby I'll even die
I'm walkin', yes indeed and I'm talkin'
About you and me, I'm hopin'
That you'll come back to me

井戸が干上がっちゃったらお前はどうする?
逃げ出して隠れるんだろうな。
おれはお前と一緒に走るよ。
お前のためなら死んだっていい。
おれは歩いてる。
そうさ、そしておれが話してるのは
おれとお前のこと。
お前に戻ってきてほしいんだ。


I'm walkin', yes indeed and I'm talkin'
About you and me, I'm hopin'
That you'll come back to me, mm-mm
I'm lonely as I can be, I'm waitin'
For your company, I'm hopin'
That you'll come back to me


What you gonna do when the well runs dry?
You're gonna sit right down and cry
What you gonna do when I say bye-bye
All you gonna do is dry your eye
I'm walkin', yes indeed and I'm talkin'
About you and me, I'm hopin'
That you'll come back to me

井戸が干上がっちゃったらお前はどうする?
座り込んで泣き出しちゃうんだろうな。
おれがもしさよならを言ったらお前はどうする?
お前は泣くのもやめちゃうんだろうか。
おれは歩いてる。
そうさ、そしておれが話してるのは
おれとお前のこと。
お前に戻ってきてほしいんだ。


Fats Domino - I'm Walkin'

=翻訳をめぐって=

  • シンプルな歌だけど、解釈は少し難しい。「井戸が枯れたら、お前は走って逃げるだろう」というのは、どういうことなのだろう。英語には「You never miss the water till the well runs dry (井戸が枯れて初めて、水のありがたさが分かる)」ということわざがあるらしく、それに引っかけているとすれば、おそらく「水」は「愛」を意味しているのだろう。しかしそれがなくなったら「逃げて隠れる」というのは、やはり分からない。
  • さらに2番の「All you gonna do is dry your eye」(直訳すれば「涙を乾かすことが、あなたのするであろう全てのことです」)というのは、それに輪をかけて分からない。思うに少なくともこの歌が歌われている段階では、彼女の方にドミノに対する好意は少しもなくて、ドミノもそれが分かってるのではないだろうか。「井戸が枯れたら」云々というのは「彼女がドミノへの愛をなくしたら」と解釈すべき歌詞であって、ドミノは「それでもお前を追っかける」と歌っている、要するにストーカーじみた歌なのではないだろうか。だとしたらこれは、歌われる方はかなり怖いのではないかと思う。しかし、果たしてこの解釈で合ってるのだろうか。ご意見お待ちしております。

…というわけで、いよいよクライマックスに近づいて参りました。続きます。