華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

但願人長久もしくは水調歌頭 (1076. 蘇軾)


王菲 但願人長久

但願人長久

中国語原詞はこちら


みんゆぇ ちーシィ よう
明月幾時有,
ぱーちょう うぇん チんティエン
把酒問青天。
ぷーちぃ ティえんシャん こんちゅえ
不知天上宮闕,
ちんしぃ へぁにぇん
今夕是何年。

月というのは
いつの時代からあるものなのか。
盃をかかげて
大空に問うてみた。
月世界の宮殿では
このゆうべは
いつの時代にあたるのだろう。


うぉ ゆぃ チェん フォん くぃ チュい
我欲乗風帰去,
よう コん チォんろう ゆぃゆぃ
又恐瓊樓玉宇,
かおチュー ぷーショん はン
高処不勝寒。
チーうー のん チんいん
起舞弄清影,
へぁ すー つぁい れんちぇん
何似在人間。

私も風に乗って
月に帰ってしまいたいが
宝玉のような楼閣の立ち並ぶ
いと高き世界は
きっと寒すぎて耐えられないだろう。
ふわりと舞えば
影も一緒に踊り出す。
月の宮殿といえども
人間世界のすばらしさにはかなうまい。


ちょあん ちゅー けぁ
転朱閣,
てぃ チー ほう
低綺戸,
ちゃお うー みぇン
照無眠。
ぷー いん よう ヘン
不応有恨,
へぁシィ チャんシァん びぇ シィ ゆぁン
何事長向別時円?

朱塗りの楼閣をめぐる月光が
飾り窓から差し込んできて
眠れない私を照らしている。
恨みごとがあるわけでもないだろうに
別れの時に限ってお前はなぜいつも
まん丸な形をしているのか。


れン よう べいほぁン リィへぁ
人有悲歓離合,
ゆぇ よう いんチん ゆぇン チュえ
月有陰晴円欠,
ツー シィ くーなン チュあン
此事古難全。
たン ゆぇン れン チャんちょう
但願人長久,
チェンりー こん チャンちょあン
千里共嬋娟。

人には悲しみとよろこびが
出会いと別れがあり
月には消えてしまう時と全身を見せる時
そして満ち欠けがある。
そういうことは昔から
思い通りに進むことではない。
ただ願わくは
大切なひとびとが
元気で長生きできますように。
われわれは
とても離れたところにいるけれど
この月のゆうべを
一緒に過ごそうではないか。



=中国語歌詞の「ふりがな」のめやす=

  • ひらがな表記とカタカナ表記について: 中国語や朝鮮語には、日本語の濁音と非濁音に相当する音の区別がありません。しかしその一方で、日本語にはない「有気音」と「無気音」の区別が存在します。同じ「か」という音でも、痰を吐くように「カハァ」(中国語ではka/ 朝鮮語では카) と発音するか、口の前にティッシュをぶら下げてもその紙が揺れないぐらいにやさしく「か」(中国語ではga/ 朝鮮語では가) と発音するかの違いが、大陸の人たちには「か」と「が」が違うのと同じくらい、「違う音」に聞こえるのです。その違いを表現するために、当ブログでは有気音にカタカナ、無気音にひらがなのルビを当てています。だからカタカナでルビが振られている箇所は、口から唾が飛び出すぐらい思いきり「空気を出して」歌って下さい。
  • 「ん」の表記について: 「ん」の音には3種類あります。唇を閉じて発音される「m」の音、舌先を上の歯茎につけて発音される「n」の音、口を開けて発音される「ng」の音です。当ブログでは「ng」を「ん」、「n」を「ン」と表記し、「m」は思い切って「む」で表記しました。この例に従うと日本語の「3万円になります」は、「さむまんえンになります」という表記になります。
  • 太字について: 太字の部分は、中国語に独特の「そり舌音」と呼ばれる発音になっています。日本の文字で表記すると同じ「チャ」や「シャ」の音でも、舌を口の天井に当てて発音するのです。具体的には、下で口の天井を後ろ向きになぞってゆくと、途中で「カド」にぶつかると思います。そこに舌を当てて発音して下さい。
  • 後は、適当です。

本格的に勉強したい人には、漢字を入力すれば拼音と呼ばれるローマ字のルビを自動的に表示してくれるサイトがたくさんありますので、探してみて下さい。


鄧麗君 但願人長久

=翻訳をめぐって=

原詩は蘇東坡の名で知られる中国宋代の詩人、蘇軾が作った「水調歌頭」(ただしこの「水調歌頭」というのは「メヌエット」や「ブルース」や「どどいつ」と同じく「歌の形式」のことであり、詩のタイトルというわけではない)。これに現代風の曲をつけたものを、1983年にテレサ·テンが台湾で歌って大ヒットし、中国語圏の人なら誰でも歌えるようなスタンダードナンバーとなった。下の動画がそのテレサ·テン(鄧麗君)のバージョンで、上の動画はそれを90年代にフェイ·ウォン(王菲)がカバーしたもの。それにつけても、曲のアレンジを今っぽくするだけで千年前の詩がそのまま歌謡曲に早変わりするというのは、さすがに中国語世界の奥の深さというものだと思う。

あくまでも「(日本語化された)漢詩」として味わいたい人のために、一応、書き下し文も貼りつけておきたい。

明月幾時有,
めいげつ いずれのときよりか ある
把酒問青天。
さけをとりて せいてんに とう
不知天上宮闕,
しらず てんじょうの きゅうけつは
今夕是何年。
こんせき これ いずれのときなるかを

我欲乗風帰去,
われ かぜにのりて ききょせんと ほっすれど
又恐瓊樓玉宇,
またおそる けいろう ぎょくうの
高処不勝寒。
たかきところ さむさに たえざらんを
起舞弄清影,
きぶすれば せいえい したがい
何似在人間。
なんぞ にん じんかんに あると

転朱閣,
しゅかくを てんじ
低綺戸,
きこに ひくくして
照無眠。
むみんを てらす
不応有恨,
まさに うらみ あらざれども
何事長向別時円
なにごとぞ つねに わかるるときにおいて まどかなるは

人有悲歓離合,
ひとに ひかん りごうあり
月有陰晴円欠,
つきに いんせい えんけつあり
此事古難全。
このこと いにしえより まったきこと かたし
但願人長久,
ただ ねがわくは ひと ちょうきゅうにして
千里共嬋娟。
せんり せんけんを ともにせんことを


note.mu
nagi1995.hatenadiary.com