華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Beast Of Burden もしくはThe Weight -Reprise- (1978. The Rolling Stones)


Beast Of Burden

Beast Of Burden

英語原詞はこちら


I'll never be your beast of burden
My back is broad but it's a hurting
All I want is for you to make love to me

おれは家畜じゃないんだよ。
きみの荷物は持てないよ。
おれの背中は広いけど
今じゃヒリヒリ痛むんだ。
おれはただただひたすらきみと
愛し合わせてほしいだけ。


I'll never be your beast of burden
I've walked for miles my feet are hurting
All I want is for you to make love to me

きみの家畜になる気はないよ。
重たい荷物は持てないよ。
歩いて歩いて何マイル
足もズキズキ痛むんだ。
おれはただただひたすらきみと
愛し合わせてほしいだけ。


Am I hard enough
Am I rough enough
Am I rich enough
I'm not too blind to see

おれって充分ハードかな。
ラフさは足りているかしら。
行けてるぐらいリッチかな。
別にほんとにわからないとか
そういうわけでもないけどね。


I'll never be your beast of burden
So let's go home and draw the curtains
Music on the radio
Come on baby make sweet love to me

きみの家畜にゃならないよ。
きみの荷物はしょわないよ。
家に帰ってカーテン閉めて
ラジオの曲で愛し合おう。


Am I hard enough
Am I rough enough
Am I rich enough
I'm not too blind to see

おれって充分ハードかな。
ラフさは足りているかしら。
行けてるぐらいリッチかな。
別にほんとにわからないとか
そういうわけでもないけどね。


Oh little sister
Pretty, pretty, pretty, pretty, girl
You're a pretty, pretty, pretty, pretty, pretty, pretty girl
Pretty, pretty
Such a pretty, pretty, pretty girl
Come on baby please, please, please

きみは
可愛い可愛い可愛い可愛い女の子。
可愛い可愛いとっても可愛い女の子。
かわいいかわいい
かわいいかわいい
とっても可愛い可愛い可愛い女の子。
こっちにおいで。
お願いお願いです。


I'll tell ya
You can put me out
On the street
Put me out
With no shoes on my feet
But, put me out, put me out
Put me out of misery

あえて言うなら
追い出されてもかまわない。
家畜みたいに道ばたに。
追い出されても仕方ない。
靴もはかせてもらえずに。
でも追い出してほしいのは
きみに追い出してほしいのは
おれの心の悲しみさ。
今すぐ消してくれないか。


Yeah, all your sickness
I can suck it up
Throw it all at me
I can shrug it off
There's one thing baby
That I don't understand
You keep on telling me
I ain't your kind of man

きみの憂鬱なんかはおれが
ぺろぺろなめて消してやる。
押しつけてくれていいんだよ。
おれにはどうってこともない。
でもひとつだけわからない。
どうしてきみは朝から晩まで
おれに繰り返し言うのかな。
こんなに強くてやさしいおれが
きみのタイプじゃないなんて。


Ain't I rough enough, ooh baby
Ain't I tough enough
Ain't I rich enough, in love enough
Ooh! Ooh! Please

おれってハードじゃないかしら。
そんなにラフでもないかしら。
愛し合うのに充分なくらい
リッチじゃないかもしれないけれど
どうか
何とか
お願いいたします。


I'll never be your beast of burden
I'll never be your beast of burden
Never, never, never, never, never, never, never be

きみの家畜にゃならないよ。
重たい荷物はごめんだよ。
絶対絶対絶対絶対
絶対絶対絶対絶対
絶対絶対ならないよ。


I'll never be your beast of burden
I've walked for miles and my feet are hurting
All I want is you to make love to me

きみの家畜になる気はないよ。
重たい荷物は持てないよ。
歩いて歩いて何マイル
足もズキズキ痛むんだ。
おれはただただひたすらきみと
愛し合わせてほしいだけ。


I don't need no beast of burden
I need no fussing
I need no nursing
Never, never, never, never, never, never, never be

家畜なんかはごめんだよ。
騒がれるのはキライだよ。
あやされるのも苦手だよ。
絶対絶対絶対絶対
絶対絶対絶対絶対
絶対絶対ならないよ。

歌詞中に出てくる「Blind」という言葉は、「視覚障害者」に対する差別語です。ここでは原文をそのまま転載しました。



はじめての方へ(総目次)
曲名索引(ABC順)
邦題索引(あいうえお順)
アーティスト名索引(ABC順)
アーティスト名索引(あいうえお順)
Beast of Burden

Beast of Burden

  • ザ・ローリング・ストーンズ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes