華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Sunday Morning もしくは日曜日の朝 (1967. The Velvet Underground and Nico)

Sunday Morning

英語原詞はこちら


Sunday morning,
praise the dawning
It's just a restless feeling by my side

日曜日の朝。
夜明けをたたえなければ。
というのは私につきまとっている
ただの落ち着かない感情。


Early dawning,
Sunday morning
It's just the wasted years so close behind

夜明けまだき。
日曜日の朝。
それは背中にくっついたままの
むだにすごしたとしつき。


Watch out, the world's behind you
There's always someone around you who will call It's nothing at all

気をつけてください。
背後には世界がある。
そこにはいつも
あなたを呼ぼうとする
誰かが周りにいる。
でもそんなことは
大した問題じゃないんです。


Sunday morning
and I'm falling
I've got a feeling I don't want to know

日曜日の朝
わたしはおちてゆく。
知りたくない
わかりたくない
そんな気がしてる。


Early dawning,
Sunday morning
It's all the streets you crossed, not so long ago

夜明けまだき。
日曜日の朝。
それはあなたが
そんなに昔じゃない頃に
横切ったいくつもの通り。


Watch out, the world's behind you
There's always someone around you who will call It's nothing at all

気をつけてください。
背後には世界がある。
そこにはいつも
あなたを呼ぼうとする
誰かが周りにいる。
でもそんなことは
大した問題じゃないんです。


Watch out, the world's behind you
There's always someone around you who will call It's nothing at all

気をつけてください。
背後には世界がある。
そこにはいつも
あなたを呼ぼうとする
誰かが周りにいる。
でもそんなことは
大した問題じゃないんです。


Sunday morning
Sunday morning
Sunday morning

日曜日の朝
日曜日の朝
日曜日の朝


Sunday Morning