華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Both Sides, Now もしくは青春の光と影 (1967. Judy Collins)



「GME'94 "AONIYOSHI"」特集がすっかり放ったらかしになってしまっているのだけれど、ジョニ·ミッチェルさんの曲を4曲も続けて翻訳してきたので、せっかくだからあの人が作った歌の中でも一番有名だと思われる歌のことを、しめくくりに取りあげておくことにしたい。ジュディ·コリンズのカバーによって世に知られている「青春の光と影」という曲で、この曲のオリジナルがジョニさんだったのだということを、実は私は今に至るまでずっと知らなかった。

この曲のメロディはとてもよく耳にするのだけれど、すごく非凡なメロディだと私は昔から思っていて、とりわけ歌詞の2行目の部分がこんな風に「上がってゆく」感じの歌というのは他にひとつも知らない。とはいえ歌詞の内容については、今回翻訳してみるまで、どんな歌なのか考えたこともなかった。

オリジナルのタイトルが「Both Sides, Now」というえらく奇妙な文字列だったことも、今回初めて知った。直訳は「両側だ、今は」。どういうことだと思ったら、下記のようなことだったわけである。それで訳し終えてみて思ったのだけど、この歌をめぐっては下手な注釈や解説は何もいらないな。試訳だけ読んでもらえたらそれでいいと思う。いろんな言葉を付け加える必要がないということは、それだけ「よくできた歌」だということなのだ。後はみなさんでしっぽりとお楽しみください。ではまたいずれ。


Both Sides Now Judy Collins

Both Sides Now

英語原詞はこちら


Rows and floes of angel hair
And ice cream castles in the air
And feather canyons everywhere
I've looked at clouds that way

編み込まれたり
梳きながされたりしている
天使の髪の毛。
空の真ん中に浮かんだ
アイスクリームのお城。
いたるところに広がる
鳥の羽根毛で形づくられた峡谷。
雲というのはそういうものだと
私は思っていた。


But now they only block the sun
They rain and snow on everyone
So many things I would have done
But clouds got in my way

でも今では雲なんて
お日さまをさえぎるものでしかない。
みんなの上に雨は降らすし雪は降らすし
私にはやらなくちゃいけないことが
いっぱいあったのに
雲は私のじゃまばかりしてきた。


I've looked at clouds from both sides now
From up and down, and still somehow
It's cloud illusions I recall
I really don't know clouds at all

私は雲というものを
両方の側から見たことになる。
上からと下からと。
他にも見方があるかもしれない。
ふりかえってみるとそれは
雲の幻想にすぎなかったのだと思う。
私は本当は雲というもののことを
何も知らないのだ。


Moons and Junes and Ferris wheels
The dizzy dancing way you feel
As every fairy tale comes real
I've looked at love that way

いくつもの月の夜
ジューンブライドの季節
それに観覧車
あらゆるおとぎばなしが本当になり
くらくらしながら踊るような気持ち。
愛というのはそういうものだと
私は思っていた。


But now it's just another show
You leave 'em laughing when you go
And if you care, don't let them know
Don't give yourself away

けれど今では愛なんて
ありふれたショーと同んなじだ。
そんなところからは
笑いながら立ち去ってしまえばいい。
もしも気になるならその気持ちは
誰にも気づかれちゃいけない。
本当の自分というものは
誰にも見せない方がいい。


I've looked at love from both sides now
From give and take, and still somehow
It's love's illusions I recall
I really don't know love at all

私は愛というものを
両方の側から見たことになる。
与える側と受け取る側と。
他にも見方があるかもしれない。
ふりかえってみるとそれは
愛の幻想にすぎなかったのだと思う。
私は本当は愛というもののことを
何も知らないのだ。


Tears and fears and feeling proud
To say "I love you" right out loud
Dreams and schemes and circus crowds
I've looked at life that way

涙やそれにおそれの気持ち。
「愛してる」って
大きな声でまっすぐ言う時の
誇りに満ちた気持ち。
夢や計画やサーカスのような人混み。
人生というのはそういうものだと
私は思っていた。


But now old friends are acting strange
They shake their heads, they say I've changed
Well something's lost, but something's gained
In living every day

でも今では古い友だちはみんな
変なことばかりやっている。
みんな首を横に振って
「私は変わってしまった」とか言っている。
何かを失ったけど
何かを手に入れたということなんだろう。
毎日を生きる中で。


I've looked at life from both sides now
From win and lose and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all

私は人生というものを
両方の側から見たことになる。
勝者の側からと敗者の側からと。
他にも見方があるかもしれない。
ふりかえってみるとそれは
人生の幻想にすぎなかったのだと思う。
私は本当は人生というもののことを
何も知らないのだ。


I've looked at life from both sides now
From win and lose and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all

私は人生というものを
両方の側から見たことになる。
勝者の側からと敗者の側からと。
他にも見方があるかもしれない。
ふりかえってみるとそれは
人生の幻想にすぎなかったのだと思う。
私は本当は人生というもののことを
何も知らないのだ。


Both Sides Now Joni Mitchell


=楽曲データ=
Released: 1967.10.
Key: F

Both Sides Now

Both Sides Now

Both Sides of Now

Both Sides of Now