華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Groove Me もしくはブルースブラザーズ特集#24 (1970. King Floyd)


  • 会場は満席。「We Want Show(開演しろ)」コールが起こっている。カーティス、時間を稼ぐため、バンドをバックに「Minnie The Moocher」を熱唱。大喝采を受ける。
  • ジェイクとエルウッド、警察の警備網をくぐり抜け、会場に向かう。

SCENE 281
Location: INT. PALACE HOTEL BALLROOM - BACKSTAGE
Curtis is doing his best to calm the members of the band. The noise from the crowd on the other side of the curtain is deafening.
カーティス、他のバンドメンバーを落ち着かせるのに全力を尽くしている。カーテンのむこうから聞こえてくる観衆の叫び声で耳が聞こえなくなりそうだ。
…deafeningは「聴覚障害者」に対する差別表現です。ここでは原文をそのまま転載しました。


MATT: I've always liked performing for angry mobs.
マット:おれは怒った客の前で演奏するのが昔から大好きだったぜ。
…素直に聞くべき言葉なのか皮肉なのか、いまいちよく分からない。

CURTIS: You can't give up now.
カーティス:今あきらめたらいけないよ。

DUCK: Shit, why not?
ダック:シット。なぜいけない?

COLONEL: I ain't had so much fun since the Hogs ate my baby brother.
カーネル:こんなに気分が悪いのは、豚に弟を食われて以来だぜ。
…since the pigs ate my brotherは「とても長い時間」という意味のスラングだそうです。

Camera: CUT TO
SCENE 282
Location: EXT. GAS STATION - NIGHT
Elwood is finished fueling the Bluesmobile. He then jumps into the car and begins to pull out of the station. Jake absentmindedly flicks his cigarette out.
エルウッド、ブルースモービルに燃料を入れ終え、そのまま飛び乗ってガソリンスタンドを離れる。ジェイク、上の空で窓からタバコの吸殻を捨てる。


SCENE 283
Location: INT. BLUESMOBILE - NIGHT
Jake and Elwood do not notice the conflagration behind them.
ジェイクとエルウッド、背後で大火事が起こっていることにも気づいていない。


JAKE: Step on it, pal.
ジェイク:アクセル全開だ。相棒。

Camera: CUT TO
SCENE 283-A
Location: EXT. GAS STATION - NIGHT
The station is burning away. The tanker explodes and flies into the air.
ガソリンスタンド、燃えている。タンクローリーは爆発して空に吹っ飛ぶ。
…このシーンは映画ではカットされているけれど、果たして必要だったのだろうか。


OMITTED: 284
SCENE 284-A
Location: EXT. PALACE HOTEL - PARKING LOT - NIGHT
Bob, Tucker McElroy and The Good Ole Boys pull into the parking lot and park in their big Winnebago. They all climb out looking extremely serious.Camera: CUT TO
ボブとタッカー・マッケロイ、そしてグッド・オール・ボーイズを乗せた大型のウィニベーゴ、パレスホテルの駐車場に止まる。降りてきたかれらの表情は極端にシリアスである。


SCENE 285
Location: INT. PALACE HOTEL BALLROOM - THE CROWD
The audience is turning truly hostile now, stamping their feet, clapping their hands.
会場。観客の感情はもはや敵意に変わっている。足を踏み鳴らす音に、早く始めろという手拍子。


SCENE 285-A
Location: BACKSTAGE

MR. FABULOUS: That's it. I'm going. I don't need this.
ファビュラス:もういい。ここから出て行く。こんなのはもうイヤだ。
WILLIE: (throws down his sticks in disgust) Man, we were so close.
ウィリー:(うんざりしてドラムスティックを放り出し)おれたち、仲良くやってこれたってのによ。

CURTIS: Do you boys know "Minnie the Moocher"?
カーティス:おまえら、「ミニー・ザ・ムーチャー」を知ってるか?

MURPHY: I knew a stripper once named Minnie Mazola.
マーフィー:ミニー・マズラって名前で出てたストリッパーなら知ってるけど。

CURTIS: No, the song "Minnie the Moocher".
カーティス:違う。「ミニー・ザ・ムーチャー」って歌だ。
COLONEL: Yeah, so what?
カーネル:知ってるよ。それがどうした?

CURTIS: Hit it!
カーティス:やれ!

Curtis tears off his clothing with one tug to reveal a dazzling white satin tuxedo. The band members look in astonishment at the transformation and realize that they themselves are also wearing beautiful tuxedos and the entire set changes.
カーティスが自分の上着を脱ぎ捨てると、その下はサテンのタキシード姿。バンドメンバー、その変身にあっけにとられるが、気がつくと自分たちもタキシードを着ており、舞台装置も変わっている。


OMITTED: 285-B
SCENE 285-C
Location: THE STAGE
As the curtain goes up, the band launches into "Minnie the Moocher" and Curtis knocks the audience dead.Camera: CUT TO
カーテンが開き、バンドは「ミニー・ザ・ムーチャー」の演奏を始める。カーティス、観客を完全にノックアウトする。


CAB CALLOWAY - Minnie the moocher (The Blues Brothers 1980)





nagi1995.hatenablog.com
SCENE 286
Location: INT. PALACE HOTEL BALLROOM - REAR OF THE CROWD
Bob Tucker and The Good Ole Boys, all holding axe handles, watch the show grimly.
パレスホテルの観客席の後ろ側。ボブとタッカー、グッド・オール・ボーイズ、全員が凶器の斧の柄を握って、残忍な顔でショーを見ている。


BOB: (to Tucker) I don't see The Blues Brothers.
ボブ:(タッカーに) ブルースブラザーズ、いねえな。

TUCKER: We'll wait.
タッカー:待とう。

Camera: CUT TO
SCENE 287
Location: EXT. PALACE HOTEL PARKING LOT - NIGHT
Twenty police cars pull up with their lights flashing, but sirens silent.
パレスホテルの駐車場では20台のパトカーが停まって、赤灯を回している。ただし、サイレンは鳴らしていない。


SCENE 287-A thru 287-D
Location: VARIOUS POSITIONS AROUND THE BUILDING - NIGHT
Armed officers take up positions at the entrance and exits of the building.
会場建物の出入口には、武装した警察官が配置されている。


SCENE 287-E
Location: EXT. PALACE HOTEL PARKING LOT - ANGLE ON POLICE CAR - NIGHT
The two-young clean-cut officers and Burton Mercer (the parole officer) get out of their car.
パレスホテルの駐車場。あの小ざっぱりした二人の警官と、保護観察官のバートン・マーサーが車から降りてくる。


OFFICER #1: There is no way they're going to elude us this time.
警官1:今度はあいつらも逃げられないぞ。

MERCER: Just deliver Jake to me, and frankly I don't care in what condition I receive him.
マーサー:ただすみやかにジェイクを俺のところにつれてきてもらいたい。ぶっちゃけた話、生きてようが死んでようが俺は気にしない。

OFFICER #2: Good.
警官2:グッド。

Camera: CUT TO
SCENE 288
Location: EXT. EXPRESSWAY - NIGHT
The Bluesmobile zooms through the night.Camera: CUT TO
ブルースモービル、夜のハイウェイを走り抜けてゆく。


SCENE 289
Location: INT. PALACE HOTEL BALLROOM - NIGHT
Curtis finishes up "Minnie the moocher" to tremendous applause.Camera: CUT TO
会場ではカーティスが「ミニー・ザ・ムーチャー」を歌い終える。ものすごい拍手。

SCENE 290
Location: EXT. STREET NEAR PALACE HOTEL BALLROOM - NIGHT
Jake and Elwood see the cop cars from a half mile away. Elwood turns off the lights.
ジェイクとエルウッド、半マイル(800m)先からパトカーの姿に気づき、ヘッドライトを消す。


ELWOOD: Rollers!
エルウッド:ローラーだ!

JAKE: Yeah. Lots of 'em too.
ジェイク:ああ、うじゃうじゃいるな。

ELWOOD: I think we gotta disappear.
エルウッド:姿を消さなきゃまずいよな。

Elwood leaves the highway and drives the Bluesmobile off the road into the woods.Camera: CUT TO
エルウッド、ハイウェイを離れ、ブルースモービルで木立の中に入ってゆく。


SCENE 290-A
Location: EXT. VIADUCT - NIGHT
A two-lane bridge over a big, wide, metal drainage culvert. The bridge is lined with police vehicles with radios squawking. A dark shape suddenly looms in the culvert underneath the bridge.
大きくて広い、金属でできた排水用の暗渠の上に、二車線の橋が通っている。橋の上には無線で連絡をとりあう警察の車両が並んでいる。その下の暗渠の中から、黒い影がぬっとでてくる。


SCENE 290-B
Location: INT. CULVERT
The Bluesmobile rumbles in and parks right under the bridge. Jake and Elwood exit the car.
暗渠からブルースモービルが現れ、橋の真下に停車する。ジェイクとエルウッドが降りてくる。


JAKE: (whispering) My head hurts. That nitrates is a mean wine.
ジェイク:(ささやき声で) 頭が痛いぜ。硝酸塩入りのワインは、どうしようもねえな。

ELWOOD: You'd better get bright, pal. We got a show to do, then we got to figure out how to collect the gate money and get it into the Cook County Assessor's Office as soon as they open in the morning.
エルウッド:頭を冷ましといた方がいいぞ。相棒。おれたちにはこれからショーがある。そしてそれから、どうやって入場料を明日の朝一番にクック郡の管財人のオフィスまで届けるかを考えなくちゃならない。

JAKE: Let's go.
ジェイク:行こう。

They creep out of the culvert and up the side of the embankment.
2人は暗渠から這い出して、土手をよじのぼる。


SCENE 291
Location: EXT. PALACE HOTEL BALLROOM - PARKING LOT - NIGHT
Jake and Elwood move commando-like between the parked cars toward the ballroom. They crouch behind a police car.
パレスホテルの駐車場。ジェイクとエルウッド、コマンドーのように、停車中の車の間を縫って会場に向かう。一台のパトカーの陰でかがみこむ。


ELWOOD: Wait a second.
エルウッド:ちょっと待ってろ。

As Jake watches, Elwood opens his briefcase and takes out an aerosol can. He removes the valve on the back tire, inserts the can into the valve, and empties the contents of the can into the tire. He then moves around to the other side and does the same to the other rear tire.
ジェイクが見ていると、エルウッド、ブリーフケースの中からスプレー缶を取り出す。パトカーの後輪のバルブを開け、缶の中身をタイヤに注入する。反対側の後輪にも同じことをする。


JAKE: (whispers) What are you doing?
ジェイク:(ささやき声で) お前、何やってるんだ?

ELWOOD: This is isopropyl butane. It expands when heated.
エルウッド:こいつはイソプロピル・ブタンで、熱を受けると膨張するんだ。

JAKE: (impatiently) Will you come on!
ジェイク:(じれったそうに) 早く行くぞ!

Camera: CUT TO
SCENE 292
Location: INT. PALACE HOTEL BALLROOM - NIGHT
Curtis and the band are back in their regular clothing and the audience is yelling for more.Camera: CUT TO
会場。カーティスとバンドメンバーは普段の服に戻っており、観客はもっとやれと叫んでいる。


==============================

本当なら今回は「ミニー・ザ・ムーチャー」を取りあげるべき場面なのですが、以前に翻訳してしまっていますので、前回同様、アルバム「Briefcase Full of Blues」からのナンバーを翻訳します。


Blues Brothers - Groove Me

Groove Me

[Incomprehensible]
Roll me a great big spliff

(聞き取り不能)
あいやいやいや…
マリファナ入りの特大のタバコを巻いてくれえ!


Hey there sugar darlin',
let me tell you somethin'
Girl, I've been tryin' to say
You look so sweet and you're so,
so doggone fine
I just can't get you out of my mind

やあいとしのダーリン。
いいこと教えてあげようか。
ずっと前から言おうと思ってたんだ。
きみはきれいで
こんちくしょうってぐらいにステキだよ。
きみのことが頭から離れないんだ。


You become a sweet taste in my mouth now
And I want you to be my spouse
So that we can live happily now
In a great big old roomy house

きみは僕の口の中で
甘い味になる。
そんでもって僕はきみに
一生の伴侶になってほしい。
きっと幸せになれるよ。
大きくて広々した古い家に住むんだ。


And you know you got to
groove me baby, oh yeah
Well, make me feel good inside
Come on now, groove me baby
I need your groove, hey

だから、ねえ。
グルーヴさせておくれ。
内側からいい気持ちにさせておくれ。
おいでよ。グルーヴさせておくれ。
きみのグルーヴが必要なんだ。
へい。


Hey there sugar darlin',
let me tell you somethin'
Girl, I've been tryin' for days
Gimme some lovin'
and some 20-20 huggin'
Ooh, you cute little thang

やあいとしのダーリン。
いいこと教えてあげようか。
もう何日も言おうと思ってたんだ。
きみの愛がほしい。
完璧なハグがほしい。
ああ、かわいくてステキなキミ。


Well, girl, between you and me now
We don't need no company
No other man, no other girl now
Can enter into our world

ねえ、2人だけの秘密だよ。
他には誰も要らない。
他の男も他の女の子も
ぼくらの世界には誰も入れない。


Not as long as
you groove me, baby, oh yeah
Make me feel good inside
Come on and groove me, baby
I need your groove, hey

きみがぼくを
グルーヴさせ続けてくれる限り。
内側からいい気持ちにさせておくれ。
おいでよ。グルーヴさせておくれ。
きみのグルーヴが必要なんだ。
へい。


His Majesty Haile Selassie
Groove me, baby
I need [Incomprehensible] groove, hey
Welcome to Rastaman Vibrations,
oh yeah man
Groove me baby, hey, ha

ハイレ・セラシエ皇帝閣下!
グルーヴさせてください、baby!
グルーヴが…(聞き取り不能)…必要なんだ。
ラスタマン・バイブレーション大歓迎!
グルーヴさせておくれ。


Hey man, you know Kingston me come from, man
You come from Kingston, man?
Yes man, I spent two years in Babylon, man
What did they put you in Babylon for, man?
For possession of a gun, man
Aah

「お兄さん、わたし、キングストンから来ました」「キングストンから来たのかい?」
「はいお兄さん。バビロン刑務所で2年過ごしました」
「何でまたバビロン行きになったんだい?」
「銃を持ってたからです」あああ


I tried, but when I come to this country, man
I bring a little suprise for everybody
What do you bring back with you, man?
75 pounds of lamb's bread from Jamaica

「それでずいぶんがんばったんですけどね。この国に来る時にねお兄さん。みんなにちょっとしたお土産を持ってきましたよ」
「何を持って帰って来たんだい?」
「ジャマイカ産の75ポンド(34kg)のラムズブレッドですよ!」


King Floyd - Groove Me (1971)

=翻訳をめぐって=

  • ブルースブラザーズによるこの歌の歌い方は、happilyをハッポリーと発音してみたり、somethingをサムチングと発音してみたり、えらく訛っている。曲の前後のセリフ部分から察するに、「ジャマイカの英語」を真似しているらしい。もっともこの曲のオリジナルを作ってヒットさせたキング・フロイドはニューオリンズ生まれのソウルシンガーであり、この曲のどこにジャマイカと結びつく要素があるのか、私には皆目わからない。
  • それにつけても、私も昔はタモリの中国語のモノマネだとかアフリカ音楽のモノマネだとかを聞いて笑っていたものだったけど、そんな風に外国の人のことをモノマネの対象にすることが「笑いの取れる芸」として成立し続けているような時代は、いつになったら終わらせることができるのだろう。ちなみにブルースブラザーズが生み出されたアメリカのテレビ番組「サタデーナイト・ライブ」では、日本人のモノマネもベルーシの「当たり役」だったとのことである。動画を見るとほとんど「ヤー!」しか言ってないのだけど、1ヶ所だけほぼ完璧な発音で「見せてみろ!」と言っている。三船敏郎の映画に、多分そういう台詞があったんだろうな。


JOHN BELUSHI - " The Best Of Samurai Futaba" - (No Music)

  • doggone fine…doggone は goddamnをやや「上品」にした言い方なのだとのこと。
  • 20/20というのはアメリカの視力検査で「パーフェクト」という意味なのだとのこと。そこから転じてほかの場面でも「完璧」の意味で使われるらしい。(もっとも、20/20は日本の数値に直すと1.0らしい)
  • キングストンはジャマイカの首都。「バビロン」はジャマイカに実在する刑務所の名前だとのこと。
  • ではまたいずれ!