華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Redwood Tree もしくは杉の木の宇宙 (1972. Van Morrison)

子犬を連れて
虹探しに行こう
日めくる毎に少年は
何かをほどいた
川べりを抜けて
荒れ野を駆け巡り
襲いかかる夕闇に
全てをあずけた

おお杉の木よ
傘下に入れとくれ
小さな瞳 木陰から
宇宙を感じてた
吹きつける風と
雷の予感
叩きつける雨から
守っておくれ杉の木よ

林道の脇で
子犬とはぐれたまま
秒刻みに少年は
何かをほどいた
ふりかかる孤独
闇の継ぎ目を走る
襲いかかる草の音に
不安をあずけた

おお杉の木よ
傘下にいれとくれ
小さな瞳 木陰から
宇宙を感じてた
吹きつける風と
雷の予感
叩きつける雨から
守っておくれ杉の木よ


日本語詞:中川敬 (1993年)


Redwood Tree

Redwood Tree

英語原詞はこちら


Boy and his dog
Went out looking for the rainbow
You know what did they learn
Since that very day

少年とその犬
虹を探しに行った
まさにその日からふたりが
学んだものが何だったか
きみにはわかるかい


Walking by the river
And running like a blue streak
Through the fields of streams and meadows
Laughing all the way

川沿いを歩き
青い稲妻のように走る
野を越え流れを越え緑の中を駆け抜け
最後までずっと笑いながら


Oh redwood tree
Please let us under
When we were young we used to go
Under the redwood tree

ああセコイアの木よ
ぼくらをその下にいさせてください
若かった頃はみんなでよくあの
セコイアの木の下に行ったものだった


And it smells like rain
Maybe even thunder
Won't you keep us from all harm
Wonderful redwood tree

雨が降ってきそうな匂いがする
かみなりだって鳴りはじめそうだ
ぼくらを傷つけようとする
すべてのことから守りたまえ
美しいセコイアの木よ


And a boy and his father
Went out, went out looking for the lost dog
You know what oh haven't they learned
Since they did that together

そして少年とその父親
いなくなった犬を
いなくなった犬を探しに行った
まさにその日からふたりが
ああ学びそこなってしまったものが
何だったかきみにはわかるかい


They did not bring him back
He already had departed
But look at everything they have learned
Since that, since that very day

ふたりは
犬を連れて帰ることができなかった
あいつはもう
旅立ってしまったんだ
でもあの日からまさにあの日から
一人と一匹が学んできたことのすべてを
もう一度ふりかえってみなよ


Oh redwood tree
Please let us under
When we were young we used to go
Under the redwood tree

ああセコイアの木よ
ぼくらをその下にいさせてください
若かった頃はみんなでよくあの
セコイアの木の下に行ったものだった


And it smells like rain
Maybe even thunder
Won't you keep us from all harm
Wonderful redwood tree
And it smells like rain
Maybe even thunder
Won't you keep us from all harm
Wonderful redwood tree

雨が降ってきそうな匂いがする
かみなりだって鳴りはじめそうだ
ぼくらを傷つけようとする
すべてのことから守りたまえ
美しいセコイアの木よ


Ta da da da...

=翻訳をめぐって=

以下はWikipedia英語版による解説。

1971年の4月、前作のアルバム「テュペロ·ハニー」の録音に先立って、ヴァン·モリソンと彼の家族は(ニューヨーク州ウッドストックから)カリフォルニア州マリン郡に移住した。かれらの新居はサンフランシスコ郊外の田舎の丘の上にあり、そばにはレッドウッド(セコイア=アメリカ杉)の林があった。伝記作家ジョニー·ローガンの確信しているところによれば、「Redwood Tree」はそのマリン郡の美しさに手向けられた曲である。

この歌は彼の「And It Stoned Me」や「Country Fair」、「Take Me Back」といった楽曲と同じく、ノスタルジアと成長にともなう思い出とを喚起する楽曲である。「Redwood Tree」が他の曲と違っているのは、モリソンが育った北アイルランドのベルファストとは違った場所を舞台にしている点だ。ブライアン·ヒントンは以下のように語っている。

「Redwood Tree」は「和解の歌」であり、ヴァンが子ども時代を過ごしたベルファストと、実際にセコイアの林が育っているカリフォルニアとを、結び合わせる作品であるように思われる。「Keep us from all harm (我々をあらゆる危害より守りたまえ)」という、太古の樹木の魂への祈りの言葉が、そこには添えられている。

Redwood=セコイア(Wikipedia)


=楽曲データ=
Released: 1972.7.
Key: D

SOUL FLOWER BOX

SOUL FLOWER BOX

  • アーティスト: メスカリン・ドライニューエスト・モデル,ニューエスト・モデル,メスカリン・ドライヴ
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 1994/12/10
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
Saint Dominic's Preview

Saint Dominic's Preview