華氏65度の冬

うたを翻訳するということ

Sailing もしくは海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手を広げていたり (1979. Christopher Cross)


Sailing

Sailing

英語原詞はこちら


Well, it's not far down to paradise,
at least it's not for me
And if the wind is right you can sail away and find tranquility
Oh, the canvas can do miracles,
just you wait and see.
Believe me.

ここから楽園までは遠くない。
少なくともぼくにとっては遠くない。
そして風さえ正しければ
きみは舟出して
やすらぎに出会うことができる。
ああそのキャンバスには
奇跡を起こす力があるんだ。
ただ待って
見ているといい。
ぼくのことを信じてごらん。


It's not far to never-never land,
no reason to pretend
And if the wind is right you can find the joy of innocence again
Oh, the canvas can do miracles, just you wait and see.
Believe me.

ネバーネバーランドだって遠くない。
何も取り繕ったりしなくていい。
そして風さえ正しければ
きみは舟出して
無垢な心のよろこびと
もういちど出会うことができる。
ああそのキャンバスには
奇跡を起こす力があるんだ。
ただ待って
見ているといい。
ぼくのことを信じてごらん。


Sailing takes me away to where I've always heard it could be
Just a dream and the wind to carry me
And soon I will be free

セイリングはぼくのことを
そこへ行けばきっとその通りになると
いつも聞かされていた場所へ
いざなってくれる。
たったひとつの夢と
ぼくのことを運ぶ風
それだけでぼくはすぐに
自由な存在になれる。


Fantasy, it gets the best of me
When I'm sailing
All caught up in the reverie, every word is a symphony
Won't you believe me?

ファンタジーそれはぼくのことを
手もなく打ち負かしてしまう。
舟の上にいるとね
すべてが夢の世界に巻き込まれて
あらゆる言葉が
ひとつのシンフォニーを奏で出す。
ぼくのことを
信じてくれないかな。


Sailing takes me away to where I've always heard it could be
Just a dream and the wind to carry me
And soon I will be free

セイリングはぼくのことを
そこへ行けばきっとその通りになると
いつも聞かされていた場所へ
いざなってくれる。
たったひとつの夢と
ぼくのことを運ぶ風
それだけでぼくはすぐに
自由な存在になれる。


Well it's not far back to sanity,
at least it's not for me
And if the wind is right you can sail away and find serenity
Oh, the canvas can do miracles, just you wait and see.
Believe me.

醒めた世界に戻るなら
それほど遠いところにいるわけじゃない
少なくともぼくにとっては遠くない。
そして風さえ正しければ
きみは舟出して
明るく落ち着いた気持ちに
めぐり会うことができる。
ああそのキャンバスには
奇跡を起こす力があるんだ。
ただ待って
見ているといい。
ぼくのことを信じてごらん。


Sailing takes me away to where I've always heard it could be
Just a dream and the wind to carry me
And soon I will be free

セイリングはぼくのことを
そこへ行けばきっとその通りになると
いつも聞かされていた場所へ
いざなってくれる。
たったひとつの夢と
ぼくのことを運ぶ風
それだけでぼくはすぐに
自由な存在になれる。

  • canvasには「帆布」「画布」の他に「ものごとの舞台となる場所」という意味もあり、場合によっては「この世界の全体」とも解釈しうる言葉。ここでイメージされているのは明らかに「ヨットの帆」のことだと思われるが。
  • sailingは「舟出」「帆走」「航海」と様々に訳しうるが、一般的には「ヨットを走らせること」を「セーリング」と言う。
  • never-never landでアメリカ英語では「おとぎ話の国」という意味になるとのこと。イメージの出典元は「ピーターパン」の物語の舞台とされている「ネバーランド」であろう。
  • 〇〇 get the best of XX: 「〇〇がXXを打ち負かす」という意味の慣用句。


=楽曲データ=
Released: 1979.12.
Key: A