華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

In Germany Before The War もしくはある種の余韻 (1977. Randy Newman)


In Germany Before The War

In Germany Before The War

英語原詞はこちら


In Germany Before The War
There was a man who owned a store
In nineteen hundred thirty-four
In Dusseldorf
And every night at fine-o-nine
He'd cross the park down to the Rhine
And he'd sit there by the shore


戦争前のドイツに
一軒の店を持っている男がいた。
デュッセルドルフの街。
1934年のこと。
そして晴れた午後9時には毎晩
彼は公園を横切って
ライン川のほとりに立ち
岸辺に座り込むのだった。


I'm looking at the river
But I'm thinking of the sea
Thinking of the sea
Thinking of the sea
I'm looking at the river
But I'm thinking of the sea


「わたしは川を見ている
 でも考えているのは海のこと
 海のことを考えている
 海のことを考えている
 わたしは川を見ている
 でもわたしは
 海のことを考えている」


A little girl has lost her way
With hair of gold and eyes of gray
Reflected in his glasses
As he watches her
A little girl has lost her way
With hair of gold and eyes of gray


金色の髪と灰色の瞳の
道に迷った少女の姿が
彼の眼鏡に反射した。
金色の髪と灰色の瞳の
道に迷った少女の姿を
彼が見たとき。


I'm looking at the river
But I'm thinking of the sea
Thinking of the sea
Thinking of the sea


「わたしは川を見ている
 でも考えているのは海のこと
 海のことを考えている
 海のことを考えている」


We lie beneath the autumn sky
My little golden girl and I
And she lies very still


「わたしたちは秋空の下に
 寝そべっている
 わたしの小さな黄金の少女と
 そしてわたし
 そして彼女はとても静かに
 横たわっている」

=翻訳をめぐって=

The subject of this Randy Newman composition is no little criminal. "In Germany Before The War" was inspired by the off-beat 1931 Fritz Lang film M, which featured Peter Lorre as serial child killer Hans Beckert. Newman set his version in 1934; according to a review in the London Observer of September 2003, the song is a metaphor for a nation about to enter a period of transgression and horror - by this time Adolf Hitler had been Chancellor for over a year, and the economic persecution of German Jewry was already well underway. This explanation is possible, especially as Newman is himself a Jew. That being said, there was a real child killer on the loose in the city at that time. Peter Kürten was executed in July 1931 after confessing to nine murders. He was known as the Düsseldorf Ripper, the Vampire of Düsseldorf or the Monster of Düsseldorf. Lang always denied basing the film character on Kürten, but the facts speak for themselves. Although Newman's song does not actually describe or mention a murder, it is difficult to put any other interpretation on the final line where the golden girl who has lost her way lies "very still." This is Newman at his somber, brooding best, notwithstanding the terrible subject.
ランディ·ニューマンのこの作品の主題は(「Little Criminal」というアルバムの冒頭に入っているものの)決して「小さな犯罪者」の話ではない。"In Germany Before The War"は、ピーター·ローレが連続児童殺害者のハンス·ベッケルトを演じた、フリッツ·ラング監督による1931年の奇妙な映画「M」にインスパイアされた作品である。ニューマンはその舞台を1934年のドイツにした。2003年9月の「ロンドン·オブザーバー」紙のレビューによると、この歌は背徳と恐怖の時代に突入しつつあるひとつの国家のメタファーなのであるという。ー1934年当時はアドルフ·ヒトラーが首相になってから1年が経過し、ドイツ系ユダヤ人への経済的迫害が進行中だったー。ニューマン自身がユダヤ人であることからも、これはありうる解釈だ。当時のデュッセルドルフでは、本物の児童殺害者が実際に野放しになっていた。その男、ペーター·キュルテンは、1931年7月、9件の殺人について自白した上で、処刑されている。「デュッセルドルフの切り裂き魔」「吸血鬼」「怪物」として知られた人物である。ラング監督は、「M」はキュルテンを下敷きにした映画ではないと常々語っていたが、事実はおのずとあらわになっている。ニューマンの歌は、直接に殺人に言及したり殺人を描写したりはしていないものの、最後の一行、迷子になった黄金の少女が「とても静かに」横たわっていたという部分を、ほかの文脈で解釈することは難しい。この歌はニューマン的な沈鬱さの典型であり、恐ろしい主題を扱っているにも関わらず、ひとつの最高傑作である。

(海外サイト「songfacts」による解説

=============================
はじめての方へ(総目次)
曲名索引(ABC順)
邦題索引(あいうえお順)
アーティスト名索引(ABC順)
アーティスト名索引(あいうえお順)