華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Rosie もしくは ろーじひひー (1973. Tom Waits)


Rosie

Rosie

英語原詞はこちら


Well, I'm sitting on a windowsill, blowing my horn
Nobody's up except the moon and me
And a lazy old tomcat on a midnight spree
And all that you left me was a melody

窓枠に腰かけて
サキソフォンを鳴らしてる。
上には誰もいないよ。
おれとお月さんだけだ。
ぐうたらで小ずるいオスネコは
真夜中の大騒ぎの真っ最中。
おまえが残して行ってくれたのは
このメロディだけだった。


Rosie, why do you evade me?
Rosie, how can I persuade thee?
Rosie

ロージー
どうしておれのことを避けるかな。
ロージー
いかにしてそなたを口説き落とさんや。
ろおじぃ...


And the moon's all up, full and big
Apricot tips in an indigo sky
And I've been loving you, Rosa, since the day I was born
And I'll love you, Rosie, 'til the day I die

月はのぼりきったよ。
でっかい満月だ。
インディゴ(藍色)の空に
アプリコット(杏)の枝の先。
ずっと好きだったんだぜ。
ローザ。
おれが生まれた時からさ。
そしてロージー
死ぬまで愛してるよ。


Rosie, why do you evade me?
Rosie, how can I persuade thee?
Rosie

ロージー
どうしておれのことを避けるかな。
ロージー
いかにしてそなたを口説き落とさんや。
ろおじぃ...


Rosie, why do you evade me?
Rosie, how can I persuade thee?
Rosie

ロージー
どうしておれのことを避けるかな。
ロージー
いかにしてそなたを口説き落とさんや。
ろおじぃ...


And I'm sitting on a windowsill, blowing my horn
Nobody's up except the moon and me
And a lazy old tomcat on a midnight spree
All that you left me was a melody

窓枠に腰かけて
サキソフォンを鳴らしてる。
上には誰もいないよ。
おれとお月さんだけだ。
ぐうたらで小ずるいオスネコが
真夜中のさかり声をあげている。
おまえが残して行ってくれたのは
このメロディだけだった。


Rosie, why do you evade me?
Rosie, how can I persuade thee?
Rosie

ロージー
どうしておれのことを避けるかな。
ロージー
いかにしてそなたを口説き落とさんや。
ろおじぃ...

=翻訳をめぐって=

  • blowing my horn...「horn」は金管楽器一般のことを指す名詞なので、別の楽器のこともありうるが、絵的に何となくサキソフォンだと思った。
  • all that you left me was a melody...「a melody」は「とあるメロディ」なので「このメロディ」と訳すのは正確ではないが、主人公が吹き鳴らしているのはどう考えても「そのメロディ」だと思う。
  • Rosie, how can I persuade thee?...「thee」は日本語の「なんじ」や「そなた」に相当する古語。わざわざそういう言葉を使っている以上は、そういう日本語に直す必要があると思った。
  • I've been loving you, Rosa...主人公が語りかけている女性は、おそらく本名が「ローザ」で愛称が「ロージー」なのだと思う。
  • 最後の「Rosie」だけ、トム·ウェイツはヨーデルみたいな歌い方で呼びかけている。その印象がこの歌ではとても強いので、最初はよっぽど「ろーじひひー」という訳詞にしようかと思ったのだが、「ろぉじぃ」でガマンした。でも結局、サブタイトルで使った。


=楽曲データ=
Released: 1973.3.6.
Key: E♭

クロージング・タイム<2018リマスター>(紙ジャケット仕様)

クロージング・タイム<2018リマスター>(紙ジャケット仕様)