華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Green Green Grass Of Home もしくは 私は死刑制度に反対します (1965. Tom Jones)


Green Green Grass Of Home

Green Green Grass Of Home

英語原詞はこちら


The old home town looks the same
As I step down from the train
And there to meet me is my Mama and Papa
Down the road I look and there runs Mary
Hair of gold and lips like cherries
It's good to touch the green, green grass of home

列車を降りて
見渡すなつかしい街は
何も変わっていないみたいだ。
ぼくのことを迎えに来てくれた母さんと
父さんの姿が見える。
道の向こうから走ってくるのは
メアリーだ。
黄金の髪の毛に
さくらんぼみたいな唇。
青く青く伸びた
ふるさとの草の手触り。
ほんとうに
いいもんだな。


Yes, they'll all come to meet me, arms reaching, smiling sweetly
It's good to touch the green, green grass of home

そうさ。
みんながぼくのことを
迎えに来てくれるんだ。
両手をいっぱいに広げて。
とろけそうな顔で微笑んで。
青く青く伸びた
ふるさとの草の手触りを確かめるんだ。
どんなにか
素敵だろうな。


The old house is still standing tho' the paint is cracked and dry
And there's that old oak tree that I used to play on
Down the lane I walk with my sweet Mary
Hair of gold and lips like cherries
It's good to touch the green, green grass of home

なつかしい家は
ところどころペンキがはげて
ひび割れているけれど
またしっかりと立っている。
あそこに見えるのは
いつも登って遊んだオークの木だ。
大好きなメアリーと
並んで道を歩く。
黄金の髪の毛に
さくらんぼみたいな唇。
青く青く伸びた
ふるさとの草の手触り。
ほんとうに
いいもんだな。


Then I awake and look around me
At four grey walls that surround me
And I realize, yes, I was only dreaming
For there's a guard and there's a sad old padre
Arm in arm, we'll walk at daybreak
Again I touch the green, green grass of home

そしてぼくは目を覚ます。
見渡せば目に入るのは
四方を囲む灰色の壁。
そしてぼくは気づく。
そうなんだ。
ぼくはただ
夢を見ていたんだ。
刑務官と
悲しげな顔をした牧師のじいさんが
そこに立っている。
両腕をつかまれて
夜明けの中に
これから歩き出す。
青く青く伸びたふるさとの草に
もういちど
触れるときが来たんだな。


Yes, they'll all come to see me
In the shade of that old oak tree
As they lay me 'neath the green, green grass of home

そうさ。
みんながぼくのことを
見送りに来てくれるだろう。
あのなつかしいオークの木陰で
青く青く伸びた
ふるさとの草の下に
ぼくの身体が横たえられるとき。



=楽曲データ=
Written by Claude "Curly" Putman, Jr. and first recorded by singer Johnny Darrell.
Released: 1965.11.
Key: A♭